トップ > ヨーロッパ > ベルギー > アントワープ特派員 > アントワープ市民の憩いの公園【Riverenhof】

ベルギーベルギー/アントワープ特派員ブログ

アントワープ市民の憩いの公園【Riverenhof】

カテゴリー:自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2021年4月17日

DSC09981.jpeg

こんにちは。アントワープ特派員のマユミです。ベルギーでは新型コロナウイルスが蔓延しており、ワクチン接種も近隣諸国に比べると遅れているようです。飲食店は現在テイクアウェイのみの営業ですが、2021年5月8日からテラス席のみの開店を許可しました。さて、どうなりますか。
自由に旅行ができる日が戻ることを願いつつ、今日も情報を届けます。
今回は無料でいつでも利用できる市民の憩いの場、【Riverenhof】という大きな公園を紹介します。事態が収束したら訪れてみてください。

■ Riverenhof(リビエレンホフ)
DSC09966.jpeg

【Riverenhof】は、アントワープ州が所有及び管理する公園で、総面積130ヘクタール以上の広さはアントワープで最大となっています。場所はアントワープ 中央駅からトラムなどで15分程度のDeurneというエリアにあります。
実に多くの魅力を秘めた公園で、例えば、ジョギング、ウオーキングやサイクリングに最適な環境です。また、長年にわたってあらゆる種類のスポーツクラブの本拠地となっています。
野外劇場で音楽を楽しんだり、バラ園や、リビエレンホフ城で休息を取ることもできます。
全体の印象としては、とにかく広く、緑がいっぱい。季節の花を楽しんだり、古代の樹木に触れたり、大きな芝生もあります。子供向けにアトラクションも充実。平和とリラクゼーションを愛する老若男女に人気のスポットです。
イースター時期のいまは、なんと言っても水仙が鮮やかに咲き誇っています。

【Riverenhof】
・住所: Turnhoutsebaan 246, 2100 Deurne
・電話: 03 360 52 18
・URL: https://www.provincieantwerpen.be/aanbod/dvt/rivierenhof.html

■ Kasteel Rivierenhof(リビエレンホフ城)

DSC09999.jpeg

広い【Riverenhof】の中で、ひときわ象徴的な建物がリビエレンホフ城です。
通常はレストラン・カフェ、そしてセレモニーホールとして使われています。森の中にひっそりとたたずむお城で、水辺の景色を楽しみながらの食事......すてきでしょうね。
歴史をたどると、興味深い背景も見えてきました。お城を含む、公園全体は1618年から1773年まで、イエズス会が所有。1776年に公に売却されると、銀行家のJan Baptist Cogelsが購入、お城も近代的に建て直されました。2年後には西側にある Kasteel Sterckshofも購入。以後、彼の子息に引き継がれていきました。
1921年には、州書記官のJ. Schobbensの推進力により、アントワープ州に買収され、1923年以降、一般に公開されるようになりました。彼の功績をたたえて、J. Schobbensの胸像がお城の前、池の左側に設置されています。

【Kasteel Rivierenhof】
・住所: Turnhoutsebaan 244, 2100 Deurne
・電話: 03 324 2100
・営業時間: 毎日 10:00以降開店
・休業日: なし
・URL: https://kasteel-rivierenhof.be
*上記は通常時のデータです。現在新型コロナウイルス対策中につき、テイクアウェイのみ営業中。随時、公式ウェブサイトなどを確認してください

DSC00094.jpeg

【Riverenhof】ではさまざまなアクティビティ体験ができます。例えば、一番簡単で誰でもできるのが、ウオーキング。気ままに歩くのも楽しいですが、【Riverenhof】作成のパンフレットのおすすめコースに沿っても発見がありそうです。初心者向けの一般的な散歩コースから、例えば、樹木や花にフォーカスした学びながら歩けるコースもあります。気になるコースが見つかったら、地図付きのパンフレットをサイトからダウンロードするか、現地インフォメーションデスクでも入手できます。

DSC09977.jpeg
少し前は、桜もみられました。
写真は、満開時期が過ぎてしまった後なのですが、いかに豪華だったかを想像できるロケーション。来年は一番いい時期を狙おうと思います。

・URL: https://www.provincieantwerpen.be/aanbod/dvt/rivierenhof/wandelen-en-fietsen.html

 
■ デジタルマグノリアルート

DSC09997.jpeg

3月15日から始まったウオーキングコースを紹介します。
春先から夏に向かって咲くマグノリア(木蓮)のセレクションを巡るコースで、その数140以上、4.4kmの道のりです。
無料のアプリizi-TRAVELをダウンロードすれば可能。

色も種類もさまざまなマグノリアがそろそろ見頃を迎えます。
しかしながら、こんな大木のマグノリアって、日本では見たことがなく驚きました。

・URL: https://www.provincieantwerpen.be/aanbod/dvt/rivierenhof/collectietuinen/magnolia-s-rivierenhof.html

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

マユミ・スティーブンス さん

ベルギー・アントワープ特派員のマユミ・スティーブンス さんが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ベルギーベルギー/アントワープ特派員
名前:マユミ・スティーブンス さん

マユミ・スティーブンス さん

神奈川県出身。東京での仕事と並行して続けていた旅。滞在先は27ヵ国となりました。 最近はほとんどヨーロッパへ。大好きなポルトガルで転機が訪れ、縁あって現在はベルギーのアントワープで暮らしています。アントワープはさまざまな特徴を持った、魅力的な町。暮らしているからこその視点で情報をお伝えできればと思っています。 知っているつもりでいたヨーロッパは、南と北では大きく違うので、私自身も発見の毎日です。どこに旅に出るときも私の相棒は『地球の歩き方』でした。少しですが、お手伝いができることをうれしく思っています。インスタグラムでも日々の情報を投稿していますので、ご覧ください。 DISQUS ID @disqus_87rCldAuEO

アントワープ特派員トップにもどる

その他のベルギーの特派員

アントワープを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

アントワープ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ベルギー > アントワープ特派員 > アントワープ市民の憩いの公園【Riverenhof】

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について