トップ > ヨーロッパ > スイス > アッペンツェル特派員 > スイスのマスク事情、特に in アッペンツェル

スイススイス/アッペンツェル特派員ブログ

スイスのマスク事情、特に in アッペンツェル

カテゴリー:治安・渡航安全情報 / 生活・習慣・マナー 投稿日:2020年7月20日

これまでは、WHOを始め、スイス連邦政府も「マスクの効果が定かではないし、危険性も否定できないので、着用することはない」という姿勢でした。


私の周りのスイス人たちは口を揃えて「マスクなんて気持ち悪い」「マスクなんて効果もないし、あんなのをつけるのは頭がおかしいからだ」と苦虫を噛むような表情で訴えていたので、6月末までは街でも電車やバスの中でもレストランでも、マスクをしている人を1時間に2-3人見たらすごい、という印象だったのですが・・・


7月6日の月曜日から「公共交通機関ではマスク着用が義務」になり、私はワクワクしていました。


・マスクを買う時間は十分にあったが、果たして人々は買ったのだろうか?


・義務を受け入れる人が何%くらいいるのだろうか?


私は、4月からマスクをコットンで手縫いしていたし、日本から送ってもらっていた使い捨てマスクがたくさんあるし、バッグに「念のため」しのばせて電車に乗りました。


すると!


1車両に10人ほど乗客がいたのですが、3両ほど見渡す限り「全員もれなく」マスクをしているではありませんか!


最寄駅から大きな駅へ行くまでの電車では、一瞬の印象ではマスク着用率100%。


大きな駅から隣の大きな駅へ行くまでの電車も、そこから職場へ行くバスもしかり・・・100%がマスクをつけているのです!


水色の使い捨てマスクもいれば、真っ黒の購入品、手縫いを思わせる個性がでる色と模様のコットンマスクなどバラエティーも豊富です。


ああ、スイス人は「義務と言われたら真面目にそれを受け入れて実行するのだな」と思い、なんだか嬉しくなりました。


ほとんどの人が、電車やバスを降りた瞬間に外していますし、顎にかけてはいますが、この着用率の高さには本当に驚くばかり。


一説によると、感染者と非感染者の両方がマスクをせず話した場合のリスクは90%ですが、両者がマスクをして話した場合のリスクは1.5%になり、さらに2mほどの距離を置くと0%になるとか。


この説の真偽はともかく、リスクをどのくらい減らせるかで第二波が来るか来ないかが変わって来ると思います。


消毒用アルコールでの手の消毒や石鹸を使っての手洗いと並行して、コロナ第二波を食い止めたいものです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

たなかよりこ(Yoriko Hess)

スイス・アッペンツェル特派員のたなかよりこ(Yoriko Hess)が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

スイススイス/アッペンツェル特派員
名前:たなかよりこ(Yoriko Hess)

たなかよりこ(Yoriko Hess)

DISQUS ID @disqus_VCwksTZpYx

アッペンツェル特派員トップにもどる

その他のスイスの特派員

アッペンツェルを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

アッペンツェル特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > スイス > アッペンツェル特派員 > スイスのマスク事情、特に in アッペンツェル

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について