トップ > ヨーロッパ > イタリア > アンコーナ特派員 > No.136 サルディーニャ島での食日記(4日目夕食 La Biada)

イタリアイタリア/アンコーナ特派員ブログ

No.136 サルディーニャ島での食日記(4日目夕食 La Biada)

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2020年9月14日

皆さん、こんにちは。
いよいよ、私たちの旅の第一目的だった4日目の夕食までたどり着きました。
アンコーナ特派員ですので、サルデーニャ情報はサラッとしたためる予定がこんなにもしっかりと書いてしまっています。
長くなっていますが、それほどすばらしかったということですのでご了承ください。

さて、サルデーニャ島を代表する料理のひとつに「PORCEDDU ポルチェッドゥ」というものがあります。
それは何かと言いますと、子豚の丸焼きなのです。
サルデーニャ島と言えば小豚の丸焼き!と頭の中ですぐにリンクするほどの名産で、ここに来て食べないわけにはいきません。
そのPorcedduが食べられるお店として「Aressandro Borghese 4 ristranti」で紹介され、その放送回の1位に輝いたお店でPorcedduをいただく機会を得ました。
というのも、このお店は「La Biada」というアグリツーリズモ内にあり、主人はこのPorcedduを確実に食すためにと、La Biadaで宿泊予約をとっていたのです。
食への思いは本当にすごい。

2日目の夜に予約をお願いして、期待に胸を膨らませて食事スペースへ。

宿泊場所からの道すがら、子豚たちが丸焼きにされている様子が見ることができます。
かわいそうと思われる方も多くいらっしゃるのでしょうが、これもひとつの食文化ですので、私はおいしくいただくことで受け入れるようにしています。
生後30~40日程度で、香りがとっても柔らかい。ミルクのような甘さがあるのが特徴です。

20200721_203759.jpg 20200721_205846.jpg

食事はこのように屋外で。
コロナが終わったすぐの頃でしたが、お客さまは常に満員だとか。
地元でもとても有名なお店です。

20200721_205128.jpg

メニューはひとつしかなく、Porcedduのコースのみ。

この日の内容は野菜のグラティナート(パン粉をかけてオーブンでグリルしています)、野菜の酢漬けのようなもの、チーズとサラミの盛り合わせ。
この写真でふたり分です。
前菜を見た瞬間に「少量ずつ食べて、Porcedduまで行き着かなくては」と心に誓いました。
本当にすごいボリューム。
そして、とてもおいしい。決して洗練されている味わいではないのですが、いくら食べても飽きない味わいでした。日本人の口にとっても合います。

20200721_204147.jpg

そして、プリモピアット。
なんとパスタ料理が2種類!
こちらのラビオリはサルデーニャ島のメニューで、中にほうれん草とリコッタチーズが入っています。
何が違うのかはわかりませんが、たしかにおいしかった。
20200721_211919.jpg

こちらのパスタはトマトとお肉のラグーソース。
ふたつの味が楽しめるのはとっても贅沢ですよね。20200721_211911.jpg

そして、満を持して「Porceddu」の登場です。
前菜3種類、プリモピアット2種類と道のりが長かった......。
セーブしていたおかげで、ふた切れぺろりといただけました。
皮はカリカリ、お肉はジューシーでやわらかくホロホロ。なんとも言えない。絶品です。
お肉の品質や焼き具合など簡単には実現できない味わいなのは間違いありません。

20200721_213817.jpg

こちらのアグリツーリズモは家族で経営されていて、宿の管理は両親、レストランのキッチンは娘さん、子豚の焼き場は息子さんが担当されています。
娘さんは宿泊者の朝ごはんなどの準備もしてくださるので、本当に働き者ですよね。

両親もとっても気さくで、宿は少し古めですが快適に過ごせました。
サルデーニャ島でPorcedduを食べるならば、ぜひこちらのお店を思い出してくださいね。

ほかの町でも「Porcedduをどこで食べたらいいか?」と聞いたら、こちらを推薦されていたくらいですから、間違いはないです!

では今日もよい1日を。
Buona gioranata.


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

Agriturismo La Biada
・Tel: +39070 921526
・住所: Via S. Francesco, 62, 09010 Santa Margherita CA

・URL: <a href="http://www.agriturismolabiada.it/" target="_blank" style="text-decoration: underline">http://www.agriturismolabiada.it/</a></span>

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
HPでは手がけている仕事のことなどを紹介しています。Amaregiappone HP
FBページ Amaregiappone FBページ 
インスタグラムAmaregiappone Instagram 
LOCOTABI ロコタビ アンコーナ特派員ページ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

丹羽 淳子

イタリア・アンコーナ特派員の丹羽 淳子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

イタリアイタリア/アンコーナ特派員
名前:丹羽 淳子

丹羽 淳子

イタリアのAISワインソムリエ資格を取得したことをきっかけに、2015年よりイタリア マルケ州に移り、伊人パートナーとの生活を開始しました。現在は数社のイタリア企業から依頼を受けワインや蜂蜜を日本に紹介するエージェント業や、日本からのお客様のアテンドや翻訳業務などを行っています。InstagramFacebookでも情報を配信しています。質問やご相談はお気軽にこちらまでどうぞ。 DISQUS ID @disqus_44jkIAWfDx

アンコーナ特派員トップにもどる

その他のイタリアの特派員

アンコーナを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

アンコーナ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > イタリア > アンコーナ特派員 > No.136 サルディーニャ島での食日記(4日目夕食 La Biada)

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について