トップ > ヨーロッパ > イタリア > アンコーナ特派員 > No.39 Anconaで一番と名高いお菓子屋さん"Pasticceria Cioccolateria Franco"

イタリアイタリア/アンコーナ特派員ブログ

No.39 Anconaで一番と名高いお菓子屋さん"Pasticceria Cioccolateria Franco"

カテゴリー:ショッピング・雑貨・お土産 / レストラン・料理・食材 投稿日:2018年10月31日

みなさん、こんにちは。アンコーナ特派員の丹羽淳子(ニワアツコ)です。
Anconaにやって来たのが3年前の冬。
その頃はイタリアの文化もよく分かっておらず、相方(現主人)に連れられるまま、言われるままの毎日で、吸収したり覚えることでいっぱいいっぱい。色々なことを経験させてあげようと、相方も私を外に連れ出し「これが美味しい」とか「あっちが綺麗」なんて教えてくれるのですが、そもそもの「美味しい・綺麗の感じ方」の基準が違うので、その理解がなかなか難しい。
私の場合は特にお菓子屋さんにあるモノがいまいち「美味しい」とは思えず、絶対に日本のお菓子屋さんのほうが美味しいわ。。。と心の中で思っておりました。

そんなある日「ここは歴史が古くて、とっても人気なお店なんだ」と連れて行ってくれたのが、このFranco:フランコ。

IMG_20180628_085115.jpg

その時、何気なくオーダーした"クレマシャンテリー:Crema Chantilly 入りのブリオッシュ(クロワッサン)"の、クレマの美味しさに感動!! 

クレマシャンテリーとは、日本で言う生クリーム。イタリアで"生クリーム"を訳すと、Panna:パンナ になりますが、これははっきり言って日本人が思い描く生クリームではありません。柔らかでもなめらかでもなく、そして甘くない。単なるクリーム化した乳製品で、それだけで食べても美味しくもなんともありません。
クレマシャンテリーとは"生クリームに砂糖を加えバニラの風味をつけたもの"が定義らしく、フランス生まれ。
そう、これぞ私たちが思う"生クリーム"です。
でも残念ながら、このクレマシャンテリーも、バニラの香料がきつかったりクリームがガサガサだったりと、なかなか「これぞ!」と思えるようなクリームが存在しないのです。
フランコのクレマシャンテリーは、なめらかで程よい甘さ、ちょっとしたバニラの味がポイントになるとっても上品なお味。日本で食べていた繊細な洋菓子を思い出させるもので、「あぁ、やっとで出会えた」と当時はうれしく思いました。

フランコは1976年に創業し、アンコーナっ子なら皆知っている歴史のあるお菓子屋さんです。
こちらが、イタリア人が朝ご飯に食べる品々が収められたショーケース。
上はSalato:サラートと分類されるミニサンドウィッチ(こちらではパニーノと呼びます)達、下はDolce:ドルチェで、数種類のブリオッシュ(クロワッサン)達が並びます。

IMG_20180628_084507.jpg

ブリオッシュもジャム入り、アーモンドパスタ入り、クレマシャンテリー入り、チョコレート入り、など沢山の種類があります。
アンコーナでは一つ1ユーロが平均です。決して高くないのがウレシイですよね。

こちらは小さなお菓子類。
IMG_20180628_084823.jpg

ミニヨンとフランス語名そのままです。グラム単位で販売しています。
この写真右下に見える真っ白なクリームは、いわゆるイタリア版生クリーム:Pannaです。いわゆる日本の生クリームを試したいときは、名前に騙されず、クレマシャンテリーが入った、その左側の丸いお菓子を選んでください。
大体の街のお菓子屋さんには、お菓子に名札がありません。
ですので、いつまでたってもお菓子の名前が覚えられえません...。

IMG_20180628_084820.jpg

こちらのショーケースはホールタイプ。
これを見てもわかるように、クリーム系はあまり使われず、パウンドケーキやタルトケーキタイプのものが主流です。
クリーム系のモノを探していると言うと、"セミフレッド"と呼ばれる、凍ったケーキを半分溶かしてから食べるタイプのモノを勧められます。

そして必ずあるバーコーナー。
IMG_20180628_084550.jpg

お菓子屋さんといえども、コーヒーマシンは必須だし、アペリティーボ用としてお酒も用意されているのがいいですよね。
アペリティーボはともかく、ティータイムを楽しむようお菓子をゆっくり戴ける空間ではないですが、手軽に美味しいお菓子とコーヒーが一緒に戴けるのはウレシイですよね。

私もまた行きたくなっちゃいました!

では、またお会いしましょう。
Ci vediamo presto.

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
名前:Pasticceria Cioccolateria Franco
所在地:Via Alessandro Manzoni, 23, 60128 Ancona AN
TEL:071 281 0299
時間:火曜日~土曜日:06:30~19:30、日曜日:06:30~13:00 月曜日定休

ちなみに、鉄道のアンコーナ駅から歩いて700m程度にあるUgo Bassi広場に支店もあります。
住所: Piazza Ugo Bassi, 7

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

丹羽 淳子

イタリア・アンコーナ特派員の丹羽 淳子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

イタリアイタリア/アンコーナ特派員
名前:丹羽 淳子

丹羽 淳子

イタリアのAISワインソムリエ資格を取得したことをきっかけに、2015年よりイタリア マルケ州に移り、伊人パートナーとの生活を開始しました。現在は数社のイタリア企業から依頼を受けワインや蜂蜜を日本に紹介するエージェント業や、日本からのお客様のアテンドや翻訳業務などを行っています。InstagramFacebookでも情報を配信しています。質問やご相談はお気軽にこちらまでどうぞ。 DISQUS ID @disqus_44jkIAWfDx

アンコーナ特派員トップにもどる

その他のイタリアの特派員

アンコーナを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

アンコーナ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > イタリア > アンコーナ特派員 > No.39 Anconaで一番と名高いお菓子屋さん"Pasticceria Cioccolateria Franco"

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について