トップ > ヨーロッパ > ベルギー > アントワープ特派員 > ルクセンブルク【Clervaux】で過ごす休日

ベルギーベルギー/アントワープ特派員ブログ

ルクセンブルク【Clervaux】で過ごす休日

カテゴリー:文化・芸術・美術 / 自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2021年11月10日

DSC00499.jpeg

こんにちは。アントワープ特派員のマユミです。
ベルギーの新型コロナウイルスの状況は、再び悪化しています。飲食店、各会場でもCovid Safe Ticketの提示が義務づけられ、徹底しています。
さて、新型コロナウイルス発生から外国への訪問を控えていましたが、ついに、とはいえ車で行ける隣国、ルクセンブルクへ行ってきました。小国ながら魅力あふれる国を体感してきましたので、数回に分けて紹介したいと思います。初回は北部【Clervaux】を紹介します。新型コロナウイルスが収束したら、訪問ください。

■ Clervaux(クレルボー)
DSC00421.jpeg

ベルギー、フランス、ドイツに囲まれたルクセンブルク大公国は、日本の神奈川県とほぼ同じ大きさの小国。さらに魅力的な小さな町がたくさんあります。【Clervaux】は北部に位置し、クレルブ(Clerve)川沿いの狭い谷に位置する町です。
シンボルとなっているのは、クレルボー城(Clervaux Castle)で、その麓にツーリストインフォメーションもあります。クレルボー城は第二次世界大戦で破壊されたあと、見事に修復され、内部は3つの博物館で構成されています。

■ Clervaux
・URL: https://www.visitluxembourg.com/en/ardennes/clervaux

■ THE FAMILY OF MAN - Clervaux Castle
DSC00484.jpeg
DSC00435.jpeg

ルクセンブルク出身のアメリカ人写真家、Edward Steichenによる史上最大の写真展、THE FAMILY OF MANは、クレルボー城内で常設展示されています。
この写真展は、冷戦中に平和のメッセージを伝えることを目的としたスナップショットを集め、Edward Steichenによって製作されました。写真に含まれるさまざまな人々の感情も見て、感じることができます。68ヵ国から集まった273人のプロとアマチュアの写真家によって撮影された503枚の写真で構成されています。 これは、MoMAの展覧会キュレーターとしてのEdward Steichenのキャリアの集大成を具体化しています。"これまでに行われた最大の写真プロジェクト"と評され、2003年にユネスコの世界の記憶プログラムに加えられました。THE FAMILY OF MANには、すでに1000万人が訪問しています。
*写真掲載の許可はTHE FAMILY OF MAN- Clervaux Castleから事前に得ています。

■THE FAMILY OF MAN- Clervaux Castle
・住所: L-9701 Clervaux, Luxemburg
・電話: +352 92 96 57
・営業時間: 3月1日~翌年1月1日の水~日曜・祝日12-18時
・休業日: 1月2日~2月末日、3月1日~翌年1月1日の祝日を除く月・火曜日
・URL: https://www.steichencollections-cna.lu/eng/collections/1_the-family-of-man
・入館料: €6

■THE MUSEUM OF MODELS OF THE CASTLES AND PALACES OF LUXEMBOURG 
DSC00473.jpeg  
ルクセンブルクの城や宮殿を100分の1のスケールで再現した美術館で、クレルボー城内にあります。城や宮殿の模型は、中世と都市の発展を物語っています。
【Clervaux】は、第二次世界大戦中の1944年12月の"バルジの戦い"の一部で、クレルボーの戦いで激しい戦闘が行われた場所としても知られています。城や宮殿の模型を見進めて行くと、最後に戦争時のクレルボーの状況を模した模型の展示があります。これが非常に精巧に再現されていて、息を飲みました。戦争の被害の中にある、人々の暮らしぶりも垣間見れました。
"バルジの戦い"は、1944~45年の冬にアルデンヌ地域で行われた軍事作戦につけられた名前です。ドイツ軍が彼らの出発点を超えて強制された1945年1月下旬に終わりました。このルクセンブルクの解放に大きく関わったのがアメリカ軍で、町のあちこちでアメリカ国旗も見られました。 
 
DSC00404.jpeg

■ THE MUSEUM OF MODELS OF THE CASTLES AND PALACES OF LUXEMBOURG
・住所: L-9701 Clervaux, Luxemburg
・電話: +352 26910095
・営業時間: 2021年の11月8日~12月31日の土日 10:00~18:00
・休業日: 2021年は上記以外の日。2022年以降に訪問の際はサイトでご確認ください。
・URL: https://www.visit-clervaux.lu/en/patrimoine/the-museum-of-models-of-the-castles-and-palaces-of-luxembourg
・入館料: €3(同じクレルボー城内の"Museum of the Battle of the Bulge"とのコンビチケットは€5)
 
■ Église Saints Côme et Damien(クレルボー教会) 
DSC00501.jpeg
クレルボー城からも程近い、丘の上にそびえ立っている教会です。その奥に続く道は、渓谷を支配する聖モーリスベネディクト修道院に続き、人気のハイキングコースにもなっています。 
■Église Saints Côme et Damien
・住所: 9711 Clervaux, Luxembourg
・開館時間: 毎日9:00~18:30
・URL: https://openchurches.eu/en/churches/saints-come-et-damien-clervaux

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

マユミ・スティーブンス さん

ベルギー・アントワープ特派員のマユミ・スティーブンス さんが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ベルギーベルギー/アントワープ特派員
名前:マユミ・スティーブンス さん

マユミ・スティーブンス さん

神奈川県出身。東京での仕事と並行して続けていた旅。滞在先は27ヵ国となりました。 最近はほとんどヨーロッパへ。大好きなポルトガルで転機が訪れ、縁あって現在はベルギーのアントワープで暮らしています。アントワープはさまざまな特徴を持った、魅力的な町。暮らしているからこその視点で情報をお伝えできればと思っています。 知っているつもりでいたヨーロッパは、南と北では大きく違うので、私自身も発見の毎日です。どこに旅に出るときも私の相棒は『地球の歩き方』でした。少しですが、お手伝いができることをうれしく思っています。インスタグラムでも日々の情報を投稿していますので、ご覧ください。 DISQUS ID @disqus_87rCldAuEO

アントワープ特派員トップにもどる

その他のベルギーの特派員

アントワープを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

アントワープ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ベルギー > アントワープ特派員 > ルクセンブルク【Clervaux】で過ごす休日

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について