× 閉じる

トップ > ヨーロッパ > イタリア > アンコーナ特派員 > AnconaのはずれにあるU-bahn。クラブなのに和食が食べられる!やっぱりSushiがクール?

イタリアイタリア/アンコーナ特派員ブログ

AnconaのはずれにあるU-bahn。クラブなのに和食が食べられる!やっぱりSushiがクール?

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2018年5月16日

kore.jpg

みなさん、こんにちは。アンコーナ特派員の丹羽淳子(にわあつこ)です。

イタリアでの夜遊びといえばディスコ。残念ながら私は言ったことがないのですが、噂によると日本のディスコとはかなり違って、年齢層も幅広く楽しめるとか。
そして日本のように繁華街ではなくて、野中の一軒家みたいな車でしか行けない場所にあったりもします。
今回ご紹介するお店は、私よりすこしマダムな女性に紹介されました。
なんでも、クラブ(ディスコではないですね)なんだけど、レストランがあって、そこで提供される料理がすべて和食だとか!
やはり、SUSHIがアツいです、ここイタリア。
鉄は熱いうちに打て!早速ですが、味見人として日本人のお友達と行ってみることにしました。

もちろんうかがう前にはお決まりの「電話確認」です。
予約のためではなく、お店がちゃんと開いているかの確認ですね。
ここイタリアでは、よっぽど行きつけのお店でない以上は、お店に行く前には必ず電話で存在確認をしてください。
開店時間が変更になっていたり、バカンスをとっていたり、いきなり閉店しているなんてこともよくあります。

私たち狙ったのはランチタイム。
クラブなのにランチタイムもオープンしていることが確認できました。
そして肝心のメニューは、オールジャパニーズ!Sushiだけではなくて、温かいお料理も用意しているよ!とのこと。
自分が日本人である旨をアピールしたら「ぜひ、お店で味を評価して!」と言われちゃいました。
こういう温かくてユーモアのある対応がすぐさまできるのがイタリア人のすごいところですよね。

平日のランチ・・。13時前にお店へ。
IMG_20180413_124433.jpg
お店の向こうにはすぐに緑が見えますね!駐車場もありますし、周りは駐車し放題の公道です。

kore.jpg二階建てでおしゃれ~。

IMG_20180413_125004.jpg
ランチョンマットもどこかの地下鉄路線図をイメージしたクールなテイスト。なかなかやりますな!

メニューもおしゃれ~。
‹href="https://tokuhain.arukikata.co.jp/ancona/images/IMG_20180413_130711.jpg">‹img alt="IMG_20180413_130711.jpg" src="https://tokuhain.arukikata.co.jp/ancona/assets_c/2018/04/IMG_20180413_130711-thumb-730x547-354813.jpg" width="100%" class="mt-image-none" style="" />
IMG_20180413_130725.jpg
赤がお寿司メニューで黄色は一品メニュー。
うどんやラーメンもありますが、その金額には閉口。。。うどんが1杯14ユーロとかさすがそれはさすがに怖くてオーダーできず。
お値段はかなり良い感じです。何も知らずにオーダーすると、すぐにすごい値段なりそうでね。
大体が10ユーロ前後。お寿司は盛り合わせで15ユーロとか。
お昼だけのメニューも二つあるよと言っていたので、その内容を聞いてみると、パスタとリゾット(笑)。
近くの事務所で働く、ちょっとスノッブな雰囲気の男性客が多い店内。。。イタリア料理も必要ですね。

テーブルセッティングも素敵!
IMG_20180413_130643.jpg

私がいただいたのは...
・マグロの細巻き
・たこ焼き(笑)
・お味噌汁
IMG_20180413_131929.jpg
細巻きのマグロ、おいしかったです。たこ焼きは予想通り冷凍なのですが、本格的にかつおの削り節が!すばらしい!
一番驚いたのはお味噌汁。日本でいただくような感じで大きなお豆腐が入っていて、味わいもちゃんとしています。
何より感動したのは"熱々"だったこと。
イタリア人はなんでも「ちょっとぬるめ」なんです。シェフは日本で修行をしたことがあるのかな?
予想以上にちゃんとした和食たちです。

IMG_20180413_131625.jpg IMG_20180413_132039.jpg
お友達はお寿司の盛り合わせや、てんぷらの盛り合わせをオーダー。
単品で白ご飯をお願いしたら、残念ながら酢飯がやってきました。
「ダメなところは伝えてね」と言っていた、オーナーらしき男性に、しっかりダメ出しもしておきました。大きなお世話ですが...。

お水を一本頼んで、コーヒーもいただいて全員で45ユーロ。
こちらの外食、本当にお高いです。
というよりも日本の外食が安すぎるんだと思いますが、最低でも1500円程度の支払いは必須ですね。
味よし、雰囲気よし、人柄よしで、なかなか気に入りました。
次回はぜひ、クラブの雰囲気を見に来てみます~。

では、素敵な一日をお過ごしください。
Buona giornata.

***********************************************
店名: U-bahn
所在地:Via I' Maggio,70 Zona Baraccola, 60131 Ancona AN
定休日: 日曜
電話: 071 804358
営業時間:ランチ 午前12時~午後3時半(土曜休み), ディナー 午後6時~午前0時
http://www.u-bahn.it/wordpress/

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

丹羽 淳子

イタリア・アンコーナ特派員の丹羽 淳子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

イタリアイタリア/アンコーナ特派員
名前:丹羽 淳子

丹羽 淳子

イタリアのAISワインソムリエ資格を取得したことをきっかけに、2015年よりイタリア マルケ州に移り、伊人パートナーとの生活を開始しました。現在は数社のイタリア企業から依頼を受けワインや蜂蜜を日本に紹介するエージェント業や、日本からのお客様のアテンドや翻訳業務などを行っています。InstagramFacebookでも情報を配信しています。質問やご相談はお気軽にこちらまでどうぞ。 DISQUS ID @disqus_44jkIAWfDx

アンコーナ特派員トップにもどる

その他のイタリアの特派員

アンコーナを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

アンコーナ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > イタリア > アンコーナ特派員 > AnconaのはずれにあるU-bahn。クラブなのに和食が食べられる!やっぱりSushiがクール?