トップ > ヨーロッパ > イタリア > アンコーナ特派員 > No.73 イタリアに来たらぜひカンティーナ巡りをどうぞ! Terracruda

イタリアイタリア/アンコーナ特派員ブログ

No.73 イタリアに来たらぜひカンティーナ巡りをどうぞ! Terracruda

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2019年6月26日

みなさんこんにちは。

先日、お友達のパーティにお呼ばれし、
開催場所にあたるカンティーナ(ワイナリー)へ伺ってきたのですが、
とっても素敵なカンティーナさんでしたのぜ、紹介させていただきますね。

イタリアにいらっしゃる方の中でもカンティーナ巡りを希望される方は結構多いんです。
ワインが日本人にとってとても身近なものになっている証拠ですね。
マルケ州もイタリアの他州にもれずワイン生産はとても盛んです。
カンティーナの多くは一般客の訪問を受け入れていますので、
ぜひイタリアにいらっしゃる際にお時間があればカンティーナも巡ってみてくださいね。

今回伺ったのは、ペーザロウルビーノ県にあるTerracruda/テッラクルーダ社。

IMG_20190512_161248.jpg

日本にも輸入されていますので、召し上がってことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?
オーナーのZeno氏にカンティーナの隅々を紹介してもらったのですが、
興味深かったのが、このカンティーナー、彼の「ワインへの情熱」でZeno氏が一代目で起こしていること。
カンティーナの多くは、親や祖父母の家業を引き継ぐ、もしくは勃興するというのが多いのですが、
Zeno氏はもともとは家具屋さんで、2000年初期にこの会社をたちあげられたそうです。
奥様と3人のお子さんでの家族経営ですが、彼の商品開発に対するポリシーは素晴らしく、
とにかく、最高品質のワインを作り出すために研究に研究を重ねていらっしゃります。

IMG_20190512_170652.jpg

所有する畑の地図。土質によって植える品種を変えるのは当たり前。
カンティーナの多くは、この様に連続した畑ではなく、飛び地のように土地を所有していることとが多いです。

ぶどうの収穫時期を大きく3つに分けて、その時期とぶどうの状況を見極めてどんなワインにするのを決めるのだとか。
その証拠に、生産数は多くは無いですが、約20種類ほどのワインを作り出しています。

因みにぶどう品種は、ビアンケッロ、サンジョベーゼ、アレアティコ、インクローチョブルー二など。サンジョベーゼ以外は聞き慣れない品種かもですね。
マルケ州の北部で、よく栽培されている品種になります。

IMG_20190512_165449.jpg

醸造用のステンレスタンクの他に使うのは、この225リットルサイズの木樽。
そして、メトドクラシコ(シャンパーニュ製法)のスプマンテもこの様に保存され、その時を待っています。

カンティーナの入り口には、なんとも素敵なタイルがたくさん張り巡らされています。

IMG_20190512_170757.jpg

この街はもともと焼物の街として有名で、数年前にワークショップ的なイベントが催され、
いろいろな人がタイルに色を付け、それを焼いたものを壁の装飾に使ったそうです。

カンティーナ名の"TERRACRUDA"ですが、TERRAとは"土"、CRUDO/Aは"生の"という意味になります。
そう、焼き物になる素材の土の意味ですね。

よく皆さんも耳にされると思う「テラコッタ」はTERRA COTTAと書き、 
COTTO/A は"焼かれた"という意味になるので、"焼かれた土"なのです。

ワインの試飲は時間のない中、15種類ほどさせていただきました。
やはり、カンティーナを見学し、理念や製造方法を伺ったあとのワイン試飲は、
味わうときにも、何かちょっと違いを感じますね。
「あぁ、この味わいは、あの工夫から来ているのか~」などと理解が簡単にできたり、
文字にはされていないことが発見できたりして、とてもワクワクされるものです。

試飲をさせていただいたお部屋。
あいにくの天気でちょっと眺めが良くないですが、ぶどう畑が一望できます。

IMG_20190512_161237.jpg

イタリア国内では、2016年に政府が選出する"イタリアの各州を代表するワイナリー"として、
マルケ州の代表として選ばれたという経歴や、また海外でも多くの受賞をされています。
数々の受賞も素晴らしいですし、美味しいワインも最高ですが、
やはり今回の訪問ではオーナーご家族のお人柄が本当に素敵で感服いたしました。
また、次は財布を握りしめて訪問したいものです。
因みにカンティーナでもワインの購入は可能です。
余談ですが、多くのカンティーナは蔵出し価格として、市場価格よりも安価で提供していますが、
大手になると小売価格でしか販売していない場合もあります。
せっかくカンティーナまで行って、小売価格でワインを買うときは、損した気分になる私です。

それでは、またお会いしましょう。
Ci vediamo presto. Buona giornata.

↓ ↓ ↓ お時間があるときにでもご覧ください ↓ ↓ ↓

HPでは手掛けている仕事のことなどを紹介しています。amaregiapponese.com

インスタグラムとFBページも更新しています。
Amaregiappone FBページ
Amaregiappone インスタグラム
TRAVELOCOにも登録しています。TRAVELOCO ANCONA ATSUKOの紹介ページ

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
名前:Cantina Terracruda
所在地:Via delle Serre 28,61040 Fratte Rosa PU
TEL: 0721 777412

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

丹羽 淳子

イタリア・アンコーナ特派員の丹羽 淳子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

イタリアイタリア/アンコーナ特派員
名前:丹羽 淳子

丹羽 淳子

イタリアのAISワインソムリエ資格を取得したことをきっかけに、2015年よりイタリア マルケ州に移り、伊人パートナーとの生活を開始しました。現在は数社のイタリア企業から依頼を受けワインや蜂蜜を日本に紹介するエージェント業や、日本からのお客様のアテンドや翻訳業務などを行っています。InstagramFacebookでも情報を配信しています。質問やご相談はお気軽にこちらまでどうぞ。 DISQUS ID @disqus_44jkIAWfDx

アンコーナ特派員トップにもどる

その他のイタリアの特派員

アンコーナを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

アンコーナ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > イタリア > アンコーナ特派員 > No.73 イタリアに来たらぜひカンティーナ巡りをどうぞ! Terracruda

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について