トップ > ヨーロッパ > イタリア > アンコーナ特派員 > No.159 つかの間の「ジャッロ」にFiloteaでパスタを

イタリアイタリア/アンコーナ特派員ブログ

No.159 つかの間の「ジャッロ」にFiloteaでパスタを

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2021年2月23日

皆さん、おはようございます。
Covid19の影響で外出制限が敷かれているイタリアですが、先週はマルケ州はジャッロ(黄色)ゾーンでした。
(ちなみに現在はアンコーナ県の20のコムーネはオレンジゾーンとなっており、ややこしい状況です)
ランチタイムはレストランも開いているので、久々に外で食事をしてきました。

初めて伺ったお店で、Filotea さんです。
アンコーナのパスタ製造会社が経営するパスタレストランのフランチャイズ1号店だとか。
マルケ州の伝統的なレシピで作り上げている卵入りパスタとのことです。
それにしてもパスタの種類は本当に多い......。

20210215_124411.jpg

お店も広々としてすてきです。この無駄に広い空間がいいですよね。
そして、まったくくつろぐことができない高めのスツールも。おしゃれです。
座り心地よりも、見た目勝負。さすがイタリア。

店内には自社製品が数多く取り揃えられています。
パッケージがおしゃれ! 全部揃えたくなっちゃいますよね。

20210215_124450.jpg

ソース類もおしゃれだなぁ~。
私はやっぱりイタリアのデザインは奇をてらわずこのシンプルな感じが好きかも知れません。

20210215_124653.jpg

ランチはパスタ料理に小さな前菜とコーヒーとお水がついているセットモノ。
値段は€11~16なので、イタリア的には通常価格ですよね。
日本でのランチ代金とは比較できませんが。
満員になっていました。

こちらがその前菜。

20210215_125708.jpg

パスタ料理は、ほうれん草とベーコンクリームのキッタリーナをいただきました。
うん、おいしいんですけど、量が多くてちょっと最後はちょっと飽き気味に......。
パルミジャーノレッジャーノチーズをお願いしなかった私が悪いですね。味を変えたらまた楽しく食べられたはず。

20210215_131606.jpgのサムネイル画像

日本のパスタと違って、こちらでパスタをいただくと量が多いからか、おなかがいっぱいになります。
でも、久々に日本のあの繊細な味つけのパスタをいただきたいなぁ......。量が足りるかどうかは?ですが......。

いろいろな種類のパスタがあるので、またぜひ伺っていろいろトライしてみたいです。
皆さんはどのタイプのパスタがお好きでしょうか?

では、今日も一日、Buona giornata.

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

丹羽 淳子

イタリア・アンコーナ特派員の丹羽 淳子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

イタリアイタリア/アンコーナ特派員
名前:丹羽 淳子

丹羽 淳子

イタリアのAISワインソムリエ資格を取得したことをきっかけに、2015年よりイタリア マルケ州に移り、伊人パートナーとの生活を開始しました。現在は数社のイタリア企業から依頼を受けワインや蜂蜜を日本に紹介するエージェント業や、日本からのお客様のアテンドや翻訳業務などを行っています。InstagramFacebookでも情報を配信しています。質問やご相談はお気軽にこちらまでどうぞ。 DISQUS ID @disqus_44jkIAWfDx

アンコーナ特派員トップにもどる

その他のイタリアの特派員

アンコーナを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

アンコーナ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > イタリア > アンコーナ特派員 > No.159 つかの間の「ジャッロ」にFiloteaでパスタを

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について