トップ > ヨーロッパ > スイス > アッペンツェル特派員 > スイスのロックダウン

スイススイス/アッペンツェル特派員ブログ

スイスのロックダウン

カテゴリー:生活・習慣・マナー / 自然・風景 投稿日:2020年4月 2日

3月16日から始まったスイスのロックダウン(都市封鎖)。


今日は17日目ですが、これまでの生活は一変し、それに慣れてはいないものの、少しずつ順応していっているところ、という印象があります。

「生活に必要」だと政府に認められた食料品店、薬局、郵便局、ガソリンスタンド、パン屋さんなどは営業されていますが、その他のお店は一斉にクローズ。


スーパーでも、生鮮食料品のコーナーは空いていますが、同じフロアにある衣料品や園芸用品の部分はカーテンがかかって閉まっていたり、郵便局も小さな店舗はクローズしていたりして、以前の活気ある風景とは全く違うものになりました。


レストランはクローズしていて、テイクアウトができる店舗は店先だけで営業しています。


学校も休校になったので、賑やかだった生徒や学生たちの姿はなくなりました。


今後はオンライン授業に移行していくそうです。


事態が事態なので、店内や街の写真は撮りませんでしたが・・・。


スイス連邦政府は「外出禁止ではなく、国民のコミットメントが必要だから外出自粛を」という声明を出し、「自由があり」「自分で選択したい」性質を持つと言われるスイス人(と、スイスに暮らす人々)の多くは自宅にいることを選択し、街には100mにつき1人くらいしかいない状態です。


と言っても、私がいるのは大都市ではなく、小さな村とそこから電車で20分くらいの小さな街なので、チューリッヒやベルンは違うかもしれませんね。


在スイス日本国大使館からの情報によると、4月2日の時点で、


感染者数: 18267人(前日比+1128人)
死亡者数: 432人(前日比+54人)


だそうです。


今後、どう感染者数と死亡者数が抑えられるかが課題です。


それでも元気な庭の木々。


自然に感謝です。


IMG_4904.JPG
桃の花。
まだ外気が5度前後なので、まだまだ小さいです。


IMG_4905.JPG
紅葉。


IMG_4902.JPG
日本の梨です!
たしか、これは「二十世紀」で、写ってはいませんが右に植えたのが「幸水」。
なぜか「二十世紀」は去年花が咲いて、今年も蕾がついたのですが、「幸水」は去年も咲かず、今年も蕾がありません。


こうやって植物を観察しているだけで、自然の恵みや、自分の置かれた環境に感謝する気持ちが溢れてきます。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

ヘス順子

スイス・アッペンツェル特派員のヘス順子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

スイススイス/アッペンツェル特派員
名前:ヘス順子

ヘス順子

DISQUS ID @disqus_VCwksTZpYx

アッペンツェル特派員トップにもどる

その他のスイスの特派員

アッペンツェルを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

アッペンツェル特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > スイス > アッペンツェル特派員 > スイスのロックダウン

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について