トップ > アジア > カザフスタン > アスタナ特派員 > ワインセラーで品定め オシャな料理で乾杯を

カザフスタンカザフスタン/アスタナ特派員ブログ

ワインセラーで品定め オシャな料理で乾杯を

カテゴリー:レストラン・料理・食材 / 夜遊び・クラブ・お酒 投稿日:2017年7月11日

カザフスタンといえばムスリム国家。
ムスリム国家といえば禁酒、ラマダン、そして豚肉を食べられない。
そんなイメージで考えがちなこの国ですが、街を見渡すと必ずしもそうではない様です。
冷静に考えれば『100を超える民族を有する』と唄うこの国だけあって、多様なスタイルが存在します。
と、前置きはこの位にして、今日はレストランに行きましょう。
イシム川の北側、ケネサルィ通り(Kenesary Street)沿い、ツム前にその店は有ります。
05-1.jpg



PROVINO Wine & Storeの屋号からしてワインが売りであろうレストラン。
店員さんに促されて着席すると、英語メニューが出されます。英語圏の客も多いのでしょうか。
ここはロシア語メニューも依頼します。
メニューの中心にタパスがあるので、そこからいくつか頼むのが正解でしょうか。
オリーブの盛合せ、エスカルゴ、ムール貝のワイン蒸し、ブルスケッタ。字面だけで食欲が湧きます。
05-2.jpg



熟考の末、決定して料理の注文です。その段になってドリンクメニューがない事に気付き
、店員さんに尋ねると「壁のメニュー」か「向こうへ」との回答です。
なるほどここで初めて合点がいきます。
壁一面のお酒はオブジェではなく売り物で、更に店の奥にはワインセラーもあります。
05-3.jpg



ワインセラーには世界中のワインがあり、またソムリエが好みに応じて的確にアドバイスを与えてくれます。
日本ではあまり手に入らないカザフの『アルバワイン』も勿論揃っています。
05-4.jpg



赤ワインはデキャンテヘ、白はそのままワインクーラーへ。
ワインを置く店では当たり前かも知れませんが、ここカザフにあっては非常に丁寧です。
05-5.jpg



そうこうしていると、料理が運ばれてきます。
イベリコのハモンセラーノ切り落とし。
定番とはいえ、申し分なくワインに合います。
05-6.jpg



エスガルゴのブルゴーニュ風。
カタツムリにバター、大蒜、パセリを合わせたオーブン焼き。
トーストされたパンの一切れずつが、これ又食が進みます。
05-7.jpg



鮭のブルスケッタ。
ロシアから輸入されるのか、多くのレストランでサーモンを食べることが出来ます。
想像以上の美味。
05-8.jpg



この後更に、リゾット、デザートと進むのですが、お酒が回りシャッターが切れなくなったのでこの位で。
みなさんも、アスタナで美味しいワインを飲みたくなったら是非こちらへ。
05-9.jpg


【PROVINO Wine & Store】
住所: Kenesary Street 30, Astana
営業時間: 10:00~24:00

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

秋桜 百合枝

カザフスタン・アスタナ特派員の秋桜 百合枝が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

カザフスタンカザフスタン/アスタナ特派員
名前:秋桜 百合枝

秋桜 百合枝

アスタナに住んで半年。写真や映像制作のかたわら、街の中を行ったり来たり。 行く先々の情報を、特派員ブログで紹介します。 1997年に遷都した、まだまだ新しいこの街の魅力を、一緒に探しに行きましょう。 DISQUS ID @disqus_gJj7dbPUsA

アスタナ特派員トップにもどる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

アスタナ特派員トップにもどる

トップ > アジア > カザフスタン > アスタナ特派員 > ワインセラーで品定め オシャな料理で乾杯を

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について