トップ > ヨーロッパ > フランス > アンボアーズ(アンボワーズ)特派員 > 【世界を旅した植物コレクショナー&造園家 エドワード・アンドレ氏の旧邸宅へ】一日限定の子孫フローレンス・アンドレさんのガイドヴィジットへ参加

フランスフランス/アンボアーズ(アンボワーズ)特派員ブログ

【世界を旅した植物コレクショナー&造園家 エドワード・アンドレ氏の旧邸宅へ】一日限定の子孫フローレンス・アンドレさんのガイドヴィジットへ参加

カテゴリー:自然・風景 投稿日:2021年9月30日

日本でも、切り花でお花屋さんに並んでいる、アンスリウムの花をご存じですか?
1.jpg
17世紀後半に活躍した、フランスの造園家でもあり、世界を旅する植物コレクショナーでもあった、エドワード・アンドレ氏が南米旅行の際にコロンビアにて発見し、その後、ヨーロッパや世界に知られることになったということから、アンスリウムの学術(ラテン語)名には「アンスリウム・アンドレアヌム(Anthurium andreanum)」とアンドレ氏の名前がつけられています。この、エドワード・アンドレ氏の旧邸宅と敷地内、そして彼の子孫でもあるフローレンス・アンドレさんが特別企画した1日限定のビジットに、今年2021年6月に参加してきました。
IMG_20210605_145528.jpg

1871年からサントル・ヴァル・ド・ロワール地方、シェール川が流れるシュノンソーに近い、「ラ・クロワ=アン=トゥーレーヌ」という小さな村に家族とともに移り住みました。現在の公園横、駐車場には、当時は大きな温室があり、世界各地でアンドレ氏が集めてきた植物を育てていた場所でもあります。


【村の中心、ナショナル通りへ】
アンスリウムを発見したエドワード・アンドレ氏の旧邸宅は、現在、自然公園として一般開放されています。駅から市役所を目指して、ナショナル通りを歩きます。
0.jpg
すると正面門が右手に見えてきます。
2.jpg
中に入ってみましょう。写真下、正面奥に見えるのは、旧母屋で、現在は小さな図書館として住民の方が利用しています。図書館へは開館時間であれは自由に入ることができ、エドワード・アンドレ氏についての書籍がディスプレイされています。
IMG_20210605_145543.jpg
1871年から、エドワード・アンドレ氏はラ・クロワ=アン=トゥーレーヌ村のこの邸宅(写真下)に住み、代々、アンドレ一家が邸宅を手放すまで、子孫のフローレンス・アンドレさんが住んでいました。現在も、フローレンスさんは、ラ・クロワ・アン=トゥーレーヌの村に住み、庭園歴史家として、エドゥアール・アンドレ氏に関する書籍や論文を発表しています。
IMG_20210605_145410_3.jpg
2003年から自治体が所有し、改装工事が行われ、2008年から旧エドワード・アンドレ邸(写真下)はラ・クロワ=アン=トゥーレーヌ村の役場として、またNPO団体の活動の場所としても利用されています。


【今年は150周年記念年、エドワード・アンドレ氏ラ・クロワ=アン=トゥーレーヌへ】
2021年はエドワード・アンドレ氏がラ・クロワ=アン=トゥーレーヌに居を構えてから150周年にあたります。それを記念して、2021年6月5日(土)、フローレンス・アンドレさんが中心となって、「第1回パーク・フェスティバル(Parc en Fête)」が開催されました。開催前日の6月4日(金)には、フローレンスさん自身が公園内をガイドする「パークヴィジット」が開催され、今回は第1回開催のイベントとあって、地元の住民が参加し、フローレンスさんの記憶をたどりながら、3.3ヘクタールある敷地内のエドワード・アンドレ氏の当時のこだわりについて、植わっている木々の樹齢、種類、などを見て回りました。写真下、説明している女性がフローレンスさんです。
7.jpg

そして、フランス国鉄の線路沿いに公園内を歩いていくと、シンメトリーな「ローズリー」というバラ園が見えます。
8.jpg
昔はフランス語で「ポタージェ」、家庭菜園のスペースでした。
筆者が訪問した際には、バラはまだ植えられたばかりといった若い苗でした。
またヴィジットポイントとして、写真下には線路が見ていますが、フランス国鉄の線路になります。この線路を背中にして(次の写真)、庭園を見てみてください。
IMG_20210605_150710.jpg
この景色(写真下)が、フランス庭園で見られる技法「遠近法」を用いた景色になります。ヴェルサイユ宮殿などに見られる遠近法はスケールが大きいですが、このコンパクトな庭園内にも遠近法を用いるこだわりはエドワード・アンドレ氏ならではです。
IMG_20210605_150752 (2).jpg

また、こちらも期間限定ですが、敷地内の別の建物では、
4.jpg
フローレンス・アンドレさんによる、エドワード・アンドレ氏の展示が見学できます。
3.jpg
今回は、初めての展示とフェスティバルでしたが、歴史上の人物の子孫の方と直接お話しできたことに感動しました。おすすめは、6月第1週の金・土・日に開催される「パーク・フェスティバル(Parc en Fête)」の時期に訪れ、可能であれば、プログラムもチェックしていくと、フローレンスさんに出会えるかもしれません。私が参加したパークビジットであれば、英語も可能です。またトゥール(またはサンピエール・デ・コール)駅発、シュノンソー城へ行く際の列車と、同じ路線ですので、シュノンソー城を観光する前に訪れるならば、「ブレレ-ラ・クロワ」駅で途中下車します。駅から歩いて5分と、アクセスにも便利です。敷地内には、ピクニックテーブルも設置されていますので、お弁当持参もできます。


【写真・文│アンジボー由利子、撮影許可・情報提供│フローレンス・アンドレ】
・最寄り駅: フランス国鉄「ブレレ-ラ・クロワ(Bléré - La Croix)駅下車、徒歩約5分
・住所: Parc Edouard André, 30 Rue nationale, 37150 La Croix-en-Touraine
(公園営業時間は季節により変更のため、確認が必要です)
・問い合わせ先: mairie.la.croix-en-touraine@orange.f

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

アンジボー由利子

フランス・アンボアーズ(アンボワーズ)特派員のアンジボー由利子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/アンボアーズ(アンボワーズ)特派員
名前:アンジボー由利子

アンジボー由利子

華道家・草月流いけばな講師。アンボワーズ近郊在住。白百合学園在学中、学内いけばな(12歳)で草月流入門。パリの花に魅せられ、ロワール地方アンジェ・カトリック大学C.I.D.E.Fにてフランス語を学ぶ。その後、フロリスト校にてフランス国家資格CAP Fleuristeを取得。パリ有名女性フロリストの専属日本担当・アシスタントを経て、香港で独立。東京ミッドタウンFlower Art Award2013で港区賞受賞。ブーケコンクール2014(恵比寿三越)にて在日モナコ観光局賞受賞。Concours Mondial des Fleuristes(Nova Fleurs・フランス)で日本代表として出場。園芸・花・ロワール地方の記事執筆を承っています。ロワール古城周辺最新情報→Twitter・お花→Instagram DISQUS ID @disqus_exGbdeYxuS

アンボアーズ(アンボワーズ)特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

アンボアーズを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

アンボアーズ(アンボワーズ)特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > アンボアーズ(アンボワーズ)特派員 > 【世界を旅した植物コレクショナー&造園家 エドワード・アンドレ氏の旧邸宅へ】一日限定の子孫フローレンス・アンドレさんのガイドヴィジットへ参加

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について