トップ > ヨーロッパ > イタリア > アンコーナ特派員 > No.161 とれたてでフレッシュなアドリア海の魚たち

イタリアイタリア/アンコーナ特派員ブログ

No.161 とれたてでフレッシュなアドリア海の魚たち

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2021年4月 9日

皆さん、お久しぶりです!
特派員になってからほぼ3年間、毎週休みなく書き続けてきていたブログですが、先月は心が折れてしまいました。
体調などはすこぶるよいのですが、流石にずっと家と職場の往復なので書くことがない!
コロナのことは楽しくないですしね......。
ということで、少しお休みいただきましたが、また4月に入ったので書いていければと思います。

今回はアンコーナが港町ということで、わが家で先日いただいた料理のご紹介。

20210326_142739.jpg

スマートワークの恩恵で、朝の散歩に出た夫が近所の魚屋さんで購入してきたのです。
息子さんが船乗りさんで、彼がとった新鮮なもののみを販売しているとか。

エビはまだ生きていましたよ! 歩いてました。
そのほかにカタクチイワシと小さいヒメジ(トリリヤといいます)の3種類。
450g程度で1200円ほど。相場的にはちょっと高めかな。
そうなんです、アドリア海さんの近海物は値段がとっても高くなるんですよね~。

20210326_201121.jpg

食べ方はすべてキレイに掃除してから、小麦粉につけてフライに!

揚げ物は片付けが面倒なので基本的に行わないのですが、彼らをおいしくいただくにはフリットが一番だと確信し、気持ちを強く持って揚げましたよ~。

いやーーーー、本当においしいんです。
特にこのヒメジがびっくりするほど美味。
自分アゲ(´∀`∩)↑age↑ですが、揚げ方も最高でどこのレストランにも負けないほどのすばらしい味わいでした。

20210326_201845.jpg

こんなおいしい魚が近くで簡単に手に入るって私たちは幸せものですよね。
そう、魚屋さんも近所にたくさんあるのと、トラックで巡回する魚屋さんもいらっしゃります。

ぜひ、アンコーナにいらっしゃった際は、近海産の魚のフリットを召し上がってみてくださいね!

では皆さま、今日もよい一日を。
Buona giorata!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

丹羽 淳子

イタリア・アンコーナ特派員の丹羽 淳子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

イタリアイタリア/アンコーナ特派員
名前:丹羽 淳子

丹羽 淳子

イタリアのAISワインソムリエ資格を取得したことをきっかけに、2015年よりイタリア マルケ州に移り、伊人パートナーとの生活を開始しました。現在は数社のイタリア企業から依頼を受けワインや蜂蜜を日本に紹介するエージェント業や、日本からのお客様のアテンドや翻訳業務などを行っています。InstagramFacebookでも情報を配信しています。質問やご相談はお気軽にこちらまでどうぞ。 DISQUS ID @disqus_44jkIAWfDx

アンコーナ特派員トップにもどる

その他のイタリアの特派員

アンコーナを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

アンコーナ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > イタリア > アンコーナ特派員 > No.161 とれたてでフレッシュなアドリア海の魚たち

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について