トップ > ヨーロッパ > スイス > アッペンツェル特派員 > スイスのロックダウン アッペンツェルの5月が終わりました

スイススイス/アッペンツェル特派員ブログ

スイスのロックダウン アッペンツェルの5月が終わりました

カテゴリー:お知らせ / 治安・渡航安全情報 / 生活・習慣・マナー / 自然・風景 投稿日:2020年5月31日

3月中旬から始まったロックダウンも、次々と解禁される範囲が広がってきて、まだまだ制約はあるものの、自由がかなり戻ってきました。


5月末からは、宗教サービス(教会などで集まること)の再開に加え、今まで5人までだったのが30人までの集まりならOKということに。

これからも人と人の間は2m開けることを推奨されてはいますが、バーベキューやパーティーなどでは実際のところ難しいし、それ以前でも間隔をあけているところは見かけなかったし、あとは個人の責任において行動しましょう、と私は捉えています。


もう1つ嬉しいのが、今までは祖父母が孫と会うことが禁じられていたのですが、それも解禁になったのです!


子供は祖父母を感染させるから、という理由で会えなかった祖父母と孫が一緒に食事をしたり、抱っこしたりできるようになりました。


賛否はともかく、高齢のおじいちゃんやおばあちゃんからよく聞いたのは、「いつ死ぬかわからないのに、生きがいにしている孫や友人との時間を奪われているのは本当に寂しい。どうせ死ぬなら、新型コロナにかかってもいいから、孫や友人に会いたい。自由に生きたい」というものでした。


もちろん、それを実行して新型コロナに感染し、医療現場を困惑させるという人はいませんでしたが、そういう気持ちになるのがよくわかって、私まで胸が痛い日々でした。


でも、子供が感染クラスターではないとスイス連邦政府が発表したことで、晴れて孫と会えるようになったおじいちゃんやおばあちゃんのなんと幸せそうなこと・・・!


新型コロナ騒ぎで、今までは当たり前だったものがそうではなくなり、自分にとって何が大切で、何が必要なかったのかが浮き彫りになったような気がします。


6月6日は、ロックダウンの第三段階に入ります。


これからも新型コロナを含めたウイルスに感染することなく、美しい自然と素晴らしい人間関係に感謝しながら生きていこうと思わされました。


これは、4年前にタネを蒔いたニゲラという花。


IMG_5378.jpg


毎年、ほったらかしにしてもどんどん生えてきて、今では庭中に広がっています。


IMG_5426.jpg


1年目は薄い青しかなかったのに、翌年から他の色の増え始め、今では濃い青、薄い紫、紫、薄いピンク、ピンク、白といったバリエーションになりました。


IMG_5516.jpg


こういう自然の強く美しい姿は本当に励みになります。


*状況が状況のため、人物が写り込む写真撮影はしませんでした。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

ヘス順子

スイス・アッペンツェル特派員のヘス順子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

スイススイス/アッペンツェル特派員
名前:ヘス順子

ヘス順子

DISQUS ID @disqus_VCwksTZpYx

アッペンツェル特派員トップにもどる

その他のスイスの特派員

アッペンツェルを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

アッペンツェル特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > スイス > アッペンツェル特派員 > スイスのロックダウン アッペンツェルの5月が終わりました

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について