トップ > ヨーロッパ > スイス > アッペンツェル特派員 > ロックダウン緩和、その後 in アッペンツェル

スイススイス/アッペンツェル特派員ブログ

ロックダウン緩和、その後 in アッペンツェル

カテゴリー:治安・渡航安全情報 / 生活・習慣・マナー 投稿日:2020年7月15日

長く厳しい冬が去り、スイスに住む多くの人々が心待ちにしていた夏がやってきました。


青い空、きらめく湖畔、そして花々が美しく咲く山・・・人々が山登りや散歩に出かけたくなるタイミング。


そして、グリルの季節でもあるので、人々は火を囲んで交友を温めます。


スイス連邦政府は、今後の方針として


・人と人との間は1.5mを開ける


・距離が取れない場合はマスクを着用する


・公共交通機関ではマスク着用を義務とする


とアナウンスしました。


州によってルールが違うスイスですが、ここアッペンツェルでは1000人を超えるイベントは禁止なものの、ほとんど「規制」を感じない日々になっています。


店内の人数制限にもあったことがありませんし、コロナ前の景色となんら変わりはありません(マスク除く)。


でも、アッペンツェル・インナーローデン準州もアッペンツェル・アウサーローデン準州も、コロナウイルス感染者数は少ない方だと言えましょう。


例えば、10万人あたりの感染者数が多い州として


ジュネーブ=1000人以上


ティチーノ=900人以上


ヴォー=700人以上


などが挙げられます。


スイスの大都市はというと、


チューリッヒ=250人前後


ベルン=200人前後


という数。


アッペンツェルの2準州は


インナーローデン=120人前後


アウサーローデン=170人前後


と、少ない方ですね。


一番少ないのはシャフハウゼンで、110人ほど。


私の印象はというと、「コロナウイルスなんてインフルエンザと同じ」という認識で、挨拶のキスや握手は復活し、距離も1.5mあけることなく行動するし、旅行は定期的にしている人々と、「未知だから用心する」という認識で、ごく親しい家族以外とはキスや握手はせず、距離も置いて、州を大きくまたぐ移動は避ける人々、とったところで、どちらかというと前者が多い気がします。


とは言え、私が活動する範囲での話なので、もちろん平均値をとったわけでもなく、あくまで印象ではありますが・・・


これから国境があいたり、飛行機が飛んだりすると、夏の休暇に外国に行く人も増えてきます。


第二波が来るとしたら、この休暇などが終わる8月中旬以降に兆候が見られるのでは・・・


日々ルールが変わるので、「外国から帰ってきたら10日間の自宅待機」などもありますし、その「外国」のリストに出発前は入っていなかったのに、帰国するときは入っている、となると、10日間は学校や仕事に行けないことになるので、慎重にはならざるを得ないのが現状。


さて、スイスの夏はどうなるのでしょうか?

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

たなかよりこ(Yoriko Hess)

スイス・アッペンツェル特派員のたなかよりこ(Yoriko Hess)が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

スイススイス/アッペンツェル特派員
名前:たなかよりこ(Yoriko Hess)

たなかよりこ(Yoriko Hess)

DISQUS ID @disqus_VCwksTZpYx

アッペンツェル特派員トップにもどる

その他のスイスの特派員

アッペンツェルを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

アッペンツェル特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > スイス > アッペンツェル特派員 > ロックダウン緩和、その後 in アッペンツェル

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について