トップ > ヨーロッパ > フランス > アンボアーズ(アンボワーズ)特派員 > 【鉄道ファン必見:トゥール駅舎の秘密】年に1度の一般公開へ行ってきました!Gare de Tours

フランスフランス/アンボアーズ(アンボワーズ)特派員ブログ

【鉄道ファン必見:トゥール駅舎の秘密】年に1度の一般公開へ行ってきました!Gare de Tours

カテゴリー:文化・芸術・美術 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2020年1月30日

夏休みが終わり、2019年9月21日・22日に行われたトゥール駅舎の一般公開にいってきました。フランスの駅舎というのは外観の建築様式など、交通手段として鉄道を利用するだけではもったいない、そんな魅力あふれる駅舎が多くあります。フランス国鉄SNCFのトゥール駅もそのひとつ。

毎年9月中旬以降から始まる「Journée Patrimoine 2019 ジョルネ・パトリモワン 2019」という「文化遺産の日」という国をあげての「一般公開」イベントの一環。フランス国鉄SNCFではトゥール駅だけではなく、フランス全国各主要駅や車庫などでさまざまな鉄道に関するイベントが行われました。

駅構内でこちらにて受付を済ませます(オンラインから事前予約が必須です。予約なしの当日参加はできません)。

Visite-Acceuil.jpg

所要時間は30分ほど。まず駅舎の歴史からファッサードの建築について職員のガイドに従って見学。
Visite-stard.jpg

さて、注目の見どころです。

駅舎の時計の裏にアクセス! どこからアクセス???


一般公開の目玉はこちら、駅舎のファッサードを飾る、大時計の裏へアクセスする!。こんなところにドアがあって、階段が存在していたとは! 普段の駅からは想像がつかず。通常は開かずの扉です。時計のメンテナンス作業のときだけ開かれる。ぜひ、この一般公開のヴィジットに参加して、その場所を見つけてみてください! さて、階段に上っていきます。

Visite2.jpg 蜘蛛の巣だらけの天井や壁。小さな螺旋階段を上っていきます。


すると、大時計の後ろの小さなスペースにたどり着きました。 Visite4.jpg


フランス国鉄SNCFのヴィジターズベストを着て、駅舎の屋根へ!


屋根裏部屋のような大時計の裏へアクセスした後は、SNCFのヴィジターズベストを着用して、いざ、駅舎の屋根へ。エレベーターを利用して上ります。

Visite5.jpg

屋根直結の屋上階に到着すると、駅舎のちょうど中心点に到着します。左手にトゥール駅正面側。

Visite6.jpg

ヴィジットでは線路が見渡せる右手側に歩いていきます。

Visite7.jpg

三角形の屋根の淵までたどり着きます。

Visite8.jpg

出発していく列車や線路が見渡せます

Visite0.jpg

いかがでしたか?
参加の際には、高いヒールやサンダルよりは、歩きやすいスニーカーが便利です。
2020年の日程(毎年同じ時期に開催のようですが)は発表され次第、記事にアップする予定です。

トゥール駅
Pl. du Général Leclerc, 37000 Tours

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

アンジボー由利子

フランス・アンボアーズ(アンボワーズ)特派員のアンジボー由利子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/アンボアーズ(アンボワーズ)特派員
名前:アンジボー由利子

アンジボー由利子

フリーフロリスト・草月流いけばな&アートフローラル講師。トゥール近郊在住。趣味はバルコニーでお花、野菜やハーブをプランターで育てています。どうぞよろしくおねがいいたします。インスタグラムはこちらです→ / / ロワール観光 / HP DISQUS ID @disqus_exGbdeYxuS

アンボアーズ(アンボワーズ)特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

アンボアーズを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

アンボアーズ(アンボワーズ)特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > アンボアーズ(アンボワーズ)特派員 > 【鉄道ファン必見:トゥール駅舎の秘密】年に1度の一般公開へ行ってきました!Gare de Tours

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について