トップ > ヨーロッパ > フランス > アンボアーズ(アンボワーズ)特派員 > 【2020年10月│ショーモン城】開花がアートになるとき~フラワーアーティストたちの競演~お城と花装飾の5日間 -Quand fleurir est un art...

フランスフランス/アンボアーズ(アンボワーズ)特派員ブログ

【2020年10月│ショーモン城】開花がアートになるとき~フラワーアーティストたちの競演~お城と花装飾の5日間 -Quand fleurir est un art...

カテゴリー:文化・芸術・美術 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2020年11月30日

2020年10月にショーモン城にて華麗なフラワーアートを飾る「Quand fleurir est un art...開花がアートになるとき」が開催されました。昨年から開催されているこの「開花がアートであるとき」というアートフローラルのイベントは、今年で第2回目の開催となります。初回の記念すべき昨年は、日本からは東信氏も初回のアーティストに選ばれました。さて今年は10月9日から13日まで開催され、フランス国内のフラワーアーティスト4名とパリのフローリスト養成校として名高いエコール・デ・フルリスト・パリの研修生たちがショーモン城を花で飾りました。
1.jpg 【画像提供:ショーモン城│ジル・ポティエ作 © Éric Sander】


ショーモン城の歴史と花
2.jpg 【画像提供:ショーモン城│ジル・ポティエ作 © Éric Sander】


アンリ=アメデ・ド・ブロイ公とマリー=シャルロット=コンスタンス・セイが、ショーモン城を購入した1875年から手放すまでの1938年まで、私有のお城の城主として、アマチュア植物愛好家として、蘭や熱帯植物のコレクショナーとして、19世紀から20世紀にかけてフランス園芸コンクールなどで受賞したりするなど、園芸や花へ情熱を注ぎました。先代城主の植物や花に対するパッションを現代にも引き継ごうと、ショーモン城ではトップクラスのフローリストやフラワーデザイナーたちの技術と美の世界をショーモン城に集結させました。歴史と現代のアートフローラルの融合の世界です。


フラワーアートのデザインを極めるアーティストたち


①パスカル・ミュテル氏


3.jpg 【画像提供:ショーモン城│パスカル・ミュテル氏 © Éric Sander】


パスカル・ミュテル氏は、パリのトップフローリストとして日本の花業界ではおなじみのフローリストではないでしょうか。花装飾がインスタレーションされたのは、ショーモン城の「玉突き場」と呼ばれるビリヤードがある部屋ですが、ブロイ公夫婦が注文した彩色を施した天井が残されている貴重な部屋としても有名です。


4.jpg 【画像提供:ショーモン城│パスカル・ミュテル氏 © Éric Sander】


②ジル・ポティエ氏 5.jpg

【画像提供:ショーモン城│ジル・ポティエ氏 © Éric Sander】


ジル・ポティエ氏は、受賞歴の多さに圧倒されます。1986年フランスチャンピオン、1994年にM.O.F.フランス国家最優秀職人タイトル獲得し、1997年には世界チャンピオンです。2007年・2008年には東京三越での花のエクスポジションで来日し、2013年には東京銀座で個展を開いています。今回のショーモン城「会食の間」での空間いっぱいの色彩は、まさにポティエ氏の花の世界が表現されています。


③シャルリーヌ・プリツカロフ氏


4.jpg

【画像提供:ショーモン城│シャルリーヌ・ブリッカロフ氏 © Éric Sander】

3人目は女性フラワーアーティストで、2011年にM.O.F.フランス国家最優秀職人タイトル獲得したシャルリーヌ・ブリッカロフ氏です。ブリッカロフ氏はオルレアンに2店舗を構えるオルレアンをベースに活動しているフラワーアーティストです。


④エコール・デ・フルリスト パリ


最後は研修生として現在、フロリスト養成校に通う将来の若手フロリストたちです。 7.jpg

【画像提供:ショーモン城│エコール・デ・フルリスト© Éric Sander】


新型コロナウイルスが収まってから、5日間限定ですが、パリの花留学やお花が好きな方にはぜひ、ご覧いただきたいショーモン城とアートフローラルの花の世界でした。現在はロックダウン中で、お城も閉鎖されていますが、ロックダウンが解除されたらぜひまた、お城の自然とアートの世界に癒やされに行きたいスポットです。

【文│アンジボー由利子・画像提供 │ショーモン城】

・住所: DOMAINE RÉGIONAL DE CHAUMONT-SUR-LOIRE 41150 CHAUMONT-SUR-LOIRE

・URL: http://www.domaine-chaumont.fr/

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

アンジボー由利子

フランス・アンボアーズ(アンボワーズ)特派員のアンジボー由利子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/アンボアーズ(アンボワーズ)特派員
名前:アンジボー由利子

アンジボー由利子

華道家・草月流いけばな講師。アンボワーズ近郊在住。白百合学園在学中、学内いけばな(12歳)で草月流入門。パリの花に魅せられ、ロワール地方アンジェ・カトリック大学C.I.D.E.Fにてフランス語を学ぶ。その後、フロリスト校にてフランス国家資格CAP Fleuristeを取得。パリ有名女性フロリストの専属日本担当・アシスタントを経て、香港で独立。東京ミッドタウンFlower Art Award2013で港区賞受賞。ブーケコンクール2014(恵比寿三越)にて在日モナコ観光局賞受賞。Concours Mondial des Fleuristes(Nova Fleurs・フランス)で日本代表として出場。園芸・花・ロワール地方の記事執筆を承っています。ロワール古城周辺最新情報→Twitter・お花→Instagram DISQUS ID @disqus_exGbdeYxuS

アンボアーズ(アンボワーズ)特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

アンボアーズを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

アンボアーズ(アンボワーズ)特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > アンボアーズ(アンボワーズ)特派員 > 【2020年10月│ショーモン城】開花がアートになるとき~フラワーアーティストたちの競演~お城と花装飾の5日間 -Quand fleurir est un art...

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について