トップ > ヨーロッパ > フランス > アンボアーズ(アンボワーズ)特派員 > [Amboise アンボワーズ]アンボワーズ城からクロ・リュセ城まで

フランスフランス/アンボアーズ(アンボワーズ)特派員ブログ

[Amboise アンボワーズ]アンボワーズ城からクロ・リュセ城まで

カテゴリー:レストラン・料理・食材 / 文化・芸術・美術 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2021年1月31日

アンボワーズ城から、さらに奥のクロ・リュセ城まで歩こうと思うと、現在、ちらほら工事中の道もありますが、通行止めもなく、歩行者であればアクセスには問題ありません。左手にアンボワーズ城、右手に住宅と、後ろを振り返りながら、歩いてきた道を写真に撮ってみます。
5.jpg

15.jpg
途中、階段が左手にありますが、こちらを上るとアンボワーズ城の裏手にある丘にアクセスできます。クロ・リュセ城に行くには通過してしまいますので、今回はこの階段は登らずに通過します。

20.jpg
そのまままっすぐに坂道をのぼっていきますが、行きかう人、地元の人をみかけるくらいで、人があまりいません。
19.jpg
坂道を上り切れば、下りになり、すぐ右手にはクロ・リュセ城になります。この写真右手にあるのは「ル・メートル・ダー・Le Maître d'Art」カフェで、夏の観光シーズンにはテラス席でお茶が楽しめます。いつも観光シーズンにはオープンしていて、にぎわっているのですが、行ったときは閉まっていました。冬の喫茶メニューでは、小さなクレープ(3つ)とホットワインセット(€7)、ティラミス、ランチには、キッシュやスープ、各種サラダなどが楽しめます。観光シーズンになったら、試してみたいサロン・ド・テです。

18.jpg

ひと息いれて、クロ・リュセ城からアンボワーズ城を眺めてみます。遠くに見えるアンボワーズ城から、きっとフランソワ1世はレオナルド・ダ・ヴィンチに会うために、この道を通ったのかもしれません。
新型コロナウイルスでお城の中には入れませんが、外から、レオナルド・ダ・ヴィンチならば新型コロナウイルスを、どう考えるのだろうとか、お城の中にあるレオナルド・ダ・ヴィンチの研究室のような部屋を思い出して、以前家族と訪れたときを思い出しました。入城できないのは残念ですが、いつかフランス旅行にいらっしゃるときには、ぜひ訪れていただきたいロワール古城のひとつです。
16.jpg

■ル・メートル・ダール LE MAITRE D'ART
・住所: 1 Rue de la Malonniere, 37400, Amboise France
・URL: https://lemaitredart37.wixsite.com/lemaitredart
軽食・喫茶
■クロ・リュセ城 Clos Lucé
・住所: 2 Rue du Clos Lucé, 37400 Amboise
・URL: https://www.vinci-closluce.com/fr

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

アンジボー由利子

フランス・アンボアーズ(アンボワーズ)特派員のアンジボー由利子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/アンボアーズ(アンボワーズ)特派員
名前:アンジボー由利子

アンジボー由利子

フリーフロリスト・草月流いけばな&アートフローラル講師。トゥール近郊在住。趣味はバルコニーでお花、野菜やハーブをプランターで育てています。どうぞよろしくおねがいいたします。インスタグラムはこちらです→ / / ロワール観光 / HP DISQUS ID @disqus_exGbdeYxuS

アンボアーズ(アンボワーズ)特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

アンボアーズを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

アンボアーズ(アンボワーズ)特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > アンボアーズ(アンボワーズ)特派員 > [Amboise アンボワーズ]アンボワーズ城からクロ・リュセ城まで

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について