トップ > ヨーロッパ > ベルギー > アントワープ特派員 > アントワープ、春先の恒例イベント【Chocolate&Pateekes Week】2

ベルギーベルギー/アントワープ特派員ブログ

アントワープ、春先の恒例イベント【Chocolate&Pateekes Week】2

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / ショッピング・雑貨・お土産 / 文化・芸術・美術 投稿日:2021年3月18日

DSC09984.jpeg

こんにちは。アントワープ特派員のマユミです。
まずベルギーの新型コロナウイルスの状況です。感染率などの数値の変動が平坦から上昇に変わりつつあります。再び蔓延、終わりの見えない状況が続いています。
さて、そんな状況下でも実施されていますAntwerpen Koekenstadのイベント、メインの【Chocolate&Pateekes Week】は前回ブログで取り上げた通り、2021年3月14日で終了しましたが、Antwerpen Koekenstadの展示会は3月27日まで開催中です。購入したクーポンに入場券や小さなおみやげの引換え券もついているので利用しましょう。
前回の補足情報になりますが、新型コロナウイルスが収束したらぜひトライしてみてくださいね。


■EXPO KOEKJES UIT ANTWERPEN

DSC09986.jpeg

アントワープのお菓子の歴史、象徴的なお菓子であるAntwerpen HandjeとMelo cakesのディテールに迫る展示会です。場所はこれまた象徴的なStads-feesrzaalという美しいショッピングビルで行われています。Stads-feesrzaalは、アントワープ中央駅界隈で1番のショッピング通りMeirの入口にあり、中世の建物と内側の天井やドームの美しさもあって、たびたびメディアにも登場する場所です。
【Chocolate&Pateekes Week】のクーポンの残りが半券になっていて、これを使って入場できます。この展示会だけを見たい場合は、入場料€5で可能です。
また、展示会のチケットの両脇についているチケットで引換えられるおみやげつき。写真のMilka社のMelo cakes とポストカードです。

【EXPO KOEKJES UIT ANTWERPEN】
・住所: Stadsfeestzaal, Meir 78,2000 Antwerpen
・会期: 3月5日~27日(2021年度)
・営業時間: 火~土曜 12:00~17:00
・休業日: 月・日曜
・URL: https://www.antwerpenkoekenstad.be/expo/

■ Melo cakes
DSC09989.jpeg

DSC00004.jpeg

展示会場は1階と2階に分かれていて、まずは1階のMelo cakesから見ていきます。Melo cakesはクッキーを土台に、マシュマロをのせ、さらにチョコレートでコーティングしたお菓子。どこのスイーツショップにもある定番のお菓子です。
その昔、チョコレートビスケットと呼ばれていたジャンルで、1900年のカナダで作られた"Empire"が始まりです。ベルギーでは1930年代にBeukelaer社がヨーロッパで初めて"Melo cakes"の名前で販売を始めました。Melo cakesの歴史とともに、アントワープを代表する製菓会社Beukelaer、Jesper Biscuitsほかのことを知ることができます。また、Manus製作のメガMelo cakeも現物が見られます。
なお、今回の展示会内の掲載にあたり、Antwerpen Koekenstadに許可を取っています。

 
■ Antwerpen Handje 

DSC00035.jpeg  
DSC00019.jpeg  

レトロなチョコレートの包み紙のデザインなどを見ながら、2階に移動します。
Antwerpen Handjeとは、直訳するとアントワープの手。アントワープと縁の深い手をモチーフにしたクッキーやチョコレートなどを指します。
アントワープ(=アントウェルペン)という地名の元になった伝説がいくつかありますが、最も有力なのがブラボーの伝説。スヘルデ川で乱暴をはたらく巨人を青年ブラボーが退治して、その手を切り取ってスヘルデ川に投げ込んだそう。オランダ語で「手(ant)を投げる(werpen)」という言葉がなまってアントウェルペンとなった言われています。この伝説について、またAntwerpen Handjeのクッキー、チョコレートの変遷などが展示で見られます。レトロなデザインがかわいいです。Geert Bossuyt 製作、A3用紙の大きさのGi- Handも展示されています。
 
■ Ontwerpwedstrijd 

毎年行われているこのイベントのもうひとつのお楽しみ、デザインコンペがあります。
アントワープとつながりの深い、Handje(手)のデザインを募集、入賞者には賞金、商品が授与されます。最も美しいデザインはアントワープのストリート展示会他で展示されるそうです。夢がありますね。2014年以降、160以上の作品がエントリー、外国人部門もあるそうです。
 
DSC00014.jpeg  
ほんの一部ですが、過去の作品がたくさん展示されています。
(作品クレジットは上段左から右、下段左から右の順に記載しています)
©︎Sarah Adriaenssens ©︎TRIK ©︎Merel Eyckerman ©︎Astrid Yskout
©︎Vincent Rif ©︎Serge Heuschen ©︎Philippe De Kammeter

 
残念ながら今年は新型コロナウイルスの影響もあり、コンペは中止されました。次回の再開を願って、案内は残されていますので参考までに。

・URL: https://www.antwerpenkoekenstad.be/antwerpse-handjes/

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

マユミ・スティーブンス さん

ベルギー・アントワープ特派員のマユミ・スティーブンス さんが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ベルギーベルギー/アントワープ特派員
名前:マユミ・スティーブンス さん

マユミ・スティーブンス さん

神奈川県出身。東京での仕事と並行して続けていた旅。滞在先は27ヵ国となりました。 最近はほとんどヨーロッパへ。大好きなポルトガルで転機が訪れ、縁あって現在はベルギーのアントワープで暮らしています。アントワープはさまざまな特徴を持った、魅力的な町。暮らしているからこその視点で情報をお伝えできればと思っています。 知っているつもりでいたヨーロッパは、南と北では大きく違うので、私自身も発見の毎日です。どこに旅に出るときも私の相棒は『地球の歩き方』でした。少しですが、お手伝いができることをうれしく思っています。インスタグラムでも日々の情報を投稿していますので、ご覧ください。 DISQUS ID @disqus_87rCldAuEO

アントワープ特派員トップにもどる

その他のベルギーの特派員

アントワープを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

アントワープ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ベルギー > アントワープ特派員 > アントワープ、春先の恒例イベント【Chocolate&Pateekes Week】2

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について