トップ > アジア > カザフスタン > アスタナ特派員 > 旧ソ連のバスルームで体験できる ちょっと不思議な健康法☆

カザフスタンカザフスタン/アスタナ特派員ブログ

旧ソ連のバスルームで体験できる ちょっと不思議な健康法☆

カテゴリー:お題 / 美容・健康・病院 投稿日:2014年3月24日

カザフは長い間ソ連の統治下にあったため、色々なところにロシアの文化が見られます。
 
例えば言葉はカザフ語とともにロシア語も公用語だったり、ボルシチやシャシリクなど
ロシア料理が食卓に並んだり。クリスマスツリーに似たヨールカもその内の一つですね。

20140324A.jpg

 
そんなカザフスタンの首都アスタナでバスルームと聞いてまず思い浮かぶのが、バーニ
ャ(Баня)と呼ばれるサウナです。これを裏庭にそなえる家庭もめずらしくありません。
 
バーニャとはロシアの伝統的な蒸し風呂のことで、寒い冬の季節には特に重宝されます。
 

20140324B.jpg

 
そこで今回アスタナ特派員が潜入したのは、アスタナ随一と言われるおおきなバーニャ
施設「バーニャ・ケレメット」(Баня Керемет)。前に紹介したメガのおとなりです。
 

20140324C.jpg

 
駐車場にはいつもたくさんの車。週末はおおくの市民でにぎわう人気なバーニャで、入
るとこんな感じの開放的なホールがお出迎え。右側が女性用、左側が男性用となります。
 

20140324D.jpg

 
冬は左手クロークでコートを預け、右奧にある料金所(KACCA)で入場料を支払いまし
ょう。料金は3時間につき1200~1500テンゲ。日本円で700~900円程度でしょうか。
 

20140324E.jpg

 
さて、ここで少しバーニャの説明を。日本のサウナとは楽しみ方がだいぶことなります。
 
日本のサウナは、湿度が10~15%と低く乾燥しているのが特徴ですが、ここでは絶えず
蒸気を発生させるので、湿度80%以上という湿った空気の中で発汗浴を楽しむのが特徴。
 
バーニャでは樫の小枝を重ねたヴェーニクを使って体中を叩きます。体が真っ赤になる
まで友達と叩き合って血行を促進させた後、ザバーっと冷水を頭から浴びるのが上級者。
 

20140324G.jpg

 
また、サウナでは皆さんフェルト素材の帽子を被ります。帽子はサウナの熱さから頭を
守るためのもので、バスタオルにフェルト帽を被るというシュールな姿で行き来します。
 
あとサンダルを忘れずに。バスタオルは借りられるけど自分で持ってきた方がいいかも。
 

20140324H.jpg

 
ケレメットにはロシア式のほかフィンランド式、プール、レストラン、ビリヤードなど
があります。ちなみに日本の友だちは、文庫本を手に毎週通っているほどのハマリぶり。
 
内部の写真は公開できませんが、中々体験できないバーニャ。ぜひ一度はお試しあれ☆

20140324I.jpg

 
【Баня Керемет】
Address: Astana, 19 Turan Avenue
Phone: 8 (7172) 79 18 00
Hours: 10:00~22:00(Mon~Fri), 9:00~22:00(Sat), 8:00~22:00(Sun)
Website: http://virtualtour.kz/ru/Astana/39#panorama_39

 
(3月お題"バスルーム&洗面台")

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

新宮 亜佑

カザフスタン・旧アスタナ特派員の新宮 亜佑が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

カザフスタンカザフスタン/旧アスタナ特派員
名前:新宮 亜佑

新宮 亜佑

旦那の異動にともないカザフスタンの首都アスタナでの生活がスタート。故黒川紀章のマスタープランの下、豊富な天然資源により目覚ましいスピードで近代化が進む都市で生活できる3年間、多くの日本人にとってまだまだ未知なる部分が多いと思われるシルクロードカントリーの魅力をお届けできたらと思います。

アスタナ特派員トップにもどる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

アスタナ特派員トップにもどる

トップ > アジア > カザフスタン > アスタナ特派員 > 旧ソ連のバスルームで体験できる ちょっと不思議な健康法☆

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について