トップ > ヨーロッパ > フランス > アヌシー特派員 > 寒い日にはタルティフレット(Tartiflette)を作りましょう。

フランスフランス/アヌシー特派員ブログ

寒い日にはタルティフレット(Tartiflette)を作りましょう。

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2013年11月11日

Tartiflette (1024x768).jpg


寒い日はタルティフレット(Tartiflette)が食べたくなりますね。

昨日は標高1800m以上に雪が降りました。
アヌシー湖に映るラ・トゥルネット(La Tournette)2357mも上の方は雪で真白です。
10月最後の週末に冬時間になり、今の時期は午後5時には薄暗くなり始めます。
日照時間が一挙に短くなるので、日光不足うつ病に注意!と、よく言われていて、
ビタミンDを摂取したり、天気のいい日にはゆっくり日光浴のための散歩をする人で
湖岸の散歩道はにぎわうはずなのですが、今年は雨降りが多くて、なかなかできません。
アヌシーの町は秋らしいカラフルな菊の花で飾られています。

寒い夜になると、カロリーオーバーも気にせず食べるのが、
サヴォア名物料理 タルティフレット (Tartiflette)です。
旧市街のチーズ専門レストランや、サヴォア料理店のメニューには必ずあります。
アヌシーにいらして、召し上がった方も多いでしょうね。

レストランではもちろんですが、自分で作ってもおいしいので、今日はレシピを!
人それぞれ、自分流の作り方があるようで、ワインを入れる人、入れない人がいたり、
クリームの量もいろいろです。どうぞ、ご自分の好きな味を探してみてくださいね。

Charcuterie (1024x429).jpg


熱々のタルティフレットには、シャルキュトリー(Charcuterie)ハムやソーセージなどの豚肉製品と、サラダを一緒に食べます。
サヴォア地方のスモーク生ハム(Jambon de Savoie fumé)もお忘れなく。

作り方は次の動画 をご覧ください。
数年前に友人と一緒に作った「タルティフレットの作り方、日本語バージョン」です。
https://www.youtube.com/watch?v=_mATHrsnBlc

ラルドン(ベーコンでもいい)、じゃがいも(形のくずれないタイプのもの)、たまねぎ、
白ワイン、生クリーム、牛乳、ロブロッションチーズ。
おいしく作るコツは、じゃがいもが柔らかくなるまでよく煮ること、
チーズは溶けるのが早いので焦がさないように注意してくださいね。
チーズの切り方もいろいろ試してください。
水平に半分に切って、表面のカビをナイフでこそげとって、皮をカリッと焼くのも美味しいですよ。

それでは ボンナペティ!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

内田 陽子

フランス・アヌシー特派員の内田 陽子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/アヌシー特派員
名前:内田 陽子

内田 陽子

自然に恵まれたこの地方を楽しみながら、暮らし始めてもう18年になります。アヌシーにいらした方の旅が思い出深いものになるような情報を、アヌシーのガイドとして発信できたらと思っています。小さいけれど魅力あふれるアヌシーの町とオート・サヴォア県の自然の中で出会うことを書いていきます。どうぞ一緒に楽しんでください。こんなことが知りたいという質問もお待ちしています。 DISQUS ID @disqus_hxBzfggZoM

アヌシー特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

アヌシーを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

アヌシー特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > アヌシー特派員 > 寒い日にはタルティフレット(Tartiflette)を作りましょう。

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について