トップ > ヨーロッパ > フランス > アヌシー特派員 > サヴォア地方の伝統工芸 サヴォイヤード陶芸

フランスフランス/アヌシー特派員ブログ

サヴォア地方の伝統工芸 サヴォイヤード陶芸

カテゴリー:文化・芸術・美術 投稿日:2009年6月27日

フランスの陶器と言えば、ジアンGianなどが知られていますが、今回はサヴォア地方に伝統工芸の一つとして残っているサヴォイヤード陶芸をご紹介します。

サヴォイヤード陶芸の特徴は、サヴォア地方の動植物が模様に描かれていて、大きなミルク・ピッチャーなどサヴォア地方の生活に欠かせない器物が多く作られている点です(サヴォア地方は酪農が盛ん)。色使いは決して派手ではありませんが、この地方の山に咲く植物、山に住む鳥やうさぎ、鹿、牛、てんとう虫まで、生き生きと描かれています。

サヴォイヤード陶芸は12世紀に端を発するということですが、現在も創作を続けているのは、3家族のみとなっています。そのうちの一つがオート・サヴォアHaute-Savoie県のエヴィエルÉviersにあるエルマンHermann家。アトリエと窯(及び博物館)があり、窯は予約のみで開館してくれます。

アトリエは、オート・サヴォアHaute-Savoieの県庁所在地アヌシーAnnecyから北に20kmほど離れた郊外にあり、アクセスとしては車で行くのが最も便利です。人里離れた場所にありますが、国道203号線沿いのpoterieという表示に従っていくと5分ほどで到着します。

お値段は、エッグ・スダンドなど小さなもので5−6ユーロから。お土産などにも喜ばれるのではないでしょうか。

IMGP3213.JPG
アトリエの様子。

IMGP3214.JPG
鳥をあしらった蓋杯。

IMGP3217.JPG
牧場を楽しむ牛たちの絵柄。

IMGP3225.JPG
我が家用に買ったお菓子皿。直径13.5センチ。

================================
Jean-Christophe Hermann et fils (ジャン=クリストフ・エルマンと息子達)
住所:Rue de la Côte, 74570 Éviers
Tel 及びFax:+33-(0)4-50620190
ウェブサイト:www.sav.org/eviers.html (仏語のみ)
博物館入場料:一人4ユーロ(10名以上の団体の場合は一人3ユーロ、12歳以下は無料)
交通:アヌシーより車で約20分(国道203号線)、ジュネーブ国際空港より高速(A41号線、出口19番La Roche sur Foron)及び国道(203号線アヌシー方面)を使って約40分。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

西岡 佐知子

フランス・旧アヌシー特派員の西岡 佐知子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/旧アヌシー特派員
名前:西岡 佐知子

西岡 佐知子

昨年よりフランス在住。途上国における開発協力を仕事とし、オランダで開発学修士を取得した後、アフリカやアジアに滞在。滞在先で出会ったフランス人の夫のジュネーブ転勤に伴ってスイス国境沿いのオート・サヴォアに転居してきた。アルプスの見える家に住み、自然に囲まれたフランスの田舎暮らしに適応中の日々。都会とはまた違ったナチュラルなフランス南東部の魅力を紹介していく。

アヌシー特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

アヌシーを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

アヌシー特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > アヌシー特派員 > サヴォア地方の伝統工芸 サヴォイヤード陶芸

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について