トップ > ヨーロッパ > ベルギー > アントワープ特派員 > アントワープの遺産図書館【HENDRIK CONSCIENCE】

ベルギーベルギー/アントワープ特派員ブログ

アントワープの遺産図書館【HENDRIK CONSCIENCE】

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / 文化・芸術・美術 投稿日:2021年7月31日

DSC09917.jpeg

こんにちは。
ベルギーでは新型コロナウイルスのワクチン接種が進み、バケーションの話題をよく聞くようになりました。
事態が収束したら訪れてほしいおすすめの場所、今回はアントワープの遺産図書館【ERFGOEDBIBLIOTHEEK HENDRIK CONSCIENCE】を紹介します。期間限定でガイドツアーとして公開される"Nottebohmzaal"という歴史的な書庫を中心にお伝えします。新型コロナウイルスが収束したら訪れてみてください。なお、写真掲載につき、【ERFGOEDBIBLIOTHEEK HENDRIK CONSCIENCE】の承認を事前にいただいています。

■ ERFGOEDBIBLIOTHEEK HENDRIK CONSCIENCE(ヘンドリック コンサイエンス 遺産図書館)
DSC09892.jpeg

【ERFGOEDBIBLIOTHEEK HENDRIK CONSCIENCE】はフランダースのオランダ語、文化、歴史のための図書館で、5世紀以上の間、その文化遺産を保存、収集してきました。1481年に設立、約150万冊、並べると約35kmの長さになる本を所有しています。
現在は閲覧室にてコレクションを見たり、調べたりできますが、一般的な図書館とは違い貸出はできません。印象的な書庫スペース"Nottebohmzaal"はこの図書館を象徴する場所で、期間限定でガイドツアーを実施しています。
【ERFGOEDBIBLIOTHEEK HENDRIK CONSCIENCE】は町の中心部にあり、以前紹介した教会、Sint-Carolus Borromeuskerkの隣という立地です。

■ ERFGOEDBIBLIOTHEEK HENDRIK CONSCIENCE
・住所: Hendrik Conscienceplein 4,2000 Antwerpen
・電話: 03 338 8710
・URL: https://www.consciencebibliotheek.be/en
現在コロナウイルス対策及び夏期につき、部門ごとに対応が異なります。随時公式ウエブサイトで確認してください。


■ Schatten van de Nottebohmzaal(ノッテボームホールの宝物 ガイドツアー)

DSC09918.jpeg
DSC09912.jpeg

【ERFGOEDBIBLIOTHEEK HENDRIK CONSCIENCE】のほとんどの本は、"Nottebohmzaal"に保管されています。印象的で美しく、歴史的な魅力もある"Nottebohmzaal"は1936年以来、ショールームとしても機能しており、特別な場合のみ一般に公開されます。
残念なことに光の具合がとても難しく、写真が鮮明に撮れませんでした。雰囲気だけでも伝わればと思います。
17世紀の建物"Nottebohmzaal"はもともとは宗教的な集会や祈りの部屋でした。そしてルーヴェンスとヴァンダイクによる美しいバロック絵画が飾られていたそうです。本はアルファベット順に、本棚の下段に背の高い本、上段に上がるほど背の低い本と収納されています。
ガイドツアーはまず、図書館の外側から建物や歴史の説明が始まり、最後に図書館内の"Nottebohmzaal"の順になっています。

■ Schatten van de Nottebohmzaal(ノッテボームホールの宝物 ガイドツアー)
・期間と開催日: 7月1日~9月30日の毎週木・金曜日
・開始時間: 10:00、11:30、14:00(ツアーは1時間半かかります)
・定員: 通常20名のところ、新型コロナウイルス対策により10名に。人気が高まり、7月末からは15名となりました。
・参加費: €10
・URL: https://www.consciencebibliotheek.be/en/content/nottebohm-room
・チケット購入: https://ttk.antwerpen.be/Exhibitions/Register
・注意: ガイドはすべてオランダ語です。マスク着用義務があります


■ De globes van Blaeu

DSC09907.jpeg DSC09910.jpeg

ふたつ前の写真の奥に見える、ふたつの球体はDe globes van Blaeu(ブラウの地球儀)です。右側は天球儀で、星座が確認できました。左は地球儀で歴史のある地図と文字はすばらしかったです。ブラウの天・地球儀は、170年前にHemiksem市長の Baron de Pret de Tervekenからアントワープに寄贈されました。約2世紀後に、Koning Boudewijnstichting財団とBASFアントワープの支援を受けて修復が始まり、2013年9月に復元されました。

・URL:https://www.consciencebibliotheek.be/en/content/blaeu-globes


■ De ontsnapping van Maarten Inghels (特別展示)

DSC09911.jpeg
DSC09905.jpeg

図書館では企画展も随時行われており、現在の展示をひとつご紹介。
オランダで終身刑に服していた弁護士で作家のHugo de Grootは1621年3月22日に本の箱に隠れて脱出します。そして400年後、彼の脱出は知的自由の象徴となりました。
作家でアーティストのMaarten Inghelsは"マールテンインゲルスの脱出/ Hugo de Grootへのオマージュ"として、独自のアイデアで現代的な賛辞を送ります。"Nottebohmzaal"の中央に展示されています。
私などはアイデアもデザインもかわいくて見入ってしまいました。
オランダ語のみのガイドツアーはハードルが高いかもしれませんが、フランダースの歴史を感じるにはいい機会だと思います。タイミングが合えばおすすめです。
ガイドツアーは毎年行われています。今期を狙われる場合は、申し込みはお早めに。人気があって、すでに8月は売切れになっています。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

マユミ・スティーブンス さん

ベルギー・アントワープ特派員のマユミ・スティーブンス さんが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ベルギーベルギー/アントワープ特派員
名前:マユミ・スティーブンス さん

マユミ・スティーブンス さん

神奈川県出身。東京での仕事と並行して続けていた旅。滞在先は27ヵ国となりました。 最近はほとんどヨーロッパへ。大好きなポルトガルで転機が訪れ、縁あって現在はベルギーのアントワープで暮らしています。アントワープはさまざまな特徴を持った、魅力的な町。暮らしているからこその視点で情報をお伝えできればと思っています。 知っているつもりでいたヨーロッパは、南と北では大きく違うので、私自身も発見の毎日です。どこに旅に出るときも私の相棒は『地球の歩き方』でした。少しですが、お手伝いができることをうれしく思っています。インスタグラムでも日々の情報を投稿していますので、ご覧ください。 DISQUS ID @disqus_87rCldAuEO

アントワープ特派員トップにもどる

その他のベルギーの特派員

アントワープを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

アントワープ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ベルギー > アントワープ特派員 > アントワープの遺産図書館【HENDRIK CONSCIENCE】

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について