トップ > ヨーロッパ > スイス > アッペンツェル特派員 > スイスの国民的ソーセージ「セルベラ」の切り方と焼き方

スイススイス/アッペンツェル特派員ブログ

スイスの国民的ソーセージ「セルベラ」の切り方と焼き方

カテゴリー:レストラン・料理・食材 / 生活・習慣・マナー 投稿日:2019年7月31日

スイスの国民的ソーセージとして国からも認定されている「セルベラ」(Cervela)。


地域や国によって原材料が違うとも言われていますが、大体は、牛肉、豚肉、ベーコンからできていて、2本1組で販売されています。


お値段は、2本で3フランから6フラン(約350円から650円)。


スイス人の大好物で、年間約1億6000万個のセルベラが生産され、一人当たり年間25個も食べているという統計が出ています。

IMG_2892.JPG


我が家では、夫とざっと計算したところ最低15本を自宅で、最低3本を外で(レストランやグリル)で消費しています。おおお・・・


生で食べるときは薄皮を剥いてスライスし、これまたスライスしたチーズとピクルス、マヨネーズと混ぜていただく「ヴルスト・ケーゼ・サラート(Wurst Käse Salat、ソーセージとチーズのサラダ)が大人気。


夏は、庭でグリル(日本でいうBBQ)をするときの主役はこのセルベラで、硬くて小さい丸いパン、ビュルリブロート(Bürli Brot)と一緒にいただくのが定番です。


さて、グリルするときに必須なのは、セルベラに少し切り込みを入れること。


日本ではタコさんウインナがお馴染みですが、切り込みを入れることで破裂を防ぎ、火が通り、見た目も可愛くなります。


スイスでは、セルベラのハジに2回切り込みを入れ、4本の足を作るのが人気だそう。


IMG_2894.JPG


スイス大好き!スイス人であることが誇り!の夫は、ハジに9つの切り込みを入れるのだ、と自慢しています。


こんな感じ。


IMG_2893.JPG


そして、表面には、「ごくごく浅く」斜めに2方向切り込みを入れます。


IMG_2896.JPG


夫が横から「深すぎる!」とうるさいです。


さて、庭に設置した簡易グリルで早速焼き始めます。


ビールを飲んで、庭の掃除なんかをしていたら、うっかり焦がしてしまいました・・・


IMG_2898.JPG


まったくもって、いい見本とは程遠い写真になりましたが、楽しい夏は細かいことは気にしない、ということで(笑)


これに、つぶつぶマスタードをつけていただきます。


スイス国内のレストランや屋台、小さな出店など、いたるところで見かけるメニューなので、スイスにお越しの際はぜひお味見いただけたらと思います。


日本にはあるのでしょうか?


アメリカに住む義兄ファミリーは「スイスのチーズとセルベラだけは手に入らないから、そのためだけにでも帰国したい」と熱望するほどなので、スイスの心の故郷なのかもしれません。


ぜひお試しください!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

ヘス順子

スイス・アッペンツェル特派員のヘス順子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

スイススイス/アッペンツェル特派員
名前:ヘス順子

ヘス順子

DISQUS ID @disqus_VCwksTZpYx

アッペンツェル特派員トップにもどる

その他のスイスの特派員

アッペンツェルを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

アッペンツェル特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > スイス > アッペンツェル特派員 > スイスの国民的ソーセージ「セルベラ」の切り方と焼き方

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について