トップ > ヨーロッパ > イタリア > アンコーナ特派員 > No.94 イタリアでの小さな出来事~Solo una piccola cosa 01

イタリアイタリア/アンコーナ特派員ブログ

No.94 イタリアでの小さな出来事~Solo una piccola cosa 01

カテゴリー:生活・習慣・マナー 投稿日:2019年11月20日

みなさん、おはようございます。
日本から離れて生活していると、色々と感じることや考えさせられることに出くわします。
アンコーナという町に直接リンクはしませんが、イタリアを愛される皆さん、またイタリアに旅しようと思われている皆さんにとって、イタリアを身近に感じていただけるようなことを綴ってみたいと思います。

さて、今回はこちら。

20191113_145413.jpg

たべられません
DO NOT EAT と書かれた乾燥剤について。


日本人にとっては乾燥剤は身近なもので、「口に入れてはいけないもの」という認識は子供でも持っていると思います。
ただ、日本の常識はイタリアの非常識。
イタリアでは日本より湿気が少ないせいか、食品に乾燥剤が入っていることはほとんどありません。

よって、こちらの人たちは、この小さな袋に何が入っているのか全く予想もつきません。

食品の袋の中に入っている小さな袋が、「食べられないもの」であることも全く理解できません。
「DO NOT EAT」と書いてあるじゃないか! と言っても、英語がわかる方にはよくても、英語を知らない人も多くいるということも忘れてはいけないということです。
日本であっても、お年を召した方だと英語が分からない方多いですよね。それと一緒です。

そう、これを間違って食べちゃうんです。
日本の方にイメージしてもらうならば、インスタント食品に乾燥剤が入っていて、その表記が外国語で理解できなかった、という感じでしょうか。

DO NOT EATの文字が読み取れ、意味が分かる人ならばもちろん食べたりはしないと思います。
ただ、乾燥剤の存在自体を全く知らず、食品の袋の中に一緒に入っていた小袋ならば、ふりかけのようにして使うのかな? くらいのイメージで食べてしまう可能性が非常に高いと思います。
現に私の義両親は食べてしまいました。


何度も「食べられないものだ」と説明しても、そんなコトはすっかり忘れ、しっかりとふりかけのようにして食品にかけて食べたそうです。

幸い大事には至らずピンピンしています。本当に無事で良かったです。

みなさんがイタリアに行く際に、用意された現地の人向けのお土産の中に乾燥剤が入っていたらひと言「小さな袋は乾燥剤だから食べたらだめよ!」と口添えをお願いします。
嘘のような本当の話です。

では、Buona giornata, Ci vediamo presto.

HPでは手掛けている仕事のことなどを紹介しています。Amaregiappone HP
FBページ Amaregiappone FBページ 
インスタグラムAmaregiappone Instagram 
TRAVELOCO トラベロコ アンコーナ特派員ページ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

丹羽 淳子

イタリア・アンコーナ特派員の丹羽 淳子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

イタリアイタリア/アンコーナ特派員
名前:丹羽 淳子

丹羽 淳子

イタリアのAISワインソムリエ資格を取得したことをきっかけに、2015年よりイタリア マルケ州に移り、伊人パートナーとの生活を開始しました。現在は数社のイタリア企業から依頼を受けワインや蜂蜜を日本に紹介するエージェント業や、日本からのお客様のアテンドや翻訳業務などを行っています。InstagramFacebookでも情報を配信しています。質問やご相談はお気軽にこちらまでどうぞ。 DISQUS ID @disqus_44jkIAWfDx

アンコーナ特派員トップにもどる

その他のイタリアの特派員

アンコーナを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

アンコーナ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > イタリア > アンコーナ特派員 > No.94 イタリアでの小さな出来事~Solo una piccola cosa 01

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について