トップ > ヨーロッパ > ベルギー > アントワープ特派員 > アントワープ1小さく、美しい小径【Vlaaikensgang】

ベルギーベルギー/アントワープ特派員ブログ

アントワープ1小さく、美しい小径【Vlaaikensgang】

カテゴリー:レストラン・料理・食材 / 文化・芸術・美術 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2021年4月 3日

FullSizeRender 5.jpeg

こんにちは。アントワープ特派員のマユミです。ベルギーでは新型コロナウイルスが蔓延しており、このところ、新規感染者他の数値の伸びが止まらない状態でした。政府は再び強いロックダウンを決め、2021年4月25日まで決行されます。
自由に旅行できる日が戻ることを願いつつ、今日も情報を届けます。
脚光を浴び続ける目立つ場所もよりも、秘密基地のようなひっそり感が好きな方におすすめの路地裏【Vlaaikensgang】を紹介します。事態が収束したら訪れてみてください。


■ Vlaaikensgang

FullSizeRender 6.jpeg

Vlaaikensgangは大聖堂のある観光の中心地にある小径です。一歩踏み入れると、別空間に迷い込んだような錯覚があります。町なかの喧騒から離れ、そこだけ静寂に包まれているのです。ここは貧しい人々が暮らしていた路地裏だった時代もありますが、いまは美しく情緒あふれる人気のスポットとなっています。

【Vlaaikensgang】
・住所: Vlaaikensgang,2000 Antwerpen
・URL: https://inventaris.onroerenderfgoed.be/erfgoedobjecten/4446

FullSizeRender.jpeg  

歴史をたどると、Vlaaikensgang は1591年にはすでにここにあったとされています。"DeRoodeSchild"と呼ばれる15世紀のゲストハウスもあり、家主はNiklaas Rockoxと彼の妻Margareta de Brueckereでした。彼らは、ルーベンスの友人で、有名な市長のNiklaas Rockoxの曽祖父母だったそうです。
1960年代には、Vlaaikensgangの取り壊し計画もあったそうですが、1969年にアンティークディーラーのAxel Vervoordtが歴史的な部分を購入したことで救われました。その後、再評価され、1977年に建築家E. Dickによる設計と修復が始まりました。

・URL: https://inventaris.onroerenderfgoed.be/erfgoedobjecten/4446

FullSizeRender 2.jpeg  

そして現在は、観光機関などが設定する、"アントワープで体験すべきこと"に常に取り上げられるほどの、隠れた名所となっています。
実際に私も、ここに行くのが大好きです。宝探しの気分に浸れますよ。
1973年1月5日から、Vlaaikensgangのファサードと屋根は、文化的歴史景観と記念碑として保護されました。また、2019年3月29日からは建築遺産としても確立されました。
 
■ Vlaaikensgangにあるレストラン 

FullSizeRender 3.jpeg  

Vlaaikensgangの中にあるレストランを紹介します。
まずは写真の"tHofke"。完全な室内の席でくつろぐもよし、軽くお茶するなら木漏れ日のさすこの席を選びたい。カジュアルな雰囲気で、歴史ある場所を体感できます。
さらに、有名かつ憧れの"SirAnthony Van Dijck"があります。アンティークディーラーのAxel Vervoordtが細部にわたりこだわって改装したという建物全体も見てみたいです。新型コロナウイルスが収束したら、いつか特別な日に利用したいと思っています。
 

【tHofke】
・住所: Oude koornmarkt 16,2000 Antwerpen
・電話: 03 233 8606
・営業時間: 月~金曜日 12:00~15:00、18:00~23:45
・休業日: なし
・URL: https://www.thofke.com/nl/welcome
*上記は通常時のデータです。現在新型コロナウイルス対策中につき、テイクアウェイのみ営業中。随時、公式ウェブサイトなどを確認してください

 

【SirAnthony Van Dijck】
・住所: Oude koornmarkt 16,2000 Antwerpen
・電話: 03 231 6170
・営業時間: 火~土曜日 ランチ12:00~、ディナー18:30~
・休業日: 日・月曜日
・URL: https://www.siranthonyvandijck.be
*上記は通常時のデータです。現在新型コロナウイルス対策中につき、特別な日(例えばイースターなど)のみテイクアウェイで営業しているようです。随時、公式ウェブサイトなどを確認してください

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

マユミ・スティーブンス さん

ベルギー・アントワープ特派員のマユミ・スティーブンス さんが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ベルギーベルギー/アントワープ特派員
名前:マユミ・スティーブンス さん

マユミ・スティーブンス さん

神奈川県出身。東京での仕事と並行して続けていた旅。滞在先は27ヵ国となりました。 最近はほとんどヨーロッパへ。大好きなポルトガルで転機が訪れ、縁あって現在はベルギーのアントワープで暮らしています。アントワープはさまざまな特徴を持った、魅力的な町。暮らしているからこその視点で情報をお伝えできればと思っています。 知っているつもりでいたヨーロッパは、南と北では大きく違うので、私自身も発見の毎日です。どこに旅に出るときも私の相棒は『地球の歩き方』でした。少しですが、お手伝いができることをうれしく思っています。インスタグラムでも日々の情報を投稿していますので、ご覧ください。 DISQUS ID @disqus_87rCldAuEO

アントワープ特派員トップにもどる

その他のベルギーの特派員

アントワープを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

アントワープ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ベルギー > アントワープ特派員 > アントワープ1小さく、美しい小径【Vlaaikensgang】

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について