トップ > ヨーロッパ > ベルギー > アントワープ特派員 > アントワープの【アンティークマーケット】

ベルギーベルギー/アントワープ特派員ブログ

アントワープの【アンティークマーケット】

カテゴリー:ショッピング・雑貨・お土産 / 文化・芸術・美術 / 生活・習慣・マナー / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2021年8月 6日

DSC00503.jpeg

こんにちは。アントワープ特派員のマユミです。
まず、ベルギーでの新型コロナウイルス状況です。夏休みに入り、人の移動が増え、感染者数など各数値は増え続けています。ワクチン接種が進んでいるにもかかわらずなので、不安な状況です。
さて、今回はアントワープのアンティークマーケットを案内します。新型コロナウイルスが収束したら、訪問ください。

■アンティークマーケット(Antiekmarkt)

DSC00501.jpeg
DSC00506.jpeg

マーケットはお好きですか? ベルギーはマーケットの国といっても過言でないほどこの文化が人々の生活に定着しています。が、新型コロナウイルスの出現によって、閉鎖あるいは制限つきで開催という状態が続いていました。今年に入って通常に戻りつつあります。
アントワープにも定期開催されているマーケットがいくつかあります。今回は毎週日曜日のお楽しみ、【アンティークマーケット】を紹介します。

【アンティークマーケット】Antiekmarkt
・住所: Sint-Jansvliet, 2000 Antwerpen
・営業日: 毎週日曜日
・営業時間: 9:00~17:00
・URL: https://www.visitantwerpen.be/en/shopping-and-fashion-en/shopping/markets


DSC00502.jpeg
DSC00507.jpeg

【アンティークマーケット】の場所はSint-Jansvlietという広場。以前紹介した、スヘルデ川の下を通る、Sint-Annatunnel(シントアンナトンネル)の入口のある広場になります。新型コロナウイルス出現以前と比べると出店も減っているように思いましたが、徐々に盛り返すことを願って。
このマーケットには、アンティークのおもちゃから人形、本、雑貨など、いろいろなものが揃います。大きいものでは家具も。個人的には食器に興味があります。シルバーのコレクションはいつも豊富で、銀食器を狙っている人にはおすすめです。


■ 【アンティークマーケット】でのお楽しみ

DSC00510.jpeg

Sint-Jansvlietの南側、Kloosterstraat との間に位置するOever 通りにもかつては出店がありました。いまは、ベルギー名物のシーフード屋台がポツンと営業中。これが小腹が空いたときにちょうどいいのです。つぶ貝のスープ煮が好きですが、白身魚やエビのフライもおいしいですよ。


■近隣とその他の【アンティークマーケット】のご案内

Sint-Jansvlietの南側の通りKloosterstraatや、東側に伸びるSteenhouwersvest も個性的なショップが集まっていて楽しいです。一緒に回られるといいでしょう。
Steenhouwersvest通り方面に行くと、MUSEUM PLANTIN-MORETUS(プランタン・モレトゥス美術館)があります。その前の広場では毎週金曜日にマーケットがあります。家具や衣類中心で、特徴的なのはセリ(競売)形式なこと。公用語のオランダ語が堪能でないと参加するのは難しいかもしれませんが、見てみるのはおもしろいと思います。また、土曜日には聖母大聖堂の脇道でも小さな【アンティークマーケット】が開かれます。

金曜市(Vrijdagmarkt)
・住所: Vrijdagmarkt, 2000 Antwerpen
・営業日: 毎週金曜日
・営業時間: 9:00~13:00

土曜市(Antiekmarkt zaterdag)
・住所: Lijnwaadmarkt, 2000 Antwerpen
・営業日: 毎週土曜日
・営業時間: 9:00~17:00

・URL: https://www.visitantwerpen.be/en/shopping-and-fashion-en/shopping/markets

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

マユミ・スティーブンス さん

ベルギー・アントワープ特派員のマユミ・スティーブンス さんが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ベルギーベルギー/アントワープ特派員
名前:マユミ・スティーブンス さん

マユミ・スティーブンス さん

神奈川県出身。東京での仕事と並行して続けていた旅。滞在先は27ヵ国となりました。 最近はほとんどヨーロッパへ。大好きなポルトガルで転機が訪れ、縁あって現在はベルギーのアントワープで暮らしています。アントワープはさまざまな特徴を持った、魅力的な町。暮らしているからこその視点で情報をお伝えできればと思っています。 知っているつもりでいたヨーロッパは、南と北では大きく違うので、私自身も発見の毎日です。どこに旅に出るときも私の相棒は『地球の歩き方』でした。少しですが、お手伝いができることをうれしく思っています。インスタグラムでも日々の情報を投稿していますので、ご覧ください。 DISQUS ID @disqus_87rCldAuEO

アントワープ特派員トップにもどる

その他のベルギーの特派員

アントワープを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

アントワープ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ベルギー > アントワープ特派員 > アントワープの【アンティークマーケット】

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について