トップ > ヨーロッパ > スイス > アッペンツェル特派員 > アッペンツェルの伝統菓子Biberli(ビバリ)は最高のお土産

スイススイス/アッペンツェル特派員ブログ

アッペンツェルの伝統菓子Biberli(ビバリ)は最高のお土産

カテゴリー:ショッピング・雑貨・お土産 / レストラン・料理・食材 投稿日:2016年2月29日

アッペンツェルの伝統菓子Bärli-Biber(ベアリビーバ)。


Bär(=bear=クマ)というネーミングだけあって、かなりの確率でクマがデザインされています。


そうです、アッペンツェラー・インナーローデンもアッペンツェラー・アウサーローデンも州旗にクマが描かれていますよね。

ジンジャーブレッド(英語)とかレプクーヘン(ドイツ語)とも言いますが・・・



なんていうのか、日本の銘菓「ひよこ」を全体的に濃くした感じ、とでも言いましょうか。



スイス在住が30年くらいの人たちの中には、「その昔、スイスにおまんじゅうがなくて食べられなかったときは、これを買って代わりにしてた」という人もいたくらい、おまんじゅうテイストなのかもしれません。



生姜やスパイス、はちみつを練りこんで焼き上げたお菓子で、大きいものだと直径30cmはあり、地方の紋章や代表的な風景、動物(最も多いのはクマ)などがエンボスのように浮き上がるようデザインされています。



現在スイス中で見られるBiberliになったのは19世紀だそうですが、さかのぼること16世紀(一説によると18世紀)のレシピが発見されているそうです。



材料はだいたい、こんな感じ。

・小麦粉

・はちみつ

・アーモンド

・砂糖

・牛乳

・スパイス(シナモン、アニス、ナツメグ、クローブ、オールスパイス、コリアンダー、カルダモンなど)

・卵の白身



そのお菓子の大きいものはBiber(ビーバ)、小さいものはBiberli(ビバリ)と呼ばれています。



Biberはラテン語のPiper(=pepper)から来ているらしく、材料にたくさんのスパイスを使っていたことを意味するそうです。



焼きあがったビーバの上に色とりどりに絵付けされたものもありますので、それは別の記事であらためてご紹介することにしましょう!



今回は、スーパーでも買える、お手頃な、それでも可愛いBiberli(ビバリ)について。

スイスの2大スーパーで簡単に見つけられるのが、これです。



まずはCoop(コープ)。

IMG_3252.jpg



IMG_3253.jpg

直径7cmくらいの小さめのもので、表面に浮き上がったデザインも可愛いのですが、なんといってもパッケージ!


アッペンツェル独特の色が使われていて、お土産にわかりやすいです(笑)



デザインはいつも4種類くらいあります。


下の3つは、2015年の冬に販売されていたもの。

1.jpg

2.jpg

3.jpg



物価の高いスイスで嬉しい1個だいたい1.50フランというお値段も親しみやすいですね。



BIOのビバリにも、ちゃんと伝統衣装を着た男性たちが描かれています。

IMG_3251.jpg




Migro(ミグロ)のビバリ、パッケージはちょっとつまらないかも・・・(ごめんなさい)。

IMG_3257.jpg

でも、ヘーゼルナッツの風味が美味しいのです。



小さいBiberliがたくさん入っているこのパッケージもオススメ。

IMG_3234.jpg



こんなタイプも。

IMG_3235.jpg



2〜3ヶ月はもつし、固めなのでスーツケースの中でもつぶれにくいし、お土産にぴったりです!



今度は、お菓子屋さんやカフェオリジナルのBiberとBiberliを紹介します。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

ヘス順子

スイス・アッペンツェル特派員のヘス順子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

スイススイス/アッペンツェル特派員
名前:ヘス順子

ヘス順子

DISQUS ID @disqus_VCwksTZpYx

アッペンツェル特派員トップにもどる

その他のスイスの特派員

アッペンツェルを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

アッペンツェル特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > スイス > アッペンツェル特派員 > アッペンツェルの伝統菓子Biberli(ビバリ)は最高のお土産

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について