トップ > ヨーロッパ > フランス > アヌシー特派員 > 春の野草でスープを作る

フランスフランス/アヌシー特派員ブログ

春の野草でスープを作る

カテゴリー:レストラン・料理・食材 / 生活・習慣・マナー 投稿日:2011年4月 6日

ここのところ、一日中太陽が出る日は日中の気温が25度近くなることもあります。樹木にも少しずつ新緑が見え始め、近所の牧場では生まれたばかりの子牛が草を食み、春の訪れを感じます。

この時期にたくさん生えてくるのがイラクサ。フランス語ではオーティ(Ortie)と呼ばれ、表面がとげで覆われていて、不用意に触ると刺されて痛いだけでなく、いつまでもかゆみが残ったりしてよく知らなかった頃は何度も泣かされました。とはいえ、若いオーティは腸や消化器官、泌尿器官などの働きを整える薬草としての効能があり、私は毎年この時期にオーティのハーブ・ティーを作っています。

ortis.JPGこちらがオーティ。

そして、スープにもできるという話を義理の母からも聞き、作ってみました。日本語でも「イラクサのスープ」で検索すると結構出てきます。皆さん各地で実践されてるんですね。

摘んだばかりの若いイラクサと、1センチの賽の目に切ったジャガイモと玉ねぎに水をいれ、鍋で煮込んで、ジャガイモが十分柔らかくなったら、煮えた材料をすり潰して(後ほど説明)、必要であれば残りのスープも加え、塩コショウで味を整えてできあがり。棘は加熱した時点でなくなってしまうらしく、味もすっきりした感じでおいしくいただきました。レシピはいろいろありますが、固形スープなどを使わなくても野菜の味で十分おいしくなります。


フランスで食されるスープは日本のスープよりも「もったり」したペースト状で、飲むと言うよりも食べる、という感覚です。「今日はお昼食べすぎたから夕食はスープだけ」ということもしばしば。煮込んだ野菜をペースト状にするには、もちろんミキサーでもできますが、フランスでスープ作りには欠かせない調理器具がムラン・ア・レギュムMoulin à légume(野菜用回転こし機、とでも言うのか、、)。手でハンドル部分を回しながら野菜をすり潰していきます。当初義理の母がこれでスープを作っているのを見た時は、「ミキサーでやればいいんじゃないの~」と思ってましたが、最近よくスープを作るようになってムランの使いやすさに納得。煮えたままの野菜を素早くスープにしてくれます。イラクサの他にもメインの野菜を変えていろんなスープができます。

moulin.JPG野菜スープ作りに欠かせないムラン・ア・レギュム。


皆さんも春の野菜や野草で新鮮スープを作ってみませんか?

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

西岡 佐知子

フランス・旧アヌシー特派員の西岡 佐知子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/旧アヌシー特派員
名前:西岡 佐知子

西岡 佐知子

昨年よりフランス在住。途上国における開発協力を仕事とし、オランダで開発学修士を取得した後、アフリカやアジアに滞在。滞在先で出会ったフランス人の夫のジュネーブ転勤に伴ってスイス国境沿いのオート・サヴォアに転居してきた。アルプスの見える家に住み、自然に囲まれたフランスの田舎暮らしに適応中の日々。都会とはまた違ったナチュラルなフランス南東部の魅力を紹介していく。

アヌシー特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

アヌシーを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

アヌシー特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > アヌシー特派員 > 春の野草でスープを作る

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について