トップ > ヨーロッパ > ベルギー > アントワープ特派員 > ルーベンスのアトリエ兼住居【Rubenshuis】(ルーベンスの家)

ベルギーベルギー/アントワープ特派員ブログ

ルーベンスのアトリエ兼住居【Rubenshuis】(ルーベンスの家)

カテゴリー:文化・芸術・美術 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2021年10月10日

DSC08440.jpeg

こんにちは。アントワープ特派員のマユミです。
ベルギーでは地域差があるものの、2021年10月1日からさらに規制緩和が進み、アントワープではほぼ通常通りです。
さて、ベルギーの特徴でもある美術の世界。アントワープでの最も有名な人は、Peter Paul Rubensになるでしょう。彼は画家としてだけでなく、7ヵ国語を操る外交官としても活躍しました。そのルーベンスがアトリエ兼住居として使っていた【Rubenshuis】(ルーベンスの家)を紹介します。新型コロナウイルスが収束したら、訪問ください。今回の写真はすべて美術館内になるため、【Rubenshuis】の承認を事前に得ています。


■【Rubenshuis】(ルーベンスの家)
DSC08444.jpeg  

16・17世紀の世界的に有名なバロック画家だったPeter Paul Rubens(1577-1640)。彼の家、【Rubenshuis】(ルーベンスの家)は、アントワープの中心地にあります。当時ここはルーベンスが家族と暮らす住居、そして同僚やアシスタントと一緒に絵を描いたアトリエでもありました。彼の広範な作品のほとんどは、ここで生まれています。1946年以降、美術館となった【Rubenshuis】には興味深いコレクションがあるだけでなく、ルーベンスがどのように生活し、働いたかを知ることができます。彼の作品は、400年以上にわたって芸術家や芸術愛好家に影響を与えてきました。
 
DSC08449.jpeg
 

【Rubenshuis】(ルーベンスの家)
・住所: Wapper 9-11,2000 Antwerpen
・電話: 03 201 15 55
・営業時間: 10:00~17:00
・休業日: 毎週月曜日、1月1日、5月1日、Hemelvaartsdag(キリスト昇天祭)、11月1日、12月25日
・URL: https://www.visitantwerpen.be/en/sightseeing/the-rubens-house
・公式ウエブサイトURL: https://rubenshuis.be/en
・入館料: €12
*事前にオンラインでチケット購入の必要があります。公式ウェブサイトを確認してください。
 
■ヨーロッパ遺産賞/ヨーロッパノストラ賞 
DSC08469.jpeg
 
2020年のヨーロッパ遺産賞/ヨーロッパノストラ賞では、【Rubenshuis】がその柱廊玄関と庭園のパビリオンの修復に対して世界で最も有名な遺産賞のひとつを受賞しました。
【Rubenshuis】の印象的な柱廊玄関と庭園のパビリオンは、訪問者が再び見られるようになります。1年半後に修復は完了です。
この事業は彫刻の細部を細心の注意を払って処理し、復元。柱廊玄関は、石の侵食と汚染を防ぐためにガラスの日よけで保護されています。
ルーベンスは自分で設計し、建築家としての足跡も残しています。

・URL: https://rubenshuis.be/index.php/en/page/restoration-portico-and-garden-pavilion-completed
 
■自画像
 
DSC08474.jpeg  

有名な同僚のレンブラント(1606?-1663)と比較しても、ルーベンスの自画像は非常に少ないです。ルーベンスは4枚、レンブラントは約40枚を描いています。ルーベンスの自画像は、ルーベンスの家の中でも最も目を引くもののひとつです。また、アントワープの象徴的なアイコンとしての価値もあります。
画家、アートコレクター、夫、父、友人、建築家、外交官と、多才な人生を送ったルーベンスは1640年に【Rubenshuis】で亡くなりました。自画像にはそのすべてが集約しているように感じます。
 
■改修工事 
DSC08479.jpeg
 
ルーベンスの家は拡大と革新を続けるため、改修工事を行います。工事は2021年秋に開始され、2024年に完了する予定です。作業の大部分は庭(後ろの部分)で継続されます。
博物館は2023年1月9日までは公開を続けます。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

マユミ・スティーブンス さん

ベルギー・アントワープ特派員のマユミ・スティーブンス さんが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ベルギーベルギー/アントワープ特派員
名前:マユミ・スティーブンス さん

マユミ・スティーブンス さん

神奈川県出身。東京での仕事と並行して続けていた旅。滞在先は27ヵ国となりました。 最近はほとんどヨーロッパへ。大好きなポルトガルで転機が訪れ、縁あって現在はベルギーのアントワープで暮らしています。アントワープはさまざまな特徴を持った、魅力的な町。暮らしているからこその視点で情報をお伝えできればと思っています。 知っているつもりでいたヨーロッパは、南と北では大きく違うので、私自身も発見の毎日です。どこに旅に出るときも私の相棒は『地球の歩き方』でした。少しですが、お手伝いができることをうれしく思っています。インスタグラムでも日々の情報を投稿していますので、ご覧ください。 DISQUS ID @disqus_87rCldAuEO

アントワープ特派員トップにもどる

その他のベルギーの特派員

アントワープを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

アントワープ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ベルギー > アントワープ特派員 > ルーベンスのアトリエ兼住居【Rubenshuis】(ルーベンスの家)

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について