トップ > ヨーロッパ > フランス > アヌシー特派員 > パラグライダー体験!

フランスフランス/アヌシー特派員ブログ

パラグライダー体験!

カテゴリー:スポーツ・観戦 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2011年9月 9日

夏の間に体験してみたかったパラグライダー。遅ればせながらやってみました。

まずはお店探し。アヌシー湖の周辺にいくつかあります(主な連絡先は記事の最後)。飛びたい日の3日から1週間ほど前までに予約をしておく必要があります。当日の天候や風向きなどを見て、予定通り飛べそうか事前に連絡があります。

この日は午後1時45分に集合がかかりました。受付を済ませて、山頂まで連れて行ってくれるバスを待ちます。バスに乗って20分ほどでフォルクラ山頂Le Col de la Forclazの離陸ポイントに到着。ポイントではテイクオフを待つ人々が20-30名人ほど。私のようにタンデムで体験飛行らしい人々が半分くらい。やはり少々緊張した雰囲気があり、初飛行を前に気も引き締まります。お天気は快晴とはいかなかったけど、楽しく飛べればいいなあ。。。


まずギアの装着。ヘルメットを着け、タンデム用のシートを背中からしょって肩と足の周りにベルトを通します。出発の順番を見計らって整備されたプラットフォームの真ん中に進み出、パラ部分が広げられます。パラの部分がうまく風を取り込むタイミングを見ながら、インストラクターが後ろから指示します。「走って!」と言われたら走る!プラットフォームも越え、ほぼ絶壁みたいな斜面に差し掛かっても、「もっと走って!!!」と言われ、「ちょっと急なんですけど、、」と思った瞬間、体がぐんと持ち上がりました。


helmet.JPG
タンデム用ギアとサヴォアっぽいウシ柄ヘルメットで緊張気味の心もちょっと一息。

地上1200メートルからみたアヌシー湖は、いつも地上で見るやさしい雰囲気とは違って、周囲に山が迫り、体の彫りが深くて山の中に息をひそめた静かな生き物のようでした。海洋でのダイビングもそうですが、同じ場所で飛んでも条件や状況は常に違います。見慣れたはずの景色に新たな感覚や表情を発見しながら、こうして皆とりこになっていくのだろうなあ、と思いました。

lac1.jpgアヌシー湖を鳥瞰。

その飛行も30分ほどで終了。無事に着地した後はお店までバスでもどり、ちゃんと証書ももらいました。飛行中、インストラクターが写真やビデオを撮影してくれました。飛行終了後に、20ユーロ追加で払うと全部CDに焼いてくれます。CDに焼付けが終わるのを待って、アヌシー湖をいつもどおり横に見ながら帰途に着きました。またもっとお天気の良い日に飛んでみたいです。


レジャーとはいえ、やはりスポーツに事故はつき物。離陸に失敗した負傷者を救助するためのヘリコプターがやってきていました。皆さんくれぐれも安全飛行を!!
helicopter.jpg

================
パラグライダー体験飛行
アヌシー観光局の公式サイトで「Sports&Leisure」のページから「Aerial Sports」「Paragriding」を選択すると、いくつかスクールやお店が出てきます(こちら を見てください)。
日本からのパラグライダー・チームを受け入れているロゼック優子 さんも連絡すればすぐインストラクターを紹介してくれます。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

西岡 佐知子

フランス・旧アヌシー特派員の西岡 佐知子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/旧アヌシー特派員
名前:西岡 佐知子

西岡 佐知子

昨年よりフランス在住。途上国における開発協力を仕事とし、オランダで開発学修士を取得した後、アフリカやアジアに滞在。滞在先で出会ったフランス人の夫のジュネーブ転勤に伴ってスイス国境沿いのオート・サヴォアに転居してきた。アルプスの見える家に住み、自然に囲まれたフランスの田舎暮らしに適応中の日々。都会とはまた違ったナチュラルなフランス南東部の魅力を紹介していく。

アヌシー特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

アヌシーを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

アヌシー特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > アヌシー特派員 > パラグライダー体験!

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について