トップ > ヨーロッパ > ベルギー > アントワープ特派員 > 水辺の街アントワープの【絶景夕日スポット4選】

ベルギーベルギー/アントワープ特派員ブログ

水辺の街アントワープの【絶景夕日スポット4選】

カテゴリー:自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2021年1月14日

c5a36eee-c897-4680-9fe0-0362b7037c7d.jpeg

こんにちは。アントワープ特派員のマユミです。
アントープは港町で、スヘルデ川を中心に港、水門、ドックなどが多数点在しています。
一方でその川辺の景色、特に夕景はいつまでも眺めていたいほど魅力的です。
ベルギーでは新型コロナウイルスが蔓延しており、ロックダウンも継続中です。
事態が収束したら訪れてほしいおすすめの場所、今回は絶景夕日スポット4選をご紹介します。

 
■ステーン広場(Steenplein)
アントワープ観光の中心部、大聖堂や市庁舎を抜けて、スヘルデ川へ向かうと、ステーン広場に出ます。
ここは、年末にはクリスマスマーケットが広がり、カウントダウンの花火が上がったりといつも人の集まる場所です。水上バスや観光フェリーの乗り場もあります。イベントのない時も、地元の人も観光客もそぞろ歩く人気の散歩コースになっています。
ステーン広場はとても広いのですが、川に向かって左側に進むと高台から川辺を眺める形になります。Godin Minerva(女神ミネルヴァ)の像がむかえてくれ、ゆったりとした川の流れとともに、夕景を楽しめます。

DSC06619.jpeg

DSC06621.jpeg

【Steenplein】
・住所:Steenplein 21, 2000 Antwerpen
・URL:https://www.visitantwerpen.be/en/het-steen-en


■ MAS
MASはかつてアントワープ港だった再開発地区"アイランチェ"に、2011年に建てられた美術館です。美術館自体は有料ですが、屋上までのエスカレーターは無料。ここからはアントワープ市内を一望できます。中でも夕暮れ時の美しさは秀逸です。夏のある日、ビールとシート持参でサンセット待ちしている若者を見かけました。なかなかいいアイデアだと感心。そんな楽しみ方もおすすめです。
本来なら夜22時まで屋上は開放されているのですが、現在はコロナウイルス対策中。美術館への来訪者のみが利用できます。

IMG_0437.jpeg

【MAS】
・住所:Hanzestedenplaats 1, 2000 Antwerpen
・営業時間:10:00-17:00
*現在新型コロナウイルス対策中。予約制で、予期せぬ変更もありそうですので、公式ウエブサイト等を確認してください。
・定休日:毎週月曜日、1/1、5/1、11/1、12/25
・URL:https://www.mas.be/en/page/boulevard-and-panorama
・URL(コロナウイルス対策、チケットについて):https://www.mas.be/en/coronavirus


■スヘルデ川沿いラァインカーイ通り(Rijnkaai)
MASからも見えるエリアですが、スヘルデ川沿いのお散歩コース。
実際には川沿いの眺めのいいレストランやカフェ、クラブなどが並ぶ場所で、大きなクレーンが連立している景色からも港町を感じられます。
大きな夕焼け空を堪能できるスポットです。

IMG_0017.jpeg 48EF30EB-484E-4D69-A7F3-4760AC41B583.jpeg 531D0396-F4DB-47D9-98A4-ED3BFF219514.jpeg

【Rijnkaai】
・住所:Rijnkaai 94-150, 2000 Antwerpen


■ドルオーフドッケン公園(Droogdokkenpark)
スヘルデ川沿いを更に北上して行くと、近年整備された気持ちの良い公園があります。
芝生と木々、木製の仰向けになれる椅子があちこちに置かれ、太陽を楽しむベルギー人がたくさん。
夕方まで粘ると素晴らしいサンセットが見られます。
また、ステーン広場方面も遠くに見ることができます。
季節によって、夕日の沈む位置も時間も変わりますが、川面に映るサンセットが見られたらラッキーです。

IMG_7887.jpeg IMG_7885.jpeg

【Droogdokkenpark】
・住所:Eilandje, 2030 Antwerpen

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

マユミ・スティーブンス さん

ベルギー・アントワープ特派員のマユミ・スティーブンス さんが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ベルギーベルギー/アントワープ特派員
名前:マユミ・スティーブンス さん

マユミ・スティーブンス さん

神奈川県出身。東京での仕事と並行して続けていた旅。滞在先は27ヵ国となりました。 最近はほとんどヨーロッパへ。大好きなポルトガルで転機が訪れ、縁あって現在はベルギーのアントワープで暮らしています。アントワープはさまざまな特徴を持った、魅力的な町。暮らしているからこその視点で情報をお伝えできればと思っています。 知っているつもりでいたヨーロッパは、南と北では大きく違うので、私自身も発見の毎日です。どこに旅に出るときも私の相棒は『地球の歩き方』でした。少しですが、お手伝いができることをうれしく思っています。インスタグラムでも日々の情報を投稿していますので、ご覧ください。 DISQUS ID @disqus_87rCldAuEO

アントワープ特派員トップにもどる

その他のベルギーの特派員

アントワープを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

アントワープ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ベルギー > アントワープ特派員 > 水辺の街アントワープの【絶景夕日スポット4選】

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について