トップ > リゾート > インドネシア > バリ特派員 > シニア向けの医療サービスがスタート/カシイブ総合病院

インドネシアインドネシア/バリ特派員ブログ

シニア向けの医療サービスがスタート/カシイブ総合病院

カテゴリー:お知らせ / イベント・行事・お祭り / 生活・習慣・マナー / 美容・健康・病院 投稿日:2019年5月 9日

バリ島に滞在するシニアの方の第一の心配は健康、そして医療の問題でしょう。
デンパサールに本院がある、カシイブ総合病院のサバ分院にて、5月3日(金)に
バリ島のシニア向け医療サービスの未来図と題して、セミナーが行われました。
会場は病院のスタッフが心を込めて折った折り鶴が飾ります。
鶴は長寿の象徴でもあります。セミナーに参加したゲストには入り口で鶴のレイが
かけられました。
190509-2.jpg

バリ島のイベントのオープニングには欠かせない、タリ スカール ジャガットと
呼ばれるバリ島舞踊が披露されます。踊り子さんはなんとサバ分院の看護士さん
なのだとか。芸達者、美人さん揃いでびっくりです。
190509-3.jpg

セミナーのテーマである、シニア向けの医療サービスについて、カシイブ総合病院の
医師からの説明、そして本日のスペシャルゲストである日本からいらした
ゆみのハートクリニックの最高責任者、そして心臓専門医の弓野医師のプレゼンテーション。
とてもわかりやすく、ためになるお話でした。
190509-4.jpg

セミナーの後は、日本人オーナーが経営するスミニャックのカフェムーンライトの
昭和の喫茶店がテーマという日本料理をいただきます。
各テーブル席を弓野医師が周り、歓談の機会もありました。
190509-5.jpg

カシイブ総合病院の最高理事であるスワンド夫妻との握手。
日本との業務提携を結び、バリ島に関係する日本人の健康とサポートを
進めて行く決意をお互いに確認したようです。
190509-6.jpg

当日のセミナーの様子は「じゃかるた新聞」にて掲載をされました。
一部、記事を切り取って紹介をいたします。
じゃかるた新聞
https://www.jakartashimbun.com/
190509-1.jpg

安心して暮らせる、住みやすいバリ島の環境づくりが一歩前進したようです。
カシイブ総合病院
http://japan.kih.co.id/

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

プトゥ・ヒロミ

インドネシア・バリ特派員のプトゥ・ヒロミが現地からリゾート地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

インドネシアインドネシア/バリ特派員
名前:プトゥ・ヒロミ

プトゥ・ヒロミ

1995年よりバリ島が大好きで通い続け、1999年にバリ人のスカスカ氏と出会って結婚と同時に移住。ホームページやソーシャルメディアを通じて、バリ島の良さや素晴らしさを知ってもらいたいと現地から情報発信を続けている。バリ人の生活から宗教観、観光地、レストラン情報など、バリ島旅行に役立つ記事をほぼ毎日更新している。 DISQUS ID @disqus_kKx5FDfGYo

バリ特派員トップにもどる

その他のインドネシアの特派員

デンパサール(バリ島)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

バリ特派員トップにもどる

トップ > リゾート > インドネシア > バリ特派員 > シニア向けの医療サービスがスタート/カシイブ総合病院

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について