トップ > ヨーロッパ > スイス > アッペンツェル特派員 > スイスのロックダウン解除 アッペンツェルの6月、国境が開きました

スイススイス/アッペンツェル特派員ブログ

スイスのロックダウン解除 アッペンツェルの6月、国境が開きました

カテゴリー:お知らせ / 治安・渡航安全情報 / 生活・習慣・マナー 投稿日:2020年6月18日

2020年6月15日からはドイツ、フランス、オーストリアなどEU/EFTA加盟国とイギリスの国境も開き、いよいよ通常モードになってきています。


6月19日には、これまでの「非常事態」から「特別事態」に引き下げられるので、緊急性が低くなっていく過程にいる、と実感できることがうれしくてしかたありません。

日本からスイスへの郵便も復活したし、空の便も少しずつ増えてくるし、感謝しきり。


日本から急いで送ってもらうものはないけれど、「郵便がストップしている」という事実は重く私たちの胸にのしかかっていました。


スイスから日本へ緊急物資(手作りマスクなど)を送ろうにも送れなかったのが、ようやく送れるようになり、今度は日本からスイスへの郵便も再開したとなると「遮断されている」というような感覚が薄れていきます。


もちろん、飛行機で日本に飛ぼうものなら、2週間の隔離生活が余儀なくされているので、まだまだ心の奥では緊張感が漂っているのも事実。


日本の家族、友人たちの無事を祈るしかないのももどかしいけれど、新型コロナが落ち着くのを健康な状態で待つしかないですね。


6月22日からは1000人を超えるイベントの開催は別として、ほとんどの制約がなくなります。


第二波が来る、という噂(説?)もあるし、引き続き気をつけながら生活していく必要はあるけれど、制約のない生活がいかにありがたいかを痛感し、前よりもおおらかに生きていけそうです。


さて、スイスより物価の安い隣国に買い物へ行くことは、スイス在住の人々にとって珍しいことではありません。


アッペンツェルからなら、オーストリアやドイツに買い物に行けば、スイスにないもの、あるいはスイスにあるものでも半額近くで買えるので、定期的に買い出しに行くのです。


が、私の体験した範囲の話なので、統計を取って見たら結果は違うかもしれませんが......私の周りのアッペンツェルに住むスイス人から「ドイツ(あるいはオーストリア)に買い物に行く」と聞いたことがないんです。


私が同僚たち合計15人ほどに「いよいよ国境が開くねー! ドイツに買い物に行けるのがうれしい!」といったら「へ? なんでドイツに買い物に行くの? 近くのスーパーや市場で足りるじゃない」と、みんな決まって同じ返事をしたのです。


隣国に行くのはあくまで小旅行のひとつで、そのなかで買い物をしたり、レストランで食事したりを楽しむそう。


この意識については、これからも注目していきたいところです。


さて、いい写真がなかったので、自作のショートケーキを。


IMG_5338.JPG


スイスにはショートケーキなるものはないので、ふわふわのスポンジケーキを焼いて、生クリームにバニラと砂糖を入れて(スイスの生クリームはほとんどお砂糖なし)作ってみました。


IMG_5366.jpg


コンビニで「まるごとバ○ナ」とかシュークリームが買える生活が本当に羨ましいです(涙)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

ヘス順子

スイス・アッペンツェル特派員のヘス順子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

スイススイス/アッペンツェル特派員
名前:ヘス順子

ヘス順子

DISQUS ID @disqus_VCwksTZpYx

アッペンツェル特派員トップにもどる

その他のスイスの特派員

アッペンツェルを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

アッペンツェル特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > スイス > アッペンツェル特派員 > スイスのロックダウン解除 アッペンツェルの6月、国境が開きました

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について