トップ > ヨーロッパ > ベルギー > アントワープ特派員 > 世界で最も美しい駅 アントワープ中央駅

ベルギーベルギー/アントワープ特派員ブログ

世界で最も美しい駅 アントワープ中央駅

カテゴリー:レストラン・料理・食材 / 交通・鉄道・航空 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2020年12月18日

a.jpeg
はじめまして。
ベルギーのアントワープ特派員、マユミ・スティーブンスです。
ブログを通じて、旅好きの皆さんの参考になるような発信をしていきます。
ベルギーでは新型コロナウイルスが猛威をふるっています。
2020年11月2日から6週間はロックダウンが決行されています。
事態が収束したら訪れてほしいおすすめの場所、初回はアントワープの顔、"アントワープ中央駅"を紹介します。


■アントワープ中央駅 ドーム正面と駅舎

b.jpeg
アントワープはさまざまな特色のある都市で、何から紹介すべきか迷いました。
ですが、日本からのほとんどの旅行者が最初に訪れ、アントワープの顔でシンボルでもある中央駅が初回にふさわしいと思いました。
駅舎は地下・地上2階の4階建構造になっており、国際列車のホームは地下になります。
地上出口に向かうとき、できればエスカレーターを利用することをおすすめします。
旅先でのワクワク感を増長するように、だんだんと近づき、見上げるドームは息をのむ美しさです。
「世界で最も美しい駅ランキング」に常に選ばれてきた豪華な駅舎は高揚する旅心をさらに掻き立ててくれます。
正面に見えるドームはLouis Delacenserieの設計です。
ドームの真下、エスカレーターを降りた地上階(0階)正面には「i」の表示の観光案内所があります。
c.jpeg
そして、同じ階の駅舎中央にも通路があり、そこからは駅舎内部全体が眺められます。
鉄筋とガラスで作られた、壮大かつ機能美あふれる駅舎は Clement van Bogaertの作品。
そして高架橋は Jan van Asperen によって設計された注目すべき建造物となっています。

■観光案内所(アントワープ中央駅)
・住所: Koningin Astridplein 27 2018 Antwerpen
・営業時間: 9:00〜17:00
・定休日: 12月25日、1月1日
・URL: https://www.visitantwerpen.be/en/home
*コロナウイルス対策中につき、2020年12月13日まで閉鎖中です。随時、公式ウェブサイトなどを確認してください


■アントワープ中央駅 ドーム内側

d.jpeg
地下から地上階へ。
見上げていたドームをくぐるような形で直進すると、ドームの内側のホールに出ます。
日本式に言うと、待ち合わせ広場でしょうか。
チケットセンターや窓口もここにあります。
そして振り返ると、先ほどまで見ていた正面ドームの裏側(内側)にいることがわかります。
e.jpeg
ドームはローマのパンテオンを参考にして作られたそうですが、ホールの中央に立って回転しながら全方位を見渡すと、なるほど納得できます。
荘厳な石造りの建物はヨーロッパらしさを十分に感じさせてくれます。
私は中央駅近くに行くと、用はなくても必ず寄ることにしています。
その日の季節や天気、日差し、気温、あらゆる要素が駅舎に変化をもたらし、さまざまな表情を見せてくれるからです。
特に、ガラス越しの柔らかな日差しと、重厚な建築のコントラストはすばらしいです。
駅舎1階に向かう美しい階段は、撮影場所としても人気があります。


■アントワープ中央駅 外観

f.jpeg
アントワープ中央駅は、内側だけでなく、外観もすばらしいたたずまいです。
いまの駅舎の建設は1895年に着工、1905年に完成しました。
意外と知られていないのですが、ヨーロッパ(大陸)で最初に鉄道を走らせたのは、ベルギーなのです。
1835年のブリュッセル からアントワープへの列車が最初だそうです。
オランダ語でSpoorwegkathedraal (鉄道大聖堂)とも呼ばれるこの駅、外観からもうなずけます。
大きな教会のようなこの駅は、少し離れた場所からもよく見えます。
まさに町のシンボルです。
アントワープ中央駅は"世界で最も美しい駅"のひとつとされ、2009年にはアメリカの雑誌『ニューズウィーク』は、"世界で4番目に美しい駅"に選定しました。
駅北側(上の写真)には、すぐ隣に動物園や劇場があります。
g.jpeg
公園やロータリー、トラムやバスの乗り場があります。
駅西側(上の写真)を出るとすぐに、レストラン・ショッピング街となっています。
タクシー乗り場もこちら側です。


■Brasserie restaurant Le Royal café

h.jpeg
地上1階(日本の2階)、ドーム正面を見て、左側に併設されたカフェ。
「Royal」の名がつくだけあって、ゆったりと気持ちのいい時間が過ごせます。
突き抜けるような天井の高さ、室内装飾のすばらしさ。
フードメニューはそれほど多くないですが、おいしいです。
i.jpeg
さぞかし高いのでは?と思っていましたが、一般のカフェと変わりません。
場所柄、列車が来るまでの時間潰しで寄る方も多いと思いますが、それではもったいない。
余裕を持って、この雰囲気を十分に楽しんでいただきたい、とっておきのカフェです。

■ Brasserie restaurant Le Royal café
・場所: アントワープ中央駅内1階
・営業時間: 8:00〜20:00
・URL: https://www.brasserieroyal.be/?fbclid=IwAR0PYmCAEE3coB0qtTypuRJaf-H3Yem8HkSN3ZnUAoscaDuilutgvfyy8t8
*コロナウイルス対策中につき、2020年12月13日までテイクアウトのみの営業です。随時、公式ウェブサイトなどを確認してください

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

マユミ・スティーブンス さん

ベルギー・アントワープ特派員のマユミ・スティーブンス さんが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ベルギーベルギー/アントワープ特派員
名前:マユミ・スティーブンス さん

マユミ・スティーブンス さん

神奈川県出身。東京での仕事と並行して続けていた旅。滞在先は27ヵ国となりました。 最近はほとんどヨーロッパへ。大好きなポルトガルで転機が訪れ、縁あって現在はベルギーのアントワープで暮らしています。アントワープはさまざまな特徴を持った、魅力的な町。暮らしているからこその視点で情報をお伝えできればと思っています。 知っているつもりでいたヨーロッパは、南と北では大きく違うので、私自身も発見の毎日です。どこに旅に出るときも私の相棒は『地球の歩き方』でした。少しですが、お手伝いができることをうれしく思っています。インスタグラムでも日々の情報を投稿していますので、ご覧ください。 DISQUS ID @disqus_87rCldAuEO

アントワープ特派員トップにもどる

その他のベルギーの特派員

アントワープを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

アントワープ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ベルギー > アントワープ特派員 > 世界で最も美しい駅 アントワープ中央駅

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について