トップ > ヨーロッパ > フランス > アヌシー特派員 > 今に続く歴史... パレ・ド・リル博物館

フランスフランス/アヌシー特派員ブログ

今に続く歴史... パレ・ド・リル博物館

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2015年6月13日

DSC06412 (800x590).jpg

今に続く歴史...パレ・ド・リル博物館

アヌシーで一番たくさん写真に撮られるのは、
パレ・ド・リル《Palais de l'ile》だそうです。
湖から流れ込む透明な運河にはさまれた石造りの要塞のような建物は、
昼も夜も、夏も冬も、その時々の美しさを見せてくれるように思えます。

DSC06410 (800x589).jpg


そのパレ・ド・リル博物館での展示についてご紹介します。

《18世紀から19世紀にかけて、美しく、発展する》
3月19日から10月26日まで
6月から9月は、10時30分から18時まで、毎日オープン。
大人3,8ユーロ
シャトー(アヌシー城)見学の入場券は5,2ユーロですから
48時間有効な共通券7,2ユーロをお買いになるとお得です。
ぜひ2ヶ所いらっしゃる時はご利用ください。

今の町並みができあがったのが、
だいたい18世紀から19世紀にかけてだったことをテーマに、
町の成り立ち、コンセプト、などから、
今も残っている歴史的建物の特徴と都市計画について説明しています。


町は、どうしてできるのか。

そんな質問から、18世紀から19世紀にかけての社会、産業、生活と関連づけて、
フランス革命(1789)などの歴史的できごとの影響を受けながら、
町が変化していくのが理解できます。
展示されている資料や、絵画、写真から、
アヌシーについて、もっと知リたい方へお勧めです。

DSC06408 (600x800).jpg


もちろん、パレ・ド・リルの建物内部をゆっくりご覧になるのも忘れないで下さいね。
牢獄だった名残り、石造りの階段、台所など、中世の面影を探してみてください。
日本語の案内をご希望なさる方は、有料になりますが、
アヌシー・インターナショナル へお問い合わせください。
ご質問はこちらへ
それでは、また!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

内田 陽子

フランス・アヌシー特派員の内田 陽子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/アヌシー特派員
名前:内田 陽子

内田 陽子

自然に恵まれたこの地方を楽しみながら、暮らし始めてもう18年になります。アヌシーにいらした方の旅が思い出深いものになるような情報を、アヌシーのガイドとして発信できたらと思っています。小さいけれど魅力あふれるアヌシーの町とオート・サヴォア県の自然の中で出会うことを書いていきます。どうぞ一緒に楽しんでください。こんなことが知りたいという質問もお待ちしています。 DISQUS ID @disqus_hxBzfggZoM

アヌシー特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

アヌシーを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

アヌシー特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > アヌシー特派員 > 今に続く歴史... パレ・ド・リル博物館

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について