トップ > ヨーロッパ > スイス > アッペンツェル特派員 > アッペンツェルのジルベスタークラウゼの衣装が見られる!ウルネッシュの小さな美術館

スイススイス/アッペンツェル特派員ブログ

アッペンツェルのジルベスタークラウゼの衣装が見られる!ウルネッシュの小さな美術館

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / ショッピング・雑貨・お土産 / 文化・芸術・美術 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2016年1月31日

アッペンツェルアウサーローデンでは、12月31日と1月13日に「ジルベスタークラウゼ(Silvesterkläuse、またはSilvesterchlausen」というお祭りがあることは、先の記事 でご紹介しました。



「でも、ちょうどその時期には旅行や小旅行ができないかもしれない・・・」という方にオススメなのが、この美術館。



Urnäsch(ウルネッシュ)にある「Museum of Appenzell Customs」(ドイツ語でAppenzeller Brauchtumsmuseum Urnäsch)は、400年ほど前に建てられた民家を改装して作られていて、その名のとおり、この地方の伝統文化が感じられる品々が展示されています。



工具や農具、山々や牛や農家の人々が描かれた絵、鉄細工や刺繍などの素朴さや繊細さ、アッペンツェル独特の色彩、そして、あたたかさが滲み出てくる木の床や天井が私たちを和ませてくれます。



が、なんといっても一番の目玉は、ジルベスタークラウゼの衣装やその様子を展示しているコーナー。



衣装をまとった等身大の人形が何体もあり、今にも踊り出しそうな躍動感が伝わってきます。



IMG_2671.jpg



とても精巧にできていて、鐘もなんだか重そう。



IMG_2672.jpg

真ん中にたたずむのは、この地方の特別な犬「アッペンツェラードッグ」。尻尾がくるり!としているのが特徴で、けっこう気が強いかも?



キラキラぴかぴか。

IMG_2676.jpg

おしゃぶりみたいなのが可愛いです。



こちらは、毛皮をまとった強面・・・

IMG_2679.jpg


子供が見たら泣きそうですね・・・

IMG_2709.jpg


こちらは同じ赤いベストが3着・・・と思ってよく見ると、地方によって微妙に違いが。



IMG_2714.jpg

背は小さいとはいえ、ゴツゴツした男の人が着るにはもったいないくらい(?)な美しさ。



写真を撮るのを忘れてしまいましたが、このコーナーの入り口に「Schelleschötteシェレショッテ」と呼ばれる本物の鐘が置いてあります。



「ご自由にお試しください」と書いてあったので、さっそく背負って踊ってみました。



見た目よりは重くなくて、背負っているだけで楽しい気分になってきたのですが、なんせ音が大きいのです。



1日これを鳴らして練り歩くには耳栓がいるなぁ、なんて思いながら、真似をして飛んだり跳ねたりしていたら、お土産コーナーに並んでいるヨーデルのCDが欲しくなってきました。



Appenzeller Brauchtumsmuseum Urnäsch


<行き方>
スイス国鉄SBBでチューリッヒ中央駅から約1時間40分


チューリッヒ中央駅--ゴッサウ(Gossau)で乗り換えーウルネシュ(Urnäsch)下車 駅からすぐ



<住所と問い合わせ先>

Am Dorfplatz | 9107 Urnäsch am Säntis

Tel. +41 71 364 23 22

info@museum-urnaesch.ch

ホームページはこちら

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

ヘス順子

スイス・アッペンツェル特派員のヘス順子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

スイススイス/アッペンツェル特派員
名前:ヘス順子

ヘス順子

DISQUS ID @disqus_VCwksTZpYx

アッペンツェル特派員トップにもどる

その他のスイスの特派員

アッペンツェルを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

アッペンツェル特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > スイス > アッペンツェル特派員 > アッペンツェルのジルベスタークラウゼの衣装が見られる!ウルネッシュの小さな美術館

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について