トップ > アジア > ミャンマー > バガン特派員 > バガン遺跡の登楼禁止について(2019年4月現在)

ミャンマーミャンマー/バガン特派員ブログ

バガン遺跡の登楼禁止について(2019年4月現在)

カテゴリー:生活・習慣・マナー 投稿日:2019年4月 7日

※本情報は2019年4月現在のものです。最新の情報をご確認ください。


ミャンマー文化省考古学局は、バガン遺跡(考古学保護地域)にあるすべての仏教建築物への登楼を禁止しています。
最近欧米人のバックパッカーを中心に、画像にあるように登れそうなパゴダに"よじ登って"、朝日夕日を鑑賞する人がいますが、明確に禁じられています。


DSC04788.JPG


観光に従事する者としてこのようなことを注意喚起することは心苦しい点ですが、ブロガーさんの情報などでも「よじ登れば見られる」というものがあったために書かせて頂くことにいたしました。
今後どうなるか分かりませんが、厳格に取り締まることも考えられますし、バガンの現地の人々は苦々しく見ていますのでやめて頂けたらと思います。
どうぞ宜しくお願いいたします。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

SARA HASHIMOTO

ミャンマー・バガン特派員のSARA HASHIMOTOが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ミャンマーミャンマー/バガン特派員
名前:SARA HASHIMOTO

SARA HASHIMOTO

ミャンマーのツアーオペレーター。世界遺産候補地バガンで旅行会社サラトラベルを経営し、外国人の観光業者として唯ひとり同地に住民登録し在住している。バガン・ニャウンウー空港にて日本人のための観光案内ボランティアを行っています。ミャンマーの魅力を皆さんにお伝えするため現地から生の情報を発信しています。最新のバガン情報はSara Travels & Tours FBページで発信中。ご連絡はこちらまで。

バガン特派員トップにもどる

その他のミャンマーの特派員

バガンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

バガン特派員トップにもどる

トップ > アジア > ミャンマー > バガン特派員 > バガン遺跡の登楼禁止について(2019年4月現在)

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について