トップ > ヨーロッパ > ベルギー > アントワープ特派員 > ルクセンブルグ【Vianden】で過ごす休日

ベルギーベルギー/アントワープ特派員ブログ

ルクセンブルグ【Vianden】で過ごす休日

カテゴリー:文化・芸術・美術 / 自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2021年11月17日

DSC00699.jpeg

こんにちは。アントワープ特派員のマユミです。
ベルギーの新型コロナウイルスの状況、再び悪化しています。オランダに続いて再びのソフトロックダウン、3度目のワクチン接種も視野に入ってきました。
さて、ルクセンブルグ情報、今回はドイツ国境に近い東北の町【Vianden】を紹介します。新型コロナウイルスが収束したら、訪問ください。


■ Vianden(ヴィアンデン)
DSC00695.jpeg

ドイツ国境近く、ウール川の両側に開けた【Vianden】は美しい渓谷の中の静かな町です。この町のシンボルはなんといっても、ヴィアンデン城(Vianden Castle)で、そのふもとにひっそりとたたずむ要塞都市であり、中世から城を支配し保護してきました。ヴィアンデン城からの眺望はすばらしく、まるで絵のような町を眼下に望めます。また、逆に川の両側に広がる町からヴィアンデン城を見上げる構図もすばらしいです。いろんな角度から、天気や時刻による変化も楽しんでみてください。

■ Vianden
・URL: a href="https://www.visit-vianden.lu/en">https://www.visit-vianden.lu/en

■ Vianden Castle(ヴィアンデン城)
DSC00666.jpeg
ヴィアンデン城はヨーロッパの100名城にも選ばれている、美しく歴史あるお城です。11世紀から14世紀の間に建設され、ロマネスクとゴシック時代の最も美しい住居のひとつとされています。
15世紀の初めまでの【Vianden】は強い勢力を誇り、フランス王室やドイツ帝国の宮廷とも密接なつながりを持っていました。しかしながら、さまざまな変遷を経て、1820年頃には衰退していきます。オランダのウィレム1世の治世下で、城は売却され、廃墟の状態に陥りました。 1977年にルクセンブルク大公の家族が国有に譲渡するまでは瓦礫の山だったとのこと。現在の美しいお城の姿からは想像がつきません。

DSC00667.jpeg
DSC00633.jpeg
城は現在、地域だけでなくヨーロッパ中の重要な記念碑としてランクづけされています。
お城の見学ですが、見どころが多いこと、フォトジェニックな場所やゆっくり景色を楽しみたい場所など、魅力たっぷりです。単純に敷地面積が広いこともありますので、1時間半ぐらいは欲しいところ。お城の周りの散策も楽しいので余裕を持って訪問することをおすすめします。

■Vianden Castle
・住所: Les Amis du Château de Vianden asbl B.P.26 L-9401 VIANDEN, Luxemburg
・電話: +352 83 41 081
・営業時間: 1月2日~2月末日と11・12月 10:00~16:00、3・10月 10:00~17:00、4~9月 10:00~18:00
・休業日: 1月1日、12月25日
・URL: https://castle-vianden.lu/gb/
・入館料: €10

■maison de victor hugo MUSEE LITTERAIRE(ヴィクトル・ユーゴ博物館)
DSC00734.jpeg
【Vianden】はフランスの文豪、ヴィクトル・ユーゴが何度も訪れ、滞在していたことでも知られています。彼が滞在していた宿は現在、博物館となっています。ここでは、彼の作家、詩人としての実績だけでなく、政治家、人権活動家としての足跡も探ることができます。また、ヴィクトル・ユーゴとルクセンブルクとの関係も。
博物館の横にはウール川を渡る橋がありますが、橋のたもとには、ヴィクトル・ユーゴの銅像があります。さらに道を挟んだ角にはHotel Victor Hugo、少し離れますが、Victor Hugo通りも見つけました。本当に彼にとって縁のある町だとわかります。

■ maison de victor hugo MUSEE LITTERAIRE
・住所: 37, rue de la Gare, L-9420 Vianden
・電話: +352 26 87 40 88
・営業時間: 2021年の11月1日~2022年4月10日 11:00~17:00
・休業日: 不定期。訪問の際にサイトでご確認ください
・URL: https://victor-hugo.lu
・入館料: €5

■小さな町にたくさんの教会
DSC00578.jpeg
DSC00736.jpeg

【Vianden】の中心地はお城を除けば、30分もあれば回れてしまうほどの大きさなのですが、その範囲に教会が多くあります。小さな教会がおもですが、THE TRINITARIAN CHURCHは最大。ゴシック・ルネサンス・ロココ様式が部分ごとに混在する、歴史ある重厚な教会は見応えがあります。小さな教会も含め、教会巡りをするのもおすすめです。

■THE TRINITARIAN CHURCH
・住所: Grand-Rue, 9411 Vianden, Luxembourg
・URL: https://www.visit-vianden.lu/en/vianden/historical-heritage

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

マユミ・スティーブンス さん

ベルギー・アントワープ特派員のマユミ・スティーブンス さんが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ベルギーベルギー/アントワープ特派員
名前:マユミ・スティーブンス さん

マユミ・スティーブンス さん

神奈川県出身。東京での仕事と並行して続けていた旅。滞在先は27ヵ国となりました。 最近はほとんどヨーロッパへ。大好きなポルトガルで転機が訪れ、縁あって現在はベルギーのアントワープで暮らしています。アントワープはさまざまな特徴を持った、魅力的な町。暮らしているからこその視点で情報をお伝えできればと思っています。 知っているつもりでいたヨーロッパは、南と北では大きく違うので、私自身も発見の毎日です。どこに旅に出るときも私の相棒は『地球の歩き方』でした。少しですが、お手伝いができることをうれしく思っています。インスタグラムでも日々の情報を投稿していますので、ご覧ください。 DISQUS ID @disqus_87rCldAuEO

アントワープ特派員トップにもどる

その他のベルギーの特派員

アントワープを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

アントワープ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ベルギー > アントワープ特派員 > ルクセンブルグ【Vianden】で過ごす休日

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について