トップ > ヨーロッパ > イタリア > アンコーナ特派員 > No.37 10月21日も開催、ペルゴラの"白トリュフ祭り:Festa del Tartufo Bianco"へ 

イタリアイタリア/アンコーナ特派員ブログ

No.37 10月21日も開催、ペルゴラの"白トリュフ祭り:Festa del Tartufo Bianco"へ 

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / ショッピング・雑貨・お土産 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2018年10月15日

みなさん、こんにちは。アンコーナ特派員の丹羽淳子(ニワアツコ)です。
イタリアに来てから、なぜかとても出不精になってしまいました。
出かけるにしても、日本と勝手が違うのでなんだか面倒くさくて、なかなか外に足が向きません。
おかげで体重も増加中...。こんなことではいけないと、昨日はアンコーナを越えてお出かけしてきました。

行き先は、ペーザロウルビーノ県の「Pergola:ペルゴラ」です。
ここで、7日、14日、21日のこの3日曜日に、白トリュフ祭りが開催されているのです。
正式名称は Fiera Nazionale del Tartufo Bianco Pregiato di Pergola、ペルゴラの貴重な白トリュフの国のお祭り"。

IMG_20181014_125749.jpg

トリュフは、マルケ州の特産品なのです!
山間の街のレストランは、この季節はトリュフが振る舞われ、多くのマルキジャーニ(マルケ人)は舌鼓を打ちます。
我が家から70km程度。車で1時間15分の場所にあるペルゴラもそんな街の一つ。

マルケ州の内陸部は高速道路がありません。ちなみに高速道路は比較的アドリア海近くを南北に通るA14のみ。あとは、スーパーストラーダ(フリーハイウェイのような物)や、地道を行くのみになります。
日本と違って交差点に信号も少ないので、車が「停止する」という状況が殆ど無いので、地道でもストレスは少なく走れるのがイタリアの良いところですよね、あと、速度の上限が70kmなんて場所が多いのも。


IMG_20181014_123222.jpg
上の写真のように、晴天に恵まれた日曜日でなかなかの人出。
7日だけで2万2千人が訪れ、14日はそれ以上の訪問客数だったそうです。

IMG_20181014_123338.jpg


チェントロの入り口で地図やパンフレットをゲット。
この入口の裏側に即席レストランがあり、地元でも美味しさで有名なホテルが作るタルトゥーフォ料理が頂けます。
メニューは、プリモ、セコンド、パン、水(もしくはコーヒー)が付いた1種類 23ユーロのみ。
WhatsApp Image 2018-10-15 at 14.06.20.jpeg

こちら、このお祭りの主役、白トリュフを使ったラザニアです。
熱々でとても美味しかったですよ!

ペルゴラの街は小さいですが、中世の趣を残し、とても美しい町並みが楽しめます。

IMG_20181014_124859.jpg

チェントロの目抜き通り沿いに色々な屋台が出て、通行人達の目や胃袋を楽しませてくれます。
どんな屋台があるか、ちらりとご紹介します。
イタリアの屋台の魅力は、なんと言っても「生産者がいる」ということ。
日本の屋台のように、テキ屋さんがやっているわけではなく、農家さんや生産者さんがやってきて、自分たちが作ったもの、手がけたものを販売しているのがほとんどなのです。

新鮮な野菜や果物を売る八百屋さん。

IMG_20181014_130833.jpg

イタリアでも数多くある地ビールやさん。

IMG_20181014_130845.jpg

サラミやさん

IMG_20181014_130703.jpg

クレシャ屋さん(エミリア・ロマーニャ州で言うピアディーナ)

IMG_20181014_130646.jpg

ティザーナ屋さん (日本で言うハーブティの総称、沢山の種類があります)

IMG_20181014_123709.jpg

味見させてもらったり、お話したりと、楽しみはつきません。

そしてこちらが"トリュフ生産者"一同が集まる会場です。
トリュフそのものから加工品まで色々販売されています。

IMG_20181014_130450.jpg

みなさーーーん!これがトリュフですよーーー!
ころんと直径は3cmほどの大きさのものからになりますが、たった一つでこの値段。安くて10ユーロ。
白トリュフだとその倍程度ですね。
こんなモノ(失礼!)が美味しいと珍重されるとは。それもこんな値段でとは驚きです。

IMG_20181014_125907.jpg

IMG_20181014_125859.jpg

クリーム状にしたものも多く販売されています。
パスタソースにしたり、こうやってクラッカーに乗っけて食べたりと使い勝手は良さそうですね。

IMG_20181014_130256.jpg

IMG_20181014_130242.jpg

私達はというと、私が特にトリュフ愛が強いわけでもないので、お味見させていただくのみで終わりました。
せっかく買って帰っても、自宅で美味しく食べる自信がないのです。
たまの機会に、シェフが作ってくれたものを食べたほうが絶対に美味しいという、私の確信です。

というわけで、ランチに戴いたプレート。

IMG_20181014_141501.jpg

黒トリュフを使ったクロスティーニ、黒トリュフのタリアテッレ、ワイン1杯。
もうちょっと食べたい!という絶妙が分量が日本人にはちょうどよい感じでした。
全てで13ユーロ。お値段も悪くないですよね。

が、我が主人は、上に書いた即席レストランで、ランチをもう一度食べていましたが・・・汗

1週間後、10月21日(日)が最終日です。
たまたまイタリアに来ている方、イタリアにお住まいの方でトリュフ好きの方にはお勧めします。
トリュフの相場は私にはわかりませんが、恐らく高すぎず、そして新鮮なものであることには間違いないです!

今年で23回目を迎えるこのお祭り、もし、来年、マルケ州にいらっしゃる予定があられるようでしたら、ぜひとも、この季節に合わせて行程を組まれてみてはいかがでしょうか?

では、またお会いしましょう。
Ci vediamo presto.

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

丹羽 淳子

イタリア・アンコーナ特派員の丹羽 淳子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

イタリアイタリア/アンコーナ特派員
名前:丹羽 淳子

丹羽 淳子

イタリアのAISワインソムリエ資格を取得したことをきっかけに、2015年よりイタリア マルケ州に移り、伊人パートナーとの生活を開始しました。現在は数社のイタリア企業から依頼を受けワインや蜂蜜を日本に紹介するエージェント業や、日本からのお客様のアテンドや翻訳業務などを行っています。InstagramFacebookでも情報を配信しています。質問やご相談はお気軽にこちらまでどうぞ。 DISQUS ID @disqus_44jkIAWfDx

アンコーナ特派員トップにもどる

その他のイタリアの特派員

アンコーナを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

アンコーナ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > イタリア > アンコーナ特派員 > No.37 10月21日も開催、ペルゴラの"白トリュフ祭り:Festa del Tartufo Bianco"へ 

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について