トップ > ヨーロッパ > スイス > アッペンツェル特派員 > アッペンツェラードッグ

スイススイス/アッペンツェル特派員ブログ

アッペンツェラードッグ

カテゴリー:ショッピング・雑貨・お土産 / 生活・習慣・マナー / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2016年4月29日

食べ物や伝統工芸、景色などで有名なアッペンツェルですが、もうひとつ、名前に「アッペンツェラー」がつくものがあります。


それは、犬。


アッペンツェラードッグ(または、アッペンツェラーフント、アッペンツェラーキャトルドッグ)という名称で知られています。


800px-Appenzeller_Sennenhund.jpg

(写真はWikipediaより)


アッペンツェル原産の牧羊犬で、ときには牛乳を積んだ荷車を引いたり、ときには救助犬としても活躍するたくましい犬種だそう。


気をつけて見てみると、アッペンツェルのイラストには必ず登場しています。

ここにも。
01.jpg


ここにも!
02.jpg


ここにも!!
03.jpg


しかし。


アッペンツェルに引っ越してくる前からずっとアッペンツェラーフントを探しているのですが、ミックスには何度か遭遇してことがあるものの、純血種らしき犬にはまだ1回しか出会ったことがありません。


特徴は、尻尾がくるん!と巻いていること。


純血種のほとんどは尻尾が巻いていて、ミックスのほとんどは尻尾がまっすぐです。


地元アッペンツェルなのに、どうしてこうも幻の存在(?)なのかと思って調べたら、なんと。


絶滅の危機にさらされていたというではありませんか!


起源は明らかにされていないものの、アッペンツェルの農家の暮らしを長い間支えてきた犬種。


牧羊犬に必要な忍耐力と統率力を備えた、頼りになる犬。


体は50ー56cm、体重は20−32kgという中型サイズですが、牧羊犬だけあって活発らしく、よく走り、よく働く賢い犬という話です。


残念ながら、こういった特徴がペットとしては元気すぎたり、性格的に扱いにくかったりしたため、持て余す飼い主が増えたことが絶滅の危機につながったそうです。


純血種は、スイス国内ではなんと200頭未満しかおらず、オランダをはじめ外国の方が頭数は多いとのこと。


これに危機感をおぼえたスイスは保護対策を講じ、この犬種を守っていこうという動きがあるそうです。


今は、お散歩中のアッペンツェラーフントに遭遇したら四葉のクローバーを見つけたような驚きがあるような状態ですが、これから少しずつ増えて、アッペンツェルの風景の一部になったらいいな、と思いました。


<追記>
アッペンツェラーフントらしき犬を連れていた女性に聞いたところ、「純血種はすごく病気になりやすいから、犬のためには純血種を増やすのはいいとは思えないの。でも、絶滅はしてほしくないから、とても複雑が気持ち。この犬は、アッペンツェラーフントとマウンテンドッグをかけたものだからすごく元気」とのこと。


こうやって、「絶滅させない運動」と「病気や飼育状況を考えての行動」が同時になされているから、地元アッペンツェルでも劇的に増えることなく、犬の健康が維持されているのかな、と思いました。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

ヘス順子

スイス・アッペンツェル特派員のヘス順子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

スイススイス/アッペンツェル特派員
名前:ヘス順子

ヘス順子

DISQUS ID @disqus_VCwksTZpYx

アッペンツェル特派員トップにもどる

その他のスイスの特派員

アッペンツェルを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

アッペンツェル特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > スイス > アッペンツェル特派員 > アッペンツェラードッグ

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について