トップ > ヨーロッパ > スイス > アッペンツェル特派員 > まさかの新型コロナ感染?!

スイススイス/アッペンツェル特派員ブログ

まさかの新型コロナ感染?!

カテゴリー:生活・習慣・マナー / 美容・健康・病院 投稿日:2020年6月20日

1日あたりの新型コロナウイルス感染者も、それによる死者も日々減ってきていて、スイス全国での感染者が20人前後という結果が当たり前のようになっています。


あああ......コロナは去ったのだろうか......とホッとしたのも束の間、私自身が新型コロナに感染したかもしれない?!という事態になってしまいました。

ことの発端は寒さ。


最高気温が28度ほどになってアイスクリームや冷えたビールがおいしかったのに、急に肌寒くなり、ダウンジャケットが欠かせなくなっていました。


最高気温が12度前後の日には、セントラルヒーティングがないわが家では薪をくべて暖炉で火を焚きました。


それに加えてオーバーワーク。


そしてある朝、頭痛と喉の痛みを覚えたのです。


私は風邪を引いても関節が痛くなったり咳が出たりするだけで、頭痛はほぼ経験ないし、喉の痛みもあまりありません。


だから、ホルモンの調子が悪いのだろう、と判断して仕事をしていたら、初めて調子が悪くなってから3日目の夜中、今までにない咳が出ました。


喘息とも違う、乾いた咳がずっと続いて、咳スプレーを吸入しても一向に効きません。


そして次の朝、職場に行ったのですが「今日は働けない、集中力もないし、力もまったく出ない」という状態になりました。


朝、上司に健康状態を説明したら、ただちに帰宅しなさい、病院には行かなくてもいい、とにかく元気になれ、それまでは働かなくていい、とのこと。


帰宅してソファに横になっていたら、調子がどんどん悪くなりました。


頭は割れるように痛い、咳は出る、汗はかくし(でも熱は高くない)、とにかくだるい。


笑ってしまうくらいのくしゃみの連発!


翌日、ホームドクターに電話をし、受付の女性に「頭が痛いのと喉が痛いので、診ていただきたい」と言ったら、彼女はお医者さんに聞きに行ってから、こう言いました。「11時半に来てください。でも、入って来てはいけません。ドアの外でチャイムを鳴らして待っていてください」。


その日は雨、しかも寒い......その診療所の入口には屋根がありません。


私が震えながら外で予約時間になるのを待っていたら、時間前に全身完全装備のホームドクターがまろび出てきました。


帽子、シュノーケルレベルのゴーグル、青い大きなマスク、首から足首までカバーしているマントのような防護服、手袋......見える肌は耳くらい。


「どこにも触らず、静かに通ってください、どこにも触らず、静かにここに座っててください。座るだけです」と半パニックになったホームドクターは言い放ち、どこかへ消えました。


数十秒後、急いで戻って来て、長い綿棒のようなものを私の両鼻の奥にさしてグリグリグリグリ。


「ああ、これが噂の!」


と余韻に浸る暇もなく、今度は左腕から注射針を刺され採血。


ホームドクターは「最長2日間かかりますが、これでコロナかどうかわかります」と。


続けて「診断書を書くから。ほかに必要な薬はないね、じゃ、帰ってください。どこも触らず! 結果が出るまでは誰とも接触しないように」と言って入口まで誘導し、さようならをしました。


所要時間、わずか5分ほど。


結局、陰性だったので問題はなかったわけですが......


社会の一面というか、何かの負の部分を見たような気持ちになりました。


これで陽性だったらおおごとになっていたので、現状に感謝しつつ、「一寸先は闇」という言葉が脳裏を駆け巡る......


あれだけ気をつけていたのに、あれだけ仕事を休まないようにしていたのに、こんなことって......と思いながらも、今後の改善点を浮き彫りにしてくれた出来事から学び、元気にいきたいと思います。


今日は写真がありません......


追記:これはアッペンツェル地方の、しかも私が住んでいる地域の、しかもこのタイミングでの診察になります。スイス全体を表すものでもなければ、誰にでも適用される状態ではありません。あくまでも私個人がした体験を書きましたのでご了承ください。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

ヘス順子

スイス・アッペンツェル特派員のヘス順子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

スイススイス/アッペンツェル特派員
名前:ヘス順子

ヘス順子

DISQUS ID @disqus_VCwksTZpYx

アッペンツェル特派員トップにもどる

その他のスイスの特派員

アッペンツェルを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

アッペンツェル特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > スイス > アッペンツェル特派員 > まさかの新型コロナ感染?!

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について