トップ > ヨーロッパ > ベルギー > アントワープ特派員 > アントワープの顔【O.L.Vrouwekathedraal(聖母大聖堂)】

ベルギーベルギー/アントワープ特派員ブログ

アントワープの顔【O.L.Vrouwekathedraal(聖母大聖堂)】

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / ショッピング・雑貨・お土産 / 文化・芸術・美術 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2021年10月28日

DSC00311.jpeg

こんにちは。アントワープ特派員のマユミです。
ベルギーでは新型コロナウイルスの蔓延が再び高まり、政府はルールを改訂します。マスク着用の義務やコロナ・セーフ・チケットの範囲が広がる予定です。
さて、アントワープといえば「フランダースの犬」、とりわけ最後のシーンの舞台となった【O.L.Vrouwekathedraal(聖母大聖堂)】を思い出す人も多いのではないでしょうか?
新型コロナウィルスが収束したら、訪問ください。写真掲載の許可は【O.L.Vrouwekathedraal(聖母大聖堂)】から事前に得ています。


■【O.L.Vrouwekathedraal(聖母大聖堂)】
DSC00362.jpeg

ベルギーで1番大きなゴシック教会【O.L.Vrouwekathedraal(聖母大聖堂)】は、常にアントワープのシンボルとして君臨してきました。特に北側の塔の高さは123mで、かつては船がアントワープ港に入ってくる時の目印になったそうです。
建築開始から約170年後の1521年に完成した教会は、老朽化に伴い、現在も修復が続いています。内部の見学も休止されていましたが、この夏から再開しました。

DSC00346.jpeg
キリストの昇架©️Peter Paul Rubens
 
【O.L.Vrouwekathedraal(聖母大聖堂)】と切っても切れない関係で、重要な役割を果たしているのが、ベルギーが誇る画家、フランダースバロックの巨匠でもあるルーベンスです。彼の傑作の数々は今も訪れる人々を魅了し続けています。
 
DSC00337.jpeg
聖母被昇天©️Peter Paul Rubens
 
【O.L.Vrouwekathedraal(聖母大聖堂)】
・住所:Groenplaats 21,2000 Antwerpen
・電話:03 213 99 51
・営業時間:月-金曜日と日・祝日 10:00-17:00、土曜日 10:00-15:00
・休業日: 1月1日、
・U R L:https://www.dekathedraal.be/en
・入館料:8ユーロ

■聖母像 
DSC00353.jpeg
DSC00357.jpeg
 
大きな【O.L.Vrouwekathedraal(聖母大聖堂)】の中でもとりわけ人々の敬愛を受け、輝いている聖母像は作者不明とのこと。現在特別なプログラムが続行中なのをご存知ですか?
それは'Mode 2.021 Antwerpen - Mode/Bewust' というファッション文化を町中に広めるイベント。アントワープ市、観光局、そしてモード博物館Momuのコラボレーションによるアントワープ再開プログラムです。Momuはファッションハウス NATANのEdouard Vermeulenに聖母メアリー像の現代的なアレンジを依頼しました。彼は高貴で豪華な印象のエメラルドグリーンのシャンタンシルクを選び、ドレスと袖に美しいラインとボリュームを施しました。この特別なグリーンは希望を意味するそうです。この現代風にアレンジされたメアリー像は12月20日まで見られます。

・U R L:https://momu.prezly.com/onze-lieve-vrouw-van-mode-edouard-vermeulen-natan-kleedt-mariabeeld-in-kathedraal-voor-mode-2021
 
■ De Plek
DSC00374.jpeg

【O.L.Vrouwekathedraal(聖母大聖堂)】の一角にカフェがあることをご存知ですか?旅行者に最も有名なこの歴史的建物の中でお茶できるなんて素敵です。
一般的なカフェメニューに加えて、軽食、そして【O.L.Vrouwekathedraal(聖母大聖堂)】オリジナルのビールも味わえます。
室内席とテラス席の両方があります。

■ De Plek
・住所:Groenplaats 21,2000 Antwerpen(大聖堂内)
・営業時間:火曜日を除く平日 10:00-17:00、土曜日 10:00-15:00、日曜日13-17時
・休業日: 火曜日
・U R L:https://www.dekathedraal.be/nl/de-plek

■De Schoenmakerskapel
DSC00381.jpeg

De Schoenmakerskapelは直訳すると靴屋の礼拝堂。住所のSchoenmarktは靴の市場、かつてこの番地で靴の市場が開かれていたことに由縁しています。この小さな礼拝堂、【O.L.Vrouwekathedraal(聖母大聖堂)】からは、大きな広場Groenplaatsを挟んだ位置にあります。まるで関連がないと思っていたら、大聖堂の系列です。別名でKapel van Onze-Lieve-Vrouw-van-Toevluchtとも呼ばれていて、より避難所のような、駆け込み寺の要素のある、かつて貧しかった人々のよりどころとなっていた礼拝堂です。
非常に控え目な外観、礼拝堂の中に入ったのは初めてでしたが、小さいながら大聖堂に負けない歴史と重みを空気から感じました。装飾も豪華ですが、どこか手作り感があり、人の温もりを感じました。大きな大聖堂見学の後に、宝探しの気分で訪ねてみるのもおすすめです。

■ De Schoenmakerskapel
・住所:Schoenmarkt 8, 2000 Antwerpen
・営業時間:火・木・土曜日 13:00-16:00(この時間割は一時的なものです。お出かけの際にはサイトでご確認ください)
・U R L:https://www.dekathedraal.be/nl/schoenmakerskapel

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

マユミ・スティーブンス さん

ベルギー・アントワープ特派員のマユミ・スティーブンス さんが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ベルギーベルギー/アントワープ特派員
名前:マユミ・スティーブンス さん

マユミ・スティーブンス さん

神奈川県出身。東京での仕事と並行して続けていた旅。滞在先は27ヵ国となりました。 最近はほとんどヨーロッパへ。大好きなポルトガルで転機が訪れ、縁あって現在はベルギーのアントワープで暮らしています。アントワープはさまざまな特徴を持った、魅力的な町。暮らしているからこその視点で情報をお伝えできればと思っています。 知っているつもりでいたヨーロッパは、南と北では大きく違うので、私自身も発見の毎日です。どこに旅に出るときも私の相棒は『地球の歩き方』でした。少しですが、お手伝いができることをうれしく思っています。インスタグラムでも日々の情報を投稿していますので、ご覧ください。 DISQUS ID @disqus_87rCldAuEO

アントワープ特派員トップにもどる

その他のベルギーの特派員

アントワープを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

アントワープ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ベルギー > アントワープ特派員 > アントワープの顔【O.L.Vrouwekathedraal(聖母大聖堂)】

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について