トップ > ヨーロッパ > ベルギー > アントワープ特派員 > ベルギー、北海沿岸の町【Oostduinkerke】へ

ベルギーベルギー/アントワープ特派員ブログ

ベルギー、北海沿岸の町【Oostduinkerke】へ

カテゴリー:自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2021年8月27日

DSC00041.jpeg

こんにちは。アントワープ特派員のマユミです。
まず、ベルギーの新型コロナウイルス状況ですが、ワクチン接種が進んでいるとはいえ、Rt値などの数値は依然として下がらない状態です。そんな状況もあり、自主的に密を避けて地方に行くことが多いです。
今回は北海沿岸の【Oostduinkerke】を紹介します。新型コロナウイルスが収束したら、訪問ください。

■ Oostduinkerke

DSC00054.jpeg

【Oostduinkerke】の一部は北海沿岸のビーチを有し、特に夏にはにぎわいますが、一般的なビーチです。そこから内陸部に入ったところににおもしろい発見があったので、そちらにフォーカスします。
まず、地名の【Oostduinkerke】を紐解いてみます。オランダ語の特徴ですが、ひとつの単語に見えていくつかの単語がつながっている場合があり【Oostduinkerke】は3つの単語がルーツだと思われます。"oost"は東、"duin"は砂丘、"kerke"は教会の意味があり、この町を象徴するものだとわかります。西フランダースなのに、"oost"(東)?と思ったら、これはフランスから見て東という意味。実はビーチ沿いにフランス国境を越えるとDunkirkという町があり、差別化のために13世紀から"oost"が加えられたそうです。【Oostduinkerke】の町は砂丘地帯の中にあり、現在は保護された自然保護区になっています。この自然保護区とビーチ、遊歩道をめぐるハイキングはとても人気があります。

【Oostduinkerke】
・URL: https://www.dekust.be/nl/koksijde-oostduinkerke


■ Witte Burg(砂丘)
DSC00039.jpeg

Witte Burgは隣のPanneまで続く、漂流砂丘の一角です。普通の町なかに突然砂丘があるのですから、驚きました。15ヘクタールの小さなエリアでありながら、高さ21mの頂上まで登ると、不思議な光景が広がっています。砂丘に木々や草花の組み合わせは、見たことのない風景で、それがこのベルギーにあるとは意外でした。
 

■Witte Burg
・住所: 8670 Koksijde
・URL: https://www.visitkoksijde.be/nl/witte-burg

 
■ Sint-Niklaaskerk Oostduinkerke(シントニクラース教会) 
DSC00012.jpeg
DSC00022.jpeg
 
町の中心にあり、その大きさからもシンボル的な存在となっている教会です。Witte Burgの東側の麓でもあります。
1952~1955年に建てられた現代の教会は、ブリュッセルの建築家Jean Gilson(1909~1988)が手がけました。塔の正面にあるキリスト像は、彫刻家Jarnost Gauseによって設計され、長さ13.5m、重さは4トンもある巨大なものです。正面にそびえたつのがキリスト像を含む塔、その奥に見えるのが教会となっています。外側から見てもそうなのですが、教会に入ってみて気がつきました。この敷地内の建物のすべては縦長の丸みを帯びた三角形のモチーフでデザインされています。統一感とオリジナリティに感服しました。

■ Sint-Niklaaskerk Oostduinkerke
・住所: Leopold II Laan 85, 8670 Koksijde
・URL: https://www.westtoer.be/nl/doen/sint-niklaaskerk-oostduinkerke

 
■Garnaalvissers te paard(馬に乗ったエビ漁) 
DSC00056.jpeg
 
【Oostduinkerke】はエビの漁を馬に乗って行う、世界で唯一の場所で、これが名物となっています。2013年、ユネスコは「馬に乗ったエビ漁」を人類の無形文化遺産のリストに追加しました。町の中心には水産博物館もあり、漁業は密接な関係にあります。
交差点の真ん中に「馬に乗ったエビ漁」を植物で再現した像を見つけました。このモチーフはいろいろな素材で再現され、または描写され、町なかや個人の家でも見ることができます。
 
DSC00064.jpeg
 
そして、漁師の家には特徴があります。白壁、オレンジの屋根、ドアや窓枠は緑色と決まっているそうです。それらを発見しながらの町歩きも楽しいです。

・URL: https://www.visitkoksijde.be/nl/garnaalvissers-te-paard-een-authentiek-schouwspel

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

マユミ・スティーブンス さん

ベルギー・アントワープ特派員のマユミ・スティーブンス さんが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ベルギーベルギー/アントワープ特派員
名前:マユミ・スティーブンス さん

マユミ・スティーブンス さん

神奈川県出身。東京での仕事と並行して続けていた旅。滞在先は27ヵ国となりました。 最近はほとんどヨーロッパへ。大好きなポルトガルで転機が訪れ、縁あって現在はベルギーのアントワープで暮らしています。アントワープはさまざまな特徴を持った、魅力的な町。暮らしているからこその視点で情報をお伝えできればと思っています。 知っているつもりでいたヨーロッパは、南と北では大きく違うので、私自身も発見の毎日です。どこに旅に出るときも私の相棒は『地球の歩き方』でした。少しですが、お手伝いができることをうれしく思っています。インスタグラムでも日々の情報を投稿していますので、ご覧ください。 DISQUS ID @disqus_87rCldAuEO

アントワープ特派員トップにもどる

その他のベルギーの特派員

アントワープを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

アントワープ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ベルギー > アントワープ特派員 > ベルギー、北海沿岸の町【Oostduinkerke】へ

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について