× 閉じる

トップ > アジア > カザフスタン > アスタナ特派員 > 肉を調達するのには ここが良いですアレムバザール

カザフスタンカザフスタン/アスタナ特派員ブログ

肉を調達するのには ここが良いですアレムバザール

カテゴリー:生活・習慣・マナー / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2018年4月15日

旅行者にとって、殆ど必要のない物のひとつに生肉がありますが、今日は敢えて生肉を見に行こうと思います。
勿論スーパーでも購入出来ますが、敢えてここではバザールをチョイス。
というのは、市井を覗いてみる事も旅行の楽しみと考えるからです。
とまあ、ゴタクを並べながらやって来たのは街の北側、黄色が目印のアレムバザールです。
45-01.jpg


このバザールは2階建ての大きな倉庫の様な作りです。
一階には広々と、生肉売り場が広がっています。それに野菜売り場や雑貨屋、魚の薫製品などが並びます。
肉売り場は各食肉ごとに広間が区切られいます。
馬肉と牛肉が一番の広さを占め、序で豚肉、小さな鶏肉や魚と並んでいます。
ここは全て撮影をすると怒られますが、お店の人と仲良くなって上で、ちゃんとお願いすれば大丈夫です。
鶏肉おばさん鮮度が◎
45-02.jpg


肉の値段は馬肉>牛肉>豚肉>鶏肉です。
(部位によって違いはありますが)馬肉がkgあたり4,000テンゲ(約1,300円)、牛肉が2,500テンゲ(約800円)、牛タンは3,500テンゲ(約1,200円)、豚肉は2,000テンゲ(約700円)、鶏肉は900テンゲ(約300円)といった感じでしょうか。
何れにしても日本に比べて相当に安いです。
45-03.jpg


豚肉売り場。
写真撮っても良い?と聞いたらいいよ!とは豚ではなく店の人。
買い方は基本的に、販売台に並んだ切り身を見て交渉が始まります。
あんまり大きいと切ってもらったり(拒否される事もある)値下げ交渉をします。
多くの海外と同様、ここでも当たり前ですがスライスの販売はなく全て塊肉です。
しかも切り分け方が日本とは少し違う様で、見極めが大変です。
(欲しい人はご連絡戴ければ、ロシア語表記の肉切り分け表をpdfでお渡しします)
味見をお願いすると、ナイフで切り分けた脂肪の木っ端をライターで炙って、食べさせてくれたりします。
私はやった事はありませんが、現地の人達はこれで鮮度を測るのでしょうか。
45-04.jpg


オシャなフォントの鶏卵売り場。
看板にはカザフ語とロシア語で『一番廉価な卵』と描いてあります。
卵は一個から買えますが、皆50個くらいまとめて買っていきます。
45-05.jpg


挽肉コーナー。
買った肉を挽肉にしてくれるサービスです。
料金はkgあたり30テンゲ(約10円)。
ムスリム国家という事で、豚肉とそれ以外の窓口は違うので注意が必要です。
45-06.jpg
45-07.jpg


さて帰ろうと外に出ると、トラックに運ばれて肉が運ばれて来ています。
枝肉直積みがこの街のスタイルです。
45-08.jpg


【ТД Алем】(タルゴビードーム・アレム)
住所:Bogenbay Batyr Ave 62, Astana 010000
営業時間:8:00ー22:00

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

秋桜 百合枝

カザフスタン・アスタナ特派員の秋桜 百合枝が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

カザフスタンカザフスタン/アスタナ特派員
名前:秋桜 百合枝

秋桜 百合枝

アスタナに住んで半年。写真や映像制作のかたわら、街の中を行ったり来たり。 行く先々の情報を、特派員ブログで紹介します。 1997年に遷都した、まだまだ新しいこの街の魅力を、一緒に探しに行きましょう。 DISQUS ID @disqus_gJj7dbPUsA

アスタナ特派員トップにもどる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

アスタナ特派員トップにもどる

トップ > アジア > カザフスタン > アスタナ特派員 > 肉を調達するのには ここが良いですアレムバザール