トップ > ヨーロッパ > イタリア > アンコーナ特派員 > No.61 筆者が実際に執り行ったイタリア式結婚式Italian Weddingのご紹介 Vol.3

イタリアイタリア/アンコーナ特派員ブログ

No.61 筆者が実際に執り行ったイタリア式結婚式Italian Weddingのご紹介 Vol.3

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / エンターテイメント・音楽・ショー / 生活・習慣・マナー 投稿日:2019年4月 3日

みなさんこんにちは。アンコーナ特派員の丹羽淳子(ニワアツコ)です。
つらつらと実体験を元に、あの日の記憶を思い返しながら書き綴っています。
そういえば、ちょうど去年のこの時期くらいに、パーティ会場の食事の試食に行ったのを思い出しました。

挙式の方法については前回の記事で紹介しましたが、日本で言う披露宴はどんなものなのかをご説明しましょう。

まず、日本の結婚式会場やホテルの様に「招待状からドレスや引き出物まですべてパック」という
楽々パックは基本的には存在しません。
イタリアにもウェディングプランナーという職業が存在するので、
その方に頼めばすべての手配を担ってくれるのかも知れませんが、そうでなければ全ての手配を自分でする必要があります。

まず会場の決定ですね。結婚式場の様なものは存在しませんので、
基本的にはホテルのレストランや、街にあるレストラン、トラットリアなどを借り切って行われます。
招待客は日本より多く、おそらく100人前後が普通ではないでしょうか?
日本と違って関係性の薄めの人も呼ばれますし、基本、夫婦や家族での参列になります。
なので、どうしても人数は増えますよね。
私の場合も主人の親戚関係だけで50人程度にまで膨れ上がりました。

私達が自分たちで行った準備の一例ですが、

1)結婚式の衣装の準備。レンタルは存在せず、購入します。
義母と義妹に付き合ってもらって、10軒弱のお店を見てまわりました。
もちろん、ドレスにあわせた靴や小物類もすべて自分でそろえます。
ちなみに、古い慣習で花嫁のドレスは花婿の両親(特に母親)からプレゼントされるらしく、私も義母からお祝いとしてプレゼントしていただきました。

2)挙式場と披露宴会場のお花の準備。
挙式場のサイズ、披露宴会場の卓数なども確認しながらの発注です。
「こんな感じですべてお任せ」とお願いできる優秀なお花屋さんに出会えてラッキーでした。
私が持つブーケと髪につける髪飾りも一緒にオーダーします。

IMG_20180428_103126.jpg

3)ヘアセットとメイクの手配
私達は挙式会場が自宅から離れていたため、ネットで探してエイやで決定しました。
値段設定も様々で本当に難しかったです。
こういう時に、イタリア版の口コミサイトはとっても役立ちました。
私つかったサイトはこちらです。https://www.matrimonio.com/

4)カメラマンの手配
安ければ500€、高ければ2000€と幅がありすぎて本当に困ったカメラマン選び。
アルバムは自分たちで作成することにし、撮影データを渡してもらうだけのサービスで限定して、予算の上限もつけて決めました。

5)音響の手配
会場でオーソドックスな音楽は流してくれると言われたものの、
音楽好きな義妹とその彼が、サックスとDJ二人編成による生音楽をプレゼントしてくれました。
アペリティーボ(前菜)の時間と食後のダンスタイムに素晴らしい音楽を提供してくれました。

DSC00289.jpg

6)Bomboniere の準備
日本と違って引き出物のようなたいそうなものはありません。
でも、来ていただいたみなさんに記念になるような何か一品と、Cofetti(コンフェッティ)と呼ばれる、
アーモンドの砂糖がけのお菓子をお渡しします。
このCofetti(コンフェッティ)、デザートタイムにも並べられるもので、
その準備も会場か、もしくはBomboniereを用意してくれたお店にお願いしておく必要があります。
DSC00361.jpg

当日、その場で召し上がっていただく用のCofetti。
そして、こちらはお持ち帰り用。

DSC00360.jpg


7)会場までの車の手配
日本と違い挙式場や披露宴場所が遠く離れている場合が普通です。
また、花嫁、花婿とも自宅から出発して会場入りします。
マイカーなどを利用する場合もありますが、私の為には主人のオジサンが素敵な車を手配をしてくれました。

DSC00299.JPG

細かいことはまだまだありますが、全ては書ききれませんのでこの程度で...。

3回で終わらせる予定でしたが、終われませんでした!
次回4回を最終回として、挙式や披露宴の当日の様子についてご紹介します。

では、またお目にかかりましょう。
Ci vediamo presto.

↓ ↓ ↓ お時間があるときにでもご覧ください ↓ ↓ ↓

HPでは手掛けている仕事のことなどを紹介しています。amaregiapponese.com

インスタグラムとFBページも更新しています。
Amaregiappone FBページ
Amaregiappone インスタグラム
TRAVELOCOにも登録しています。TRAVELOCO ANCONA ATSUKOの紹介ページ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

丹羽 淳子

イタリア・アンコーナ特派員の丹羽 淳子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

イタリアイタリア/アンコーナ特派員
名前:丹羽 淳子

丹羽 淳子

イタリアのAISワインソムリエ資格を取得したことをきっかけに、2015年よりイタリア マルケ州に移り、伊人パートナーとの生活を開始しました。現在は数社のイタリア企業から依頼を受けワインや蜂蜜を日本に紹介するエージェント業や、日本からのお客様のアテンドや翻訳業務などを行っています。InstagramFacebookでも情報を配信しています。質問やご相談はお気軽にこちらまでどうぞ。 DISQUS ID @disqus_44jkIAWfDx

アンコーナ特派員トップにもどる

その他のイタリアの特派員

アンコーナを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

アンコーナ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > イタリア > アンコーナ特派員 > No.61 筆者が実際に執り行ったイタリア式結婚式Italian Weddingのご紹介 Vol.3

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について