トップ > アジア > ミャンマー > バガン特派員 > ★速報★バガン遺跡が世界遺産に登録!

ミャンマーミャンマー/バガン特派員ブログ

★速報★バガン遺跡が世界遺産に登録!

カテゴリー:お知らせ / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2019年7月 6日


現在アゼルバイジャンで行われているユネスコの世界遺産委員会で、本日バガン遺跡が世界文化遺産に登録されることが決定しました。


DSCN0854.JPG


1995年に登録を目指して1997年「情報照会」と決議されてから、実に24年越しの登録を果たしたことになります。
周辺地域と異なり、年間を通して雨量が少なく朝日と夕日の名所となっていることからも、今後観光客が増加するのは確実視されています。


BAGAN.jpg


ただ今回条件付けされたとみられる、オールドバガンの高級ホテルの移転や、地元住民の生活権の保護など問題は山積みで、最近では珍しい後発登録された"本命の世界遺産"として、過去の観光地化による反省を踏まえ、どれだけその弊害を食い止め、観光だけでなく、宗教的・文化的価値を保っていけるかが問われていくと思います。


日本のJICAは3年間のバガン観光開発プロジェクトで、トップダウンという手法によりパイロットモデルを上から指導しようとしましたが、地元の猛反発でまったく効果をあげることができませんでした。ですが、仮にもしJICAが調査報告でも使っている"裨益"という言葉通りに、地元住民の目線で、話し合いを持ちプロジェクトを進行させていっていたら、私は間違いなくうまくいったであろうと思っています。


現在まで連綿と受け継がれてきた信仰の対象であるという世界的にも稀有な存在であるバガン遺跡が、今後どのような価値をもっていくのかは、まさに私たち次第なのではないでしょうか。


アノーヤター王がバガンに王都を築いてから1000年近くが経ちますが、田舎の農村であったバガンをマンダレーやインワ、バゴー、ヤンゴン、ネピドーと、時の権力者がこぞって寄進、修復を行ってきました。


それは、宗教的価値と同時に、権力者たちが、「バガンを修復すれば、わが国の繁栄が約束される」と信じてきたからです。そのためにバガンは千年にわたって特に主要なパゴダ・寺院はきれいな状態が続いているのです。


今回世界遺産になったことで、バガン王朝から1000年後に大切な聖地をわれわれが滅ぼしたと後世言われないよう、本当の意味でバガンの価値が損なわれないよう、引き続き守っていかなければならないと思うのです。


DSCN0662.JPG


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

SARA HASHIMOTO

ミャンマー・バガン特派員のSARA HASHIMOTOが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ミャンマーミャンマー/バガン特派員
名前:SARA HASHIMOTO

SARA HASHIMOTO

ミャンマーのツアーオペレーター。世界遺産候補地バガンで旅行会社サラトラベルを経営し、外国人の観光業者として唯ひとり同地に住民登録し在住している。バガン・ニャウンウー空港にて日本人のための観光案内ボランティアを行っています。ミャンマーの魅力を皆さんにお伝えするため現地から生の情報を発信しています。最新のバガン情報はSara Travels & Tours FBページで発信中。ご連絡はこちらまで。

バガン特派員トップにもどる

その他のミャンマーの特派員

バガンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

バガン特派員トップにもどる

トップ > アジア > ミャンマー > バガン特派員 > ★速報★バガン遺跡が世界遺産に登録!

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について