トップ > ヨーロッパ > イタリア > アンコーナ特派員 > No.106 Urbinoへ遠足してきました。Galleria Nazionale delle Marche へ ④

イタリアイタリア/アンコーナ特派員ブログ

No.106 Urbinoへ遠足してきました。Galleria Nazionale delle Marche へ ④

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2020年2月12日

皆さん、おはようございます。
2019年から2020年にかけて紹介していたマルケ州国立美術館(Galleria Nazionale delle Marche)ですが、最終回にあたる④番目の記事を今日は紹介させていただきますね。

ちなみに、①~③はこちらをどうぞ。
No.101 Urbinoへ遠足してきました。Galleria Nazionale delle Marche へ①
No.102 Urbinoへ遠足してきました。Galleria Nazionale delle Marche へ②
No.103 Urbinoへ遠足してきました。Galleria Nazionale delle Marche へ③

おそらくツアーなどで訪れられた方は、ほとんど見学されないであろう2つのエリアについてです。

ひとつは建物の3階にある陶器コーナー。

マルケ州ウルビーノエリアはマヨルカ焼きで有名(らしいのです)。
エミリア・ロマーニャ州の陶器の本場、ファエンツァからも遠くないですし、たしかに納得。

20191108_142800.jpg

作陶の世界にもウルビーノは偉人を輩出しており、Nicola da Urbinoと呼ばれている作家で、作陶界のラファエロとも呼ばれている名高い人物だそうです。
彼の作品もこちらで飾られています。

20191108_142944.jpg

驚くほど誰もいない空間でした。

そしてもうひとつ驚くほど誰もいない空間が、建物の地下あります。
こちら、当時のままの生活様式をそのまま残して見学できるようになっています。
生活には欠かせない井戸の様子や、モンテフェルトロ公へ提供した食事を作った厨房や風呂などを見ることができました。
ここも誰も見学していませんでした。
調度品は置かれていませんが、上階の美術館部分だけを見学するとそのスケールに圧倒されてしまいますが、こちらを見ることでおとぎ話ではなくここで生活が営まれていたのだなと思うことができますね。

20191108_145646.jpg

20191108_145902.jpg

20191108_150039.jpg

ゆっくり見学すると3時間以上は必要かと思うGalleria Nazionale delle Marche。
冬は観光客の方や遠足の子供たちが少なく、ゆっくり見ていただくことができますよ。
でも、あまりにも人が少なくてちょっと寂しいですが......。
ぜひあなたの目で実際に見てくださいませ!

では、また来週。
Ci vediamo presto e Buona giornata!

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

【Galleria Nazionale delle Marche】
・所在地: Piazza Rinascimento, 13, 61029 Urbino PU
・TEL:  0722 2760
・時間: 月:8:20~14:00 火~日:8:20 - 19:20

・Webサイト: <a href="http://www.gallerianazionalemarche.it/" target="_blank" style="text-decoration: underline">http://www.gallerianazionalemarche.it/</a></span>

この場所をGoogleMapで確認する


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
HPでは手掛けている仕事のことなどを紹介しています。Amaregiappone HP
FBページ Amaregiappone FBページ 
インスタグラムAmaregiappone Instagram 
LOCOTABI ロコタビ アンコーナ特派員ページ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

丹羽 淳子

イタリア・アンコーナ特派員の丹羽 淳子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

イタリアイタリア/アンコーナ特派員
名前:丹羽 淳子

丹羽 淳子

イタリアのAISワインソムリエ資格を取得したことをきっかけに、2015年よりイタリア マルケ州に移り、伊人パートナーとの生活を開始しました。現在は数社のイタリア企業から依頼を受けワインや蜂蜜を日本に紹介するエージェント業や、日本からのお客様のアテンドや翻訳業務などを行っています。InstagramFacebookでも情報を配信しています。質問やご相談はお気軽にこちらまでどうぞ。 DISQUS ID @disqus_44jkIAWfDx

アンコーナ特派員トップにもどる

その他のイタリアの特派員

アンコーナを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

アンコーナ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > イタリア > アンコーナ特派員 > No.106 Urbinoへ遠足してきました。Galleria Nazionale delle Marche へ ④

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について