トップ > ヨーロッパ > ベルギー > アントワープ特派員 > ベルギーの朝ごはんを【Lints】で体験

ベルギーベルギー/アントワープ特派員ブログ

ベルギーの朝ごはんを【Lints】で体験

カテゴリー:ショッピング・雑貨・お土産 / レストラン・料理・食材 投稿日:2021年8月13日

DSC00516.jpeg

こんにちは。アントワープ特派員のマユミです。
ベルギーは今年冷夏です。日本に比べると例年も涼しいですが、それでも約1週間は猛暑があります。夏らしい夏が来ないまま、秋になってしまいそうとも言われていますが、今週末は少し温かくなりそうです。
さて、最近は日常生活の中で特徴がないのがベルギーと悟りつつおりますが、朝食も然り。でも、ちょっとお得でベルギー人が好むロケーションでの朝食スタイルがあります。新型コロナウイルスが収束し、アントワープ来訪の際に、お試しください。今回は【Lints】での体験をもとに紹介します。

■ ベーカリーカフェ【Lints】
DSC00512.jpeg
DSC00513.jpeg

ヨーロッパの真ん中に位置し、国際的でリベラルな雰囲気はあるものの、民族性や地域性などの特徴をほとんど感じないベルギー。それは食に関しても一緒で、独自の特徴がないのがベルギーだと思うようになりました。
朝ごはんも同じですが、日本のカフェでいう"モーニングセット"のあるお店があります。ベルギーの主食はパン。ベーカリーにティールームを併設しているお店ではだいたい可能です。
ベルギー人はオープンな雰囲気のテラス席が大好きですが、人気の広場Mechelsepleinにある【Lints】もそのひとつ。1992年に小さなベーカリーとして始まった【Lints】は、いまでは、チョコレート、ケーキ、ビスケット、そしてアイスクリームも扱う大きなお店に成長しました。

【Lints】(パティスリー)
・住所: Vleminckveld 68, 2000 Antwerpen
・電話: 03 226 9134
・営業時間: 7:00~18:00(火~土)、7:00~16:00(日・祝日)
・休業日: 月曜日
・URL: https://www.lints.be/nl

 
■ 【Lints】(ティールーム) 
DSC00520.jpeg
DSC00519.jpeg

 
【Lints】の店舗の前のMechelsepleinという広場は、ベルギーを象徴するような開放的なイメージで天気のいい日は太陽にとても映えます。そこにあるのが【Lints】(ティールーム)のテラス席、店舗の中にも席はあります。今回は朝食でしたが、ランチやハイティもあります。

【Lints】(ティールーム)
・住所: Vleminckveld 68, 2000 Antwerpen
・電話: 03 226 9134
・営業時間: 7:30~17:30(火~土曜日)、7:30~15:30(日・祝日)
・休業日: 月曜日
・URL: https://tearoomlints.be

 
■ 【Lints】の朝食 
DSC00515.jpeg

オランダ語で朝食は「Ontbijt」、メニューから選んだのは写真のBasis ontbijt です。2人分とはいえ、たっぷりしていますよね。ドリンクも2種類ついて€10,90はかなりお得だと思いました。オランダ語の参考にもなるので、内容紹介しておきますね。
Croissant / mini koffiekoek(ペストリー) / mini pistolets(ロールパンのようにスライスせず丸ごと食べるパン) / assortiment brood(各種パンのスライス盛り合わせ) / zoet beleg (ジャムなど甘いトッピング)/ smeerkaasje(チーズスプレッド) / vers sinaasappelsapje (フレッシュオレンジジュース)/ koffie of thee(コーヒーか紅茶) 

日常的なことですが、ベルギーは全般に物価が高いです。日本のお店なら、たとえ高級店でもランチなら気軽とか、カフェならモーニングセットがお得だったりしますが、ベルギーでは一日中同じメニューも珍しくありません。セットがあっても特別お得でなかったりも(店舗によりますが)。【Lints】(ティールーム)の朝食も、特別安くはないけれど、納得の内容。小さめサイズをいろいろ食べられるし、どれも美味でした。 
DSC00517.jpeg
 
さらに、ベルギーではセットメニューであっても、コーヒーの種類を選べることが多いです。ストレートコーヒー以外も選べて、たいがいは追加料金もありません。うれしいシステムです。私たちはカプチーノとKoffie Verkeerd(カフェオレ)を選びました。食べきれなかったぶんは、持ち帰りもできます。
【Lints】(ティールーム)の朝食は、子供用から、Cava、ヨーグルトやグラノーラ、フルーツの入ったものなどさまざまです。

・URL: https://tearoomlints.be/menu/

 
DSC09967.jpeg
 
パティスリーの充実ぶりもなかなか。ちょうど誕生日ケーキをオーダーする機会がありましたのでご参考に。
Piemontéというケーキで、ヘーゼルナッツのクリームとビスケットの食感がよく、ベースがチョコレートムースなので、見た目より軽い食感でおいしかったです。€2.5で名入りプレートのオーダーも可能です。

 

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

マユミ・スティーブンス さん

ベルギー・アントワープ特派員のマユミ・スティーブンス さんが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ベルギーベルギー/アントワープ特派員
名前:マユミ・スティーブンス さん

マユミ・スティーブンス さん

神奈川県出身。東京での仕事と並行して続けていた旅。滞在先は27ヵ国となりました。 最近はほとんどヨーロッパへ。大好きなポルトガルで転機が訪れ、縁あって現在はベルギーのアントワープで暮らしています。アントワープはさまざまな特徴を持った、魅力的な町。暮らしているからこその視点で情報をお伝えできればと思っています。 知っているつもりでいたヨーロッパは、南と北では大きく違うので、私自身も発見の毎日です。どこに旅に出るときも私の相棒は『地球の歩き方』でした。少しですが、お手伝いができることをうれしく思っています。インスタグラムでも日々の情報を投稿していますので、ご覧ください。 DISQUS ID @disqus_87rCldAuEO

アントワープ特派員トップにもどる

その他のベルギーの特派員

アントワープを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

アントワープ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ベルギー > アントワープ特派員 > ベルギーの朝ごはんを【Lints】で体験

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について