トップ > ヨーロッパ > イタリア > アンコーナ特派員 > No.172 行きたかった私の近くで話題のカンティーナ COCCIさんへ

イタリアイタリア/アンコーナ特派員ブログ

No.172 行きたかった私の近くで話題のカンティーナ COCCIさんへ

カテゴリー:文化・芸術・美術 投稿日:2021年6月 8日

皆さん、おはようございます。
2021年6月7日の月曜日から自宅への帰宅時間が夜中の0時までと延長されました。
現在、飲食業で接客をしている私にとっては、私自身の帰宅時間も自動的に延長となり、なかなかシビアな毎日になりそうです。
イタリアでは基本的にお客様を追い立てたりしないんですよね。
好きな時間までゆっくりしていただく......。ですので、食べ終わってもずっとおしゃべりをする人の多いコト。
文化の違いです。

さて、ワイン関係の仕事をしていて、最近出会う方々か「このカンティーナいいよ!」と言われていたAzienda Agricola SOCCIさんに先日うかがってきました。

Verdicchio というマルケ州、イタリアを代表する白ブドウを栽培し、かなりユニークなワイン造りを手がけるSOCCI社はわずか2ヘクタールの土地で年間3万本弱のワインを作り出すカンティーナなのです。
最近、定年を迎えてお父さんが、仕事の傍らにやっていたワイン造りを、Marikaという長女さんが特にPRを受け持つようになって、注目を浴びるようになりました。

彼らのカンティーナはアンコーナ県のCastelplanio とうVerdicchio dei castelli di Jesi を生み出すエリアにあります。
東はアドリア海が望め、西にはアッペンニーニ山脈が横たわるエリア。
この写真は南西方面を望んでおり、シッビリーニ山脈が見えています。

20210508_170859.jpg

20210508_174344.jpg

そりゃこんなところでワインを造ったらおいしかろう......
下に見えるのはCastelplanioの町並みで、海抜は300m程度のところに畑があります。

20210508_174204.jpg

「はっきり言って、ぶどうの畑での土の違いとかはあまり気にしていなくて、醸造方法にそれぞれ特徴を持たしているんだよ」と、いつも聞くカンティーナの方の言葉とはまったく違う言葉をいただき驚き。
だいたい皆さん、ワインは畑仕事ですべてが決まる!とおっしゃるのに。
確かに、独特の樽を使っていたり、木樽を使ったり、野生酵母を遣ったり、といろいろとおもしろい作り方をして、個性のあるVerdicchioワインたちでした。
右側のスプマンテのエチケットに使われているのは奥様の目元の写真らしいです......
怖くて購入しませんでしたけど。


20210508_154502.jpg

5月中旬ということもあり、ぶどうの新芽が出たところ!20210508_145524.jpg

自分たちが口にい入れるものをイチから作っている状態を目で見て確かめられる。
また、生産者さんと直接話ができるという環境は、すごく恵まれた状況にあるんだろうなぁ......と今更ながら実感しました。
いまやインターネットもあり、ウェブサイトも見られますし、ウェブで電話もできたりしますが、やっぱりその地で空気を吸って、実際に目で見るということって大切ですものね。

また私の大好きなカンティーナがひとつ増えてしまいました!

では皆さん今日もよい一日を。

Buona giornata,

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

丹羽 淳子

イタリア・アンコーナ特派員の丹羽 淳子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

イタリアイタリア/アンコーナ特派員
名前:丹羽 淳子

丹羽 淳子

イタリアのAISワインソムリエ資格を取得したことをきっかけに、2015年よりイタリア マルケ州に移り、伊人パートナーとの生活を開始しました。現在は数社のイタリア企業から依頼を受けワインや蜂蜜を日本に紹介するエージェント業や、日本からのお客様のアテンドや翻訳業務などを行っています。InstagramFacebookでも情報を配信しています。質問やご相談はお気軽にこちらまでどうぞ。 DISQUS ID @disqus_44jkIAWfDx

アンコーナ特派員トップにもどる

その他のイタリアの特派員

アンコーナを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

アンコーナ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > イタリア > アンコーナ特派員 > No.172 行きたかった私の近くで話題のカンティーナ COCCIさんへ

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について