トップ > ヨーロッパ > フランス > アンボアーズ(アンボワーズ)特派員 > 夏の思い出|水に囲まれた美しい村、クロン村

フランスフランス/アンボアーズ(アンボワーズ)特派員ブログ

夏の思い出|水に囲まれた美しい村、クロン村

カテゴリー:自然・風景 投稿日:2020年4月30日

新型コロナウイルスが終息したらおすすめいしたい観光スポットをご紹介します。二オールから車を走らせること30分弱。到着したのは、クロン村。クロン村は二オールと同じく、ヌーヴェル・アキテーヌ地域圏に位置し、セーヴル・ニオルテーズ川が流れ、村周辺は、水が流れる幅広い溝や運河に囲まれています。

5-0.jpg


美しい村 クロン村を散策

車を役場近くにとめて、

5-5.jpg


しばらく村の民家の小さな道を歩いて、目指すは、「緑のヴェネチア」。

5-2.jpg


「緑のヴェネチア」とはクロン村を流れる小さな運河のこと。この運河は、マレ・ポワトヴァン自然公園の一部で、「緑のヴェネチア」という名称は、クロン村の地元の人たちが、村の運河の色が緑色だということで、「緑のヴェニス」と親しまれています。昔から村の足となっていたバルク・プラートという平底船の出発地点が見えてきました。現在は、夏の観光シーズンになると、観光客でにぎわいます。とても小さな村ですが、ポワトヴァン湿地の観光の中心の村。

5-6.jpg


平底船乗り場の近くには、カフェや民宿などがあり、目の前に「緑のヴェネチア」を眺めながらカフェでエスプレッソもいただけます。


5-4.jpg


■クロン村観光局( メゾン・ド・マレ・ポワトヴァン内)

・URL: https://www.niortmaraispoitevin.com/

・営業時間: 月曜から日曜 10時00分~13時00分 /14時00分~18時00分

※現在、ロックダウンのため営業しておりません。ロックダウン解除後、

観光局へ直接営業時間等についてお尋ねください。

【写真・文:アンジボー由利子】

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

アンジボー由利子

フランス・アンボアーズ(アンボワーズ)特派員のアンジボー由利子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/アンボアーズ(アンボワーズ)特派員
名前:アンジボー由利子

アンジボー由利子

華道家・草月流いけばな講師。アンボワーズ近郊在住。白百合学園在学中、学内いけばな(12歳)で草月流入門。パリの花に魅せられ、ロワール地方アンジェ・カトリック大学C.I.D.E.Fにてフランス語を学ぶ。その後、フロリスト校にてフランス国家資格CAP Fleuristeを取得。パリ有名女性フロリストの専属日本担当・アシスタントを経て、香港で独立。東京ミッドタウンFlower Art Award2013で港区賞受賞。ブーケコンクール2014(恵比寿三越)にて在日モナコ観光局賞受賞。Concours Mondial des Fleuristes(Nova Fleurs・フランス)で日本代表として出場。園芸・花・ロワール地方の記事執筆を承っています。ロワール古城周辺最新情報→Twitter・お花→Instagram DISQUS ID @disqus_exGbdeYxuS

アンボアーズ(アンボワーズ)特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

アンボアーズを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

アンボアーズ(アンボワーズ)特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > アンボアーズ(アンボワーズ)特派員 > 夏の思い出|水に囲まれた美しい村、クロン村

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について